英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2006年3月を表示

新薬治験事故 残り二名となりました

金曜日付けの発表によると更に2名が退院し、入院中なのは残り2名となりました。 そのうち1名はまだICUですが、既に完全に意識がある状態ということなので、人工呼吸器などははずれているのだと思います。 来週にはこの方も一般病室に移れるのではないでしょうか。 

Drug trial man's 'brain on fire'

先に退院したうちの一人がThe Sunのインタビューに答えてます。 いや、The Sunですからね... 内容についてはあまり語りませんが(リンク先はBBCです(笑))、この方、今回の治験に参加したのは新しいラップトップを買うためだそうです... 小金につられちゃいけませんよ、しみじみと。 参加するならもう少しまじめな協力意識でしていただきたいなーと思う私。 まぁ、現実問題として、小金稼ぎにやってる人は多いでしょうけど。



3月31日(金)23:58 | トラックバック(0) | コメント(2) | 英国ってこんな国 | 管理

Turkishな誕生日

もはやめでたくもなんともない誕生日ですが、それにかこつけて友人を誘って、久々にレストランに行きました。 パブには行ってもレストランはめったに行く機会ないんですよねぇ... 今日は何年も前から一度行ってみたいと思っていた、割合大学から近い(徒歩20分くらい?)トルコ料理のお店ですd(・_・) 

お店の外装も内装も、ポップで明るくさわやかな、日本で行ったら気軽なイタ飯屋なんかにありそうなスタイルなんですが(内装は全体に黄色(笑) 店名がミモザだから?)、店内に流れる音楽はしっかりトルコでした。

初めての来店なので、ここは素直にセットメニューにしようかと話がまとまり、アペタイザー、メイン、デザートの3コースとなりました。このセットメニューどれも盛り合わせなので、いろいろ食べられて楽しそうでした。

まずは前菜盛り合わせ。一番奥から時計回りに、ラムのレバーのグリル(とたまねぎ)、マッシュルームとトマトのソテー(かな?)、ホムス、グリーンビーンズ、にんじんとほうれんそうのヨーグルト和え、焼きナス、ぶどうの葉包み(中身はお米)、フェタチーズの春巻、そして中央がクスクスのサラダですd(・_・) 

どれもそれぞれおいしかったです。 レバーの嫌いな私ですが、このラムのレバーは結構美味しくいただけました。ちょっと焼き鳥のレバーなんかと似てるかも? ぶどうの葉包みも本来好きじゃないのにこれはおいしかったなぁ...(笑) そしてヨーグルト和えが絶妙のハーモニーで素敵でした。



なんか前菜が既に大量で、メインに行く頃には結構おなかは満足気だったんですがメインもまた素晴らしく... 必死で食べました(爆 写真はメイン3人前の盛り合わせです。山盛りなので写真じゃ見えませんが、羊のケバブ、鶏のケバブ、ラムチョップのグリル、ラムのミンチのグリルなどなどでございます。 チリソースと、ヨーグルト・ガーリックソースの二種類がついてきました。 どっちも美味しいけど、でも何より肉が美味しいのでソースなくてもいいくらいでした。 こういう肉食べたのアルゼンチン以来かもなぁ...うまうま。 パンもフレンチバケットっぽいのとフラットブレッド系のとがトーストして出てきて、これまたおいしうございました...胃がもうひとつ欲しかったです( ゜┓゜)


デザートの前に10分間のブレイクを申し入れた私たち(笑) その後やってきたデザートがこちらです。これも3人分です。右のお皿は中央にバニラアイスクリーム、そして周りの丸いのは、暗い色のは日干しイチジクの煮たもの(たぶんハチミツ、スパイスと一緒に煮ている)、明るい色の方は甘ーい、ブレッドボール(ナッツ入り)だそうです。ちょっとスティッキートフィープディングに似てるかも?(笑) たぶんイギリス人はものすごく好きだろう...

左の茶色の皿の中身はライスプディングです。 トルコのライスプディングは以前にも食べたことあるんですが、イギリスのものとはちょっと味が違うんですよね。 ちょっとスパイスの香りがします。 でも美味しい~♪ イギリス版よりあっさりめだし。

デザートと一緒にトルココーヒーもいただきました。本来トルココーヒーはげろ甘くして飲むものだと思うけど、どう考えてもデザートがげろ甘いに決まってるので、私はノンシュガーで頼みました(笑) それで正解... トルココーヒーはアラビックのコーヒーなんかと一緒で、底にどろっとしたのが残る式のこゆいやつですね。

最後に会計前に、やはりこれははずせないターキッシュ・デライトをいただいて終了となりました。 いい誕生日になりました(*^▽^*) ...しかも、注文してから気づいたけど、月曜から木曜は学生は25%引きって書いてあった! 25%ってすごいですよ... 5人で20ポンド以上まかりました。すがすがしいです(笑) そして誕生日ということで私は思い切りおごってもらってしまいました。 本当にどうもありがとうございました~ヽ(°◇° )ノ



3月30日(木)23:24 | トラックバック(0) | コメント(11) | 日々のたわごと | 管理

空芯菜

今日は朝っぱらからまたまたGPに(疲 前回GPに会った時に2回分のナースの予約を指示されたんですよね。 別々のナースなのですが... 前回のナースの時に検尿と採血があったので、今日はいったいなんのために???と首をかしげながらでかけてみたら、なんとまたもや採血でした( ゜┓゜) 目的が違うっぽいけど、なんで一回の採血でまとめてできないんだ? やっぱりこの国の辞書には絶対に Efficiency という言葉は載ってないに違いないヽ(`Д´)ノ

その後、午後にヨーク在住の友人(でもうちの大学に在籍してるんだけど(笑))がやってきて、一緒にムスリムショップ&チャイニーズショップへ買い出しの旅に出ましたd(・_・) ヨークは大きな街だしショッピング天国なんですが、あそこはチャイニーズ人口も低くて、中華系のお店とかないんですよね。 常設のインドアマーケットもないし、私たちが生活する上では、意外に不便なところです。 リーズまで行けば大きな中華スーパーがあるので、必要品はそこまで買いに行くんでしょうね。 友人の場合は、どうせ毎週1回くらいはハルに来るのでこちらで買い物したほうが便利かと思って、誘っていたのです。

日頃不自由してるだけあって、彼女の買いっぷりは見事でした(゚▽゚*) サトイモもどきにほうれん草にしょうゆの大瓶に... ふくろたけの缶詰とかタケノコの缶詰とかも買ってた気が(笑) 後はニラと空芯菜。

私も空芯菜つられて買いました(笑) 今まで食べたことなかったんですが... 以前に母が美味しいよと言ってたのを思い出したので、ちょっと料理してみるかなという気になりました。



早速、今日の夕飯に食べてみました。 家にある材料でできるレシピを検索してたら、こんなのが...

空芯菜と牛肉の炒め物

例のプルコギ用の薄切り肉がまだあるので、それを使って作ってみました(・_・)ノ いやぁ、激うまでした。 こんな美味しいもの久しぶりに食べた...(ぇ なんか感動的な味だったです(笑) オイスターソースとナンプラーだなんて、私のツボはまりまくりのレシピなので、そのせいかも。 あぁ、幸せ。 



3月28日(火)23:02 | トラックバック(0) | コメント(6) | 日々のたわごと | 管理

新薬治験その後 2名退院へ

久々のアップデートがありました。 本日28日付けで入院中の6名中2名が無事退院されたとのこと。 また、依然critical conditionと報道されていた2名のうち1名は既にICUを出ているようです。従って、現在ICUに1名、その他の病室にて3名が治療中です。 この残る1名についてもまだ集中管理中ではあるものの、治療への反応はかなり良くなってきているようです。 あぁ、本当に良かった...

事故原因の究明については今のところこれといった情報は上がってきていません。 抗体薬の製造元 TeGeneroにはこの薬に関するFAQページが作られ、問い合わせに応じて情報をアップしているのですが、そこでも今回の治験の具体的な薬剤投与法に関する質問への答えなどは新たに出ていますが、今回の事故の問題となるようなものはまだ出てこないです。 治験のプロトコールはかなり厳重に審査されてパスしたものなので、そう簡単にそういう部分で問題点が見つかるとも思えないし、やはり時間がかかるのではないかと思います。



3月28日(火)22:50 | トラックバック(1) | コメント(3) | 英国ってこんな国 | 管理

眼底検査

昨年の秋にGPから専門医への紹介が入って、予約の手紙が来たのが今年1月で、1月20日に隣町の眼科に行った話を書きましたが、その際、そこじゃ必要な検査ができないということで大病院の方に回されたわけです。予約は2ヵ月後という言葉の通り、今日がその診察日でした(・_・)ノ まぁ、正確でいいといえばいえないことも...(無理やり自分を説得中...)

Royal Infirmaryは一応このエリアでは一番大きな病院でたいていの科はあるんではないかと思います。イギリスの病院のシステムは日本と似ているんですよね。 診察のだいたいの流れはというと、

受付に予約の手紙を出してチェックイン。呼ばれるまで待合所で待つ。

看護士に呼ばれたら、医者に会う前にすべき検査(今回だと視力検査。内科だと体重測定とか)をする。

診察室前の待合に移動

名前を呼ばれたら入室して診察を受ける。

オーダーが入った場合は採血、検尿などをする。

受付で次の予約(検査なども含め)を依頼して終了。
← 予約はのちほど手紙でやってきます。

予約を取るのはほんとに時間がかかりますが、当日はほとんど待たないです。 今日も9時半の予約で、9時半にはお医者に会ってたと思います。 そういうところはいいんですけどねぇ...

今日のお医者さんはインド系(NHSの医者はインド系の割合非常に多いです)の小柄で超美人で大変感じのよい、しかもやり手っぽい(どういうんだ?)かっこいい先生でした。 いやぁ、診察受けてても非常に良かったです(笑) 前の時の先生とはコミュニケーションがいまいちだったので、こういう先生だとうれしいヽ(´ー`)ノ

かなり時間をかけてこれでもかこれでもかと目をいじくりまわされ、やはり眼底検査(ophthalmoscopy)もしますと。 まぁ、予想の範囲だったのでいいのですが。 こんな英語、普段聞く機会ないですよねぇ... 日頃行きつけてない医者にかかると英語が辛いです... 検査の名前とかは説明されてもよくわからないこと多いので、雰囲気で理解ということで(ぇ 

眼底検査まで含めて1時間くらいで全部終わり、見えない目でこわごわと帰宅... 病院を出る時思ったけど、いやぁ、こういう時、この国いいですね! 瞳孔開いててもまぶしくないんですよ。 真昼間なのに(涙 これが日本だとまぶしすぎて歩いて帰るの大変なんですが(苦笑 今日はただひたすらに焦点が合わなくて世界がピンボケしまくってるだけでした(笑)

しかし、ここの病院でしかできないはずの問題の検査は次回送りでした。 次回診察は3ヵ月後だそうで、一応その前に検査の予約は入れてもらえるらしいけど...全て検査が終わるのはいったいいつになるんだろうorz 検査終わらないと眼鏡もコンタクトも作り直せません( ゜┓゜) もう既に見えなくて困ってるのに...しくしく。 そして手術するかどうか次回までに心を決めてくるようにと言われたけど、この国で手術するのは頼まれてもごめんなので、きっちりお断り予定です(笑) するなら日本でするもん o( ̄^ ̄o)



3月27日(月)22:27 | トラックバック(0) | コメント(5) | 英国ってこんな国 | 管理

ヾ(〃^∇^)ノ ★⌒☆【祝】☆⌒★ヾ(・д・。) 。

予想通りですが、めでたくJourney South、今週のアルバムチャート1位でした~ヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ おめでとう~兄&カールヽ(´ー`)ノ

アンディも2位でよかった、よかった。 やっぱりX-Factor組強いですねぇ...ラジオでアンディ・ザ・ビンマンとか二つ名つけられてたけど負けずにがんばれ、アンディ(苦笑

しかし、ヒット40UKで、ジャーニーサウスの時になんの曲がかかるのかなと思ったら、なぜかTime After Timeでした... 他の曲の方が良かったなぁ(笑) 

今日は夜のTop Of The Popsにもジャーニーサウスが出るので楽しみです♪ ようやく動く彼らが見られるーーヽ(°◇° )ノ (ここのところ土曜日の歌番組にはよく出ていたんですが、毎週歩きに行ってるので見てないのでした)

秋に全国ツアーも決定し、日程が発表されたジャーニーサウス、でもできれば早めにオリジナルアルバムを...頼みますぅ...(笑) 今回のオリジナル2曲も良かったので早くもオリジナルアルバムに期待が膨らみまくりですヽ(`Д´)ノ



3月26日(日)16:03 | トラックバック(0) | コメント(3) | 私の愛する音楽 | 管理

Windmillとパブランチ

予報では雨ということで、あわや中止か?と思いきや、起きてみたら外明るいし(笑) 結局夕方まで雨は降ってこなかった今日のイーストヨークシャーでした。 しかもっ! 暖かかったんです~~ヽ(´ー`)ノ 青空は見えるは、暖かいわで、もしかして春なんじゃないかと思ってしまうくらい(マテ いやぁ、生きててよかったと思える日でした(大げさ)。 まぁ、今日の夜中からサマータイム始まりますしね、この期に及んで寒いのは困ります(笑)

今日のウォーキングメニューはといえば、Cottingham村から歩き始め、隣村のSkidbyを経由して、Walkingtonという村のパブランチを目指す、というものです。 距離的には先週や先々週よりは短いので余裕...のはずだったんですが、如何せん昨日もずっと雨だったし、ぬかるみまくって足をとられてなかなか進めず... 変な歩き方してたのであっという間にふくらはぎが痛くなりましたーー; もう靴もジーンズも泥っどろです・゜・(ノД`)・゜・ 一足ごとに泥が靴にくっついて重くなるし(笑) いやはや...

写真は中間地点Skidbyにある風車。 これ、この周辺では唯一のいまだに活動している風車で、今でも一応粉挽いております。内部は博物館になっていて、実際に動くところをみたりもできるはず。 いろいろなワークショップ活動もやっていて地域密着型の博物館として活躍中なのですd(・_・) 昔は英国にはたくさん風車があって活躍していたのですが、今はほとんどが解体され、土台の丸っこい建物だけが残って、住居やらレストランやらに再利用されてます。



これが、この風車で挽いた全粒粉の小麦粉です♪ そう、ここの売店で買えるんですよ~ヽ(´ー`)ノ これを一度買って使ってみたかったので、うきうきと買ってまいりました(笑) 何作ろうかな。 私は全粒粉は普段はたいていチャパティ焼いちゃうんですが、せっかくだから何かイギリスっぽいもの作ろうかな...


ぬかるんだ道を歩き続けること2時間半、Walkingtonに着きました。 前にもブログで書いたことありますが、ここのパブ、The Ferguson Fawsitt Armsはランチ非常に種類が多く、かつ美味しいのですヽ(´ー`)ノ カフェテリア方式でずらっと並んだ料理の中から選んで盛り付けてもらうのですが... 今日の盛り付けのお姉ちゃん、かなりお疲れのようで、なんか素敵な盛り付けになってます...(汗 この国ではよくあることですけどね(笑) 日本から来ると、この盛り付けで食欲が失せたりするようですが、そんなことではこの国では暮らせません! 要は味ですよ(その味がはずれることが多いのもこの国ならでは)。

私が選んだ本日のメインはチキンのポート煮込みエシャロット添えでございます。 ポートのソースの中でチキンとエシャロットが美味しく煮えておりました。 付け合せはローストポテト、ボイルドニューポテト、にんじん、カリフラワー、キャベツ...かな? 野菜もゆだりすぎずこりこりしてて美味しかったです^^



メインで十分おなかいっぱいではあるんですが、デザートがこれまたおいしそうに並んでいるので、長々休憩してからチャレンジしました(笑)

これは私の食べたもの。名前よくわからないんだけど、カスタードにあんずが泳いでいて、その上にカラメル(飴細工のような感じ)がかぶせてあってオーブンで焼いたものです。 それにクリームをかけてあります。 これまた大変おいしうございました。甘さ控えめでいい感じ。 

メインもデザートもものすごい種類あって選ぶの大変です。 でも楽しい~(*ノノ) 両方あわせて10ポンド弱なので満足度高し!です。

一緒に行った二人は食事の後、行きに来た道を歩いて帰ったんですが、私はちと買い物する用事があったので、二人と別れてバスでいつもの隣町Beverleyまで行き(Walkingtonからは近い)、買い物してから帰ってきました。 とにかく今日の良かったところはお天気、これにつきます(笑) 歩いている間、コート脱いで、長袖のTシャツ一枚で快適だったんですもの~ヽ(´ー`)ノ この調子で行ってほしいものです。



3月25日(土)19:11 | トラックバック(0) | コメント(11) | 英国ってこんな国 | 管理

ヨークシャーのチーズ売り場

アンモナイトのみらさんへの返礼ということでヨークシャーのスーパーのチーズ売り場です。 でも鼻息荒く行った割にはスーパーはどこ行っても大差ないんだなと改めて思う結果に終わりました;; ヨークシャー産のチーズなんぞちーとも売ってません(涙 やはり地域らしさを味わうためには高級デリ系のお店に行くか、マーケットのチーズ屋さんに行くのがよろしいようです。 カーディフのマーケットのチーズ売り場はこのあたりのマーケットのチーズ売り場と品揃えが70%以上違ったですもん(笑) 

そのうち機会があればヨークシャーらしいところもご紹介したいと思います。 とりあえず今日のところは芸ないですが、一応証拠写真を...1枚目、2枚目はしょぼいSommerfieldで撮影したものです(それもいけなかったのか?)

左から
Double Glouceter
Cheshire
Wensleydale
Lancashire
Caerphilly

ヨークシャーのウェンズリーデールが2列あるあたりがプライドか?(ぇ Caerphilly初めて見ました...こっちでも買えたのね。ちなみにダブルグロスターの隣には(枠外だけど)Red Leicesterがありました。



チーズ売り場の全景はこんな感じ。 左上はダッチチーズやフェタなどの欧州系チーズ、二段目はフレンチチーズ(カマンベール、ブリーあたり)、その下がブルーチーズ各種、そしてその下がイタリアン(マスカルポーネ、リコッタ、パルメジャーノ)ってとこです。 画面向こう側は上から下までぜ~~~~~んっぶチェダー! チェダーだけで30種類くらいあった(苦笑

この国民○○人総味音痴の国でえげれす人の皆様は、このチェダー全部味の違いを認識するんですか?(ぇ でなかったらこんなに種類あることになんの意味が?ヽ(`Д´;)ノ 私はさすがに熟成度の違いはわかりますが(チェダーはマイルドからマチュアまで5段階くらいに熟成度表示がされてるのです)、産地の差はそれほどわかりません( ゜┓゜) 



こっちは今日行ってみた、隣町の大きなテスコですが... チーズ売り場が大きくなった分、チェダーの量や種類や、クリームチーズの種類が増えてるだけで個性は増してないのでした(苦笑 なので詳細は略です。

まぁ、この写真にあるみたいにすこし変わったのが増えてるけど... 

Spanish Manchego
Swiss Emmental
Mimolette
Lancashireのapricot入り
English Oak smoked cheese

ミモレットなんて初めて見たわ...



3月25日(土)18:36 | トラックバック(0) | コメント(8) | 英国ってこんな国 | 管理

シュークリームの罠

先日ものすごい久々にシュークリームを作ったら、なかなかうまく出来たので、調子に乗って、また作ってみたんですが...ものの見事に失敗しました(゚▽゚;)

いや、皮が膨らまなかったとかいうよくある失敗ではないんですが(笑) 皮は見ての通り美しく出来上がったんですけどねぇ...よりにもよってカスタードで失敗を(ノ_ _)ノ

カスタード、手抜きでレンジで作るレシピでやってたんだけど、まず最初は、最後にバニラエッセンスを入れるところで思い切りどぼぼっと入っちゃいまして(ノ_・。 捨てるのも悔しかったので、ココアをぶちこんでマスキングにチャレンジしたんだけど、まぁ、少しはましになったもののやっぱりバニラの味がするー(というかそれを通り越して薬臭い)・゜・(ノД`)・゜・ しかもココアは砂糖入ってるやつしかなくて、甘くなったし(死

その後、もう一度普通のカスタードを作ったんですが、今度はスターチが多かったみたいで固まりすぎです...ぅぅ...悔しい...(笑) やはり料理は毎回真剣にやれってことですね(ノ_・。 

というわけで、出来がいまいちなシュークリームがたくさん出来てしまいました。 これ全部自分で食べるのかと思うとめまいがしそうです(笑) 誰か犠牲者を探さねば...(ぇ

PS.一晩冷やしたら普通のカスタードの方はなんとか我慢できる程度にはなった...けど(T_T) 悔しいので再度リベンジするっヽ(`Д´)ノ ...バターと卵と牛乳買ってから(笑)



3月24日(金)23:01 | トラックバック(0) | コメント(6) | クッキング | 管理

朝のお目覚め

寒いし花は咲かないしでちっとも春らしくないのに、なぜか寝ても寝ても眠い今日この頃の私。 早寝しようが夜更かししようが朝早くに起きられなくて困っていたら、Mちゃんが、「カーテン開けて寝るといいよ」と。

そう、日の長さだけはちゃんと春モードなんですよね(当たり前)。 確かにそれは名案かも...とは思ったものの、Mちゃんのところ(タウンハウスのロフトのフラット)と違って、大通りに面した地上階の部屋なのよね、私( ゜┓゜) 夜、カーテン開けていたら通りすがる人に全て丸見えです(汗  まぁ、寝てる間ならいいかと思って、何日か前から寝る直前にちょっとだけカーテン開けてみました(田舎なので夜は暗い)。

そうしたら、これが効果覿面で! 毎日ちゃんとすっきり起きられたんですよ~♪ 爽快爽快。 Mちゃんありがとーヽ(´ー`)ノ

...と思ったのもつかの間、今朝は起きられませんでした(ぇ それと言うのも、今朝は雨だから~ヽ(°◇° )ノ 雨降ってるとカーテン開けてても暗すぎて閉めてるのと変わらないという(爆 日頃からこの国薄暗い...と思ってたけど、やはり日が(ちょっとでも)照らないと暗いんだわ、と痛感した朝でした。 雨降ると起きられないんじゃこの方法使えません。 何か他の方法探さなくちゃ(涙



3月24日(金)08:08 | トラックバック(0) | コメント(2) | 英国ってこんな国 | 管理


(1/4ページ)
>1< 2 3 4 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS