英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



新薬治験その後 2名退院へ

久々のアップデートがありました。 本日28日付けで入院中の6名中2名が無事退院されたとのこと。 また、依然critical conditionと報道されていた2名のうち1名は既にICUを出ているようです。従って、現在ICUに1名、その他の病室にて3名が治療中です。 この残る1名についてもまだ集中管理中ではあるものの、治療への反応はかなり良くなってきているようです。 あぁ、本当に良かった...

事故原因の究明については今のところこれといった情報は上がってきていません。 抗体薬の製造元 TeGeneroにはこの薬に関するFAQページが作られ、問い合わせに応じて情報をアップしているのですが、そこでも今回の治験の具体的な薬剤投与法に関する質問への答えなどは新たに出ていますが、今回の事故の問題となるようなものはまだ出てこないです。 治験のプロトコールはかなり厳重に審査されてパスしたものなので、そう簡単にそういう部分で問題点が見つかるとも思えないし、やはり時間がかかるのではないかと思います。



Mar.28(Tue)22:50 | Trackback(1) | Comment(3) | 英国ってこんな国 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

少し、ほっとしました

命を落とす人がでなかったことに、ちょっと、ほっとしました。

おっしゃるように、事故原因の究明について、いままでに決められているプロトコールに違反していないなら、時間がかかるでしょうね。
事故原因が明らかになったら、生物製剤の治験のプロトコールの見直しにも、発展するかもしれませんね。


 by 雪ダル | HP | Mar.29(Wed)20:08

生物製剤は、

思っているよりも危ないかもしれません。
AIHAになったことがあるのですが、全く原因不明ではじまり、終わりました。
http://www.imcj.go.jp/hema/AIHA.htm
薬は一切もらえず、ただひたすら検査でした。ほんの少しの機序の狂いが大きな結果を引き起こすではないでしょうか? 数十個のタンパク分子で、体全体にインパクトのある効果を出せるとするなら、話は単純ではないです。


 by tadashi | HP | Mar.29(Wed)22:38


>雪ダルさん
私もほっとしました。最重症の2名がちょっと心配だったので...

時間かかってもいいのできちんと原因や何が起こったかを突き止めて、今後の治験にフィードバックしてほしいと思います。

>tadashiさん
AIHAになられたのは薬剤の影響だったのですか? 生物製剤はまだまだ不明な点が多いですよね。 特に免疫系は非常に複雑かつ、直接命にかかわる部分なので、もっと慎重にやらないといけない気がします。


 by あすとる | Mar.30(Thu)06:12


(1/1page)