英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2006年3月を表示

新薬治験の事故に思う

昨日から英国では、新薬治験で起きた重大な事故のニュースで大騒ぎになってます。事故の内容は日本では報道されてないっぽいですが、だいたいこんな感じです。

リウマチ及び白血病治療新薬のためのフェーズ1治験がParexel社によって行われ、テストを受けた健常な男性ヴォランティア8名中、プラセボを投与された2名以外の6名全てが重篤な症状を示して病院に搬送された。

全員、ICUで懸命の治療を受けており、6名中4名は意識があり、わずかながら回復の兆しを見せているものの、残る2名は危篤状態(完全に植物状態)が続いている。

Parexel社によれば、この治験薬は規則に準拠して全ての必要十分な前試験(動物実験を含む)を通してあり、今回のような副作用は全く持って予想外であるとのこと。

治験に参加してプラセボ投与だったことにより難を逃れた人によると「まるでドミノのように次々と倒れていった。みんな、シャツをかきむしり、口々に熱いと訴え、頭が爆発しそうだと叫ぶ者もいた。」ということである。


↓ニュース元
Six taken ill after drug trials
Drug trial families given apology
Drugs volunteer's 'living hell'

ショッキングなニュースです... 薬の開発にどんなステージであれ、かかわった事のある人はみんな非常に複雑な思いでこのニュースを聞いているんじゃないかと思います。 もちろん一般の人はただただ怖がってますよね。

Parexel社のコメントによると今回投与された薬剤TGN 1412は抗CD28モノクローナル・アゴニスト抗体(アゴニスト:レセプターに働いて神経伝達物質やホルモンなどと同様の機能を示す作動薬)で自己免疫・炎症性疾患と血液悪性腫瘍のための治験薬とのことです。要するにいわゆる化学合成品ではなく遺伝子工学的に作られた生物薬なわけです。

ちょっと薬の具体的な作用機序とか、どんな前試験を経てきているのかの詳細がわからないのでなんとも言えないんですが、とりあえず現在のところ、このリアクションが生産工程の問題やコンタミネーション(純度の問題)なのか、もしくは投与量に間違いはなかったのか、そして更には薬剤が全く予想不可能な副作用を人間に対して持っていたのか、などについての調査が順に行われているというところのようです。 

いろいろ読んでいる範囲ではきちんと正しい条件下で行われていて、ずさんな管理とかそういう印象は受けないですね。 さすがフェーズ1だけあって、この治験が行われたユニットは病院内にあり、何か起こっても即時ICUでの集中治療に移行できるようになっていたわけです。 まさか、それが実際に役立つ日が来てしまうとは関係者誰も思ってなかったことと思います;;

私が一番気がかりなのは、この事件でまた動物実験反対派が勢いづいてしまいそうだ(実際既に議論が熱く盛り上がりつつある)ということです。 この問題、難しいんですよね。「動物で試験してもこんな事故が起きるんだったら、そもそも動物実験をする意味はない」という意見が上がってくるのはわかるけれど、動物実験をしなかった場合の人間へのリスクは更に高くなること確実ですし。 

新しい薬剤を試す場合、一般的には一番最初の段階はセルラインといって、培養細胞でのテストから始まります。 セルラインはだいたい元は癌細胞で、それを、培地で培養できるようにしたものですね。 そこでまず基本的な細胞毒性とかのデータを取って、その後、段階を追って小動物から大動物に試していくわけです。 基本的に細胞と生物体そのものだと反応がずいぶん違うので人間由来の細胞で試したからOKってわけにいかないのがなんとも辛いところ... もちろん動物で試したから100%大丈夫とも言えないのが弱いところなんだけど。

全てのプロセスを正しく経てきて、治験自体になんの問題もなくて、なおかつ人体でのみ今回のような特別な反応が起こるなんてことが本当にあるんでしょうか。個人的にはそんなことないほうがいいなと思う。 でもそうだとしたら、どこかに人為的なミスがあるということで。 それはそれで嫌な話だけど、その方が理解しやすいなと思うのでした。

いずれにせよ、全ての方が可能な限りの回復をされるよう心から祈っています。 現状を見る限り、かなり後遺症は残りそうな気配ですが、とにかくまずは命が助かってくれるといいなと思います。

<追記>
Guardianに非常にうんうんとうなづきたくなるようなコラムが上がってました。 できたら後できちんと訳してここで紹介したいなと思いますがとりあえず時間ないかもしれないのでリンクだけ貼っておきます。英語読める方はぜひ読んでみてください。

We need animal experiments

<追々記>
動物実験は、マウス、ラット、そして犬だそうです。 ...サルとかウサギとかブタは??? 犬はあまり人間と似ていないので犬だけじゃ足りないんじゃないかと思うんですが;; やっぱりこの国の動物実験ガイドライン読んでみないと理解できないかな...この問題(汗

もうひとつの問題としては、このモノクロ抗体は人間にフィットするように遺伝子的に調整されて生産されているので、動物ではうまく試験ができないんじゃないかというのもあるんですよね。 だからもしかしたらこの手の薬に関しては動物実験は無意味と言えるかもしれない。 本当に複雑で難しい問題です。



3月16日(木)16:36 | トラックバック(0) | コメント(2) | 英国ってこんな国 | 管理

ボルシチ

何日か前にアンモナイトのみらさんが美味しそうなボルシチ風スープを作ってらっしゃるのを見たら、なんだか無性にボルシチが食べたくなってしまい...


今日の夕飯はボルシチと相成りました(笑)
イギリスではビーツは八百屋に行けばいつでも必ず売ってるのでいつかは作りたいな~と以前から思ってはいたんですが。ゆっくり時間をかけた煮込みは寒い日にはほんとに心和みますね~ヽ(´ー`)ノ 美味しかったです。



3月15日(水)21:59 | トラックバック(0) | コメント(2) | クッキング | 管理

ホワイトデー?

金、土、日と3日連続で雪が降って、昨日はようやく雪なしでやれやれと思ってたら、今朝起きたらそれはもう、気前のいい降りっぷりで...(鬱 週末の雪は積もらない雪だったけど、今日のは積もるヤツです。 う~ん、どのくらいまで積もるんだろう...

買い物に行かないといかんのにこれはつらい...--; 最近根性ナシのヒッキー体質な私なので、きっと買い物行かないで終わることでしょう(´・ω・`) まぁ、米も豆もあるので飢え死にはしないです(ぇ

ハウスメイトも大半が風邪引いたりしてへろへろになってます。無事なのは私とアイフォンだけ?(笑) おかげで静かな家が一段と静かです。

ちなみに文字通り真っ白なホワイトデーだけど、この国にはもちろんそんな習慣ないので普通の平日でございます(・_・)ノ 日本ではまた菓子屋がにぎわっているのでしょうか?



3月14日(火)10:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

ウォーキング日和?

友人に誘われて、隣町Beverleyまでウォーキングをしてきました。 Beverleyまではバスで30分くらいの距離で、Mちゃん情報によると自転車で1時間という話なので、だいたい2~3時間あれば歩けるかなという感じで。

朝8時45分に待ち合わせ、3人でまずバスに乗って隣村のCottinghamまで行き、そこから歩き始めました。特に見所があるわけでもなく、淡々と田舎道を...(笑) だいたい全行程の1/3くらいが舗装道路で残りがフットパスかな? 

特にアップダウンもないので楽勝...のはずなのだけど、ここのところ雨がちだったせいでぬかるんでいるのと、なんといってもお天気が終日、小雪模様という、実にウォーキング日和でして(T_T) 

寒かったーーーヽ(`Д´;)ノ

結局Beverleyまでちょうど2時間くらいでついたし、思ってたより近かったんだけど、もう寒さで体中が痛い...orz 降ってくる雪も、雪というか、霰なので固いんです・゜・(ノД`)・゜・ 顔に当たって痛いの...ぬかるんでたから靴もジーンズも泥まみれだし。後で見たら、今日は最高気温2℃ですよ...寒いよ、そりゃ...

Beverleyに着くなりマーケットで買い物するとか、その他の予定はとりあえずおいておいて、まっすぐティールームに転がり込みました(笑) あったかいティールームでいただいたクリームティ(紅茶とスコーンのセット。ジャムと山盛りのクリーム付。うちのあたりでは南と違ってクロテッド・クリームじゃなく、普通のホイップした生クリームがついてくる)は至福の味でございました(*ノノ)

人心地ついてからそれぞれ買い物に...私はマーケットの八百屋でなんか見慣れない果物を発見し、とりあえず試しに買いました(・_・)ノ その一つ目がこれ、写真のやつです。 First Ever! Plu-cot と書いてあります。名前でわかるかと思いますが、アプリコットとプラムのあいのこです(笑) 形はアプリコットっぽくて少し大きめ、でも毛は生えてなくてつるっとしてて、色は足して2で割ったような?

帰宅してからさっそく食べてみたら、これがもう、おいしいんですよ! あれです、「すもも」。まさにすももなのヽ(`Д´)ノ あんずほどすっぱくなくて、プラムほどくせがない、素敵なおいしい果物でございました。果肉も綺麗なピンクのグラデーションで美しいんですよ~ あぁ、もっとたくさん買ってくれば良かった...



二つ目はこちら。 なんか色似てますが。 これ、初め、遠目に見たときはマンゴーか、ざくろかなと思ったんだけど、実はこれ、「洋ナシ」でした。 赤い洋ナシ! そんなの初めて見ましたよ、わたしゃ... 看板には Special Taste, Red Bartlett Pear と書いてあります。

スペシャルな味ってどんなんだろう...とこれまた帰宅後にわくわく味見してみました。 ...なんていえばいいんだろう。 一口かじった時は洋ナシなんですよ。普通に。でもしゃくしゃく噛んでると、なんだかこれリンゴ?って感じになってきて、そして食べ終わった後に微妙な苦味が残るのです(爆 スペシャルといえばスペシャル...( ゜┓゜) というわけで、こっちは一回でいいです、私(ぇ 普通の洋ナシを愛してるので、それ以上のものは求めたくないですヽ(´ー`)ノ(笑) いや、別にまずくないですよ。私の好みじゃないだけ~(笑)



マーケットでは久々に花屋でも買い物をしました。 おとついだったか、実家の母からメールで、実家の近くのミモザの木が満開だよという知らせを聞いて、なんだか無性にミモザが見たくなって、父に頼んで写真を撮って送ってもらったんです(笑) その満開のミモザを見ていたら、自分の部屋にもミモザが欲しくなっちゃって... ちょっとした郷愁かな。

花屋に行ってみたら、やっぱりあったヽ(´ー`)ノ ミモザが置いてある時期ってすごく短いんだけどね。 何とあわせようかしばし迷った後、淡いピンクのチューリップを相方に選んで連れて帰ってきました。 わくわくと花瓶に生けたのがこれ。 チューリップは生けてる間にどんどん向き変わっちゃうやっかいな花なんですよね(´・ω・`) もう何やっても軌道修正無理(笑) 剣山入れたただしいお生花だったらなんとかするんだけど、もうただの投げ入れだし、今無理やりがんばってもどうせ明日起きたらとんでもないことになるの確定なので、開き直っててきとーに生けてみました(*ノノ) あぁ、なんか幸せ。 これってVery Springですよね~ヽ(°◇° )ノ

夕方からおやき作ったり、肉まん作ったり、その合間にキムチチゲも作ったし、フル回転の一日でした。明日はまたいつもの引きこもりに戻ります。寒いし(笑)



3月11日(土)22:18 | トラックバック(0) | コメント(5) | 日々のたわごと | 管理

Journey South

先日書いたように、いよいよJourney Southのデビューアルバムが出ますヽ(`Д´)ノ 当日買いに走ろうか、それともネットで注文しようかまだ迷ってる私です。 あぁ、どうしよう...(笑)
もうちゃんとアマゾンでも出てますね。

Amazon.uk

そして当然っちゃー当然ですが、気づいたらしっかり公式サイトもできてましたよ... チェック甘い私orz

Journey South official site

なんかいろいろ近況が書いてあって面白かった。プリンス・チャールズに会って話したとか、ゴードン・ブラウンが実は番組を見てて、彼らを応援してたとか本人に言われたとか(笑) うーん、素敵。

しかし、このアルバムのジャケット、毎度のことながら兄が弟を見てますね。なんかこの二人の関係を物語ってます、これ(笑) あぁ、兄弟、よきかなよきかなヽ(´ー`)ノ

明日(というかもう今日)のお昼のCD:UKに出る模様です。 私、見られないんだけど・゜・(ノД`)・゜・ アルバムが出たらまた出るだろうからそっちに期待します(ノ_・。 見た人いたらどんなだったか教えてください...(涙



3月11日(土)00:50 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスのTV番組 | 管理

「夜のピクニック」

去年、知人から勧められて日本から送ってもらったのに、なんとなく読む気になれず積んであった「夜のピクニック」 恩田陸 著 をようやく読みました。


あの一夜に起きた出来事は、紛れもない奇蹟だった、とあたしは思う。 夜を徹して八十キロを歩き通す、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。 三年間わだかまっていた想いを清算すべく、あたしは一つの賭けを胸に秘め、当日を迎えた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。 気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―――ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説
                                Amazon.jpの説明文より


心がほんわりと暖かくなる佳作です。出てくる高校生たちはみな純で良い子たちですね。すごくリアルな感じもする反面、どこか御伽話のような気もする不思議な物語でした。

この話を読見終わった後、きっとみんなすると思うけど、ふと自分の高校時代に思いをはせてました。 自分にはこういう後で思い出して幸せな気分になれるような、当時も楽しみにしていたようなイベントなんかなかったなーと(笑) なんて寂しい青春時代だ。いじめられっ子だった私にはどちらかといえば学校行事は自分がクラスメートから仲間はずれにされてることを再認識するイベントだったのでどちらかというと苦い思い出でいっぱいなのでした。 クラスの外には友達いっぱいいたけど、行事ってクラスでするものだしね~(笑) どちらにしてもこの歩行祭みたいな素敵なイベントはなかったです。作中でも言われてるけど、修学旅行よりこういう行事の方がいいなぁ。絶対思い出になるよね、これ(とはいうものの実際にコレあったら、まず私は一日目の早い時間にバス乗ってます、絶対に...80kmも歩くなんて...)。

ネットで読後感想を拾っていたら、モデルになった「歩行会」のある恩田さんの母校出身の方が何人もレビューをあげてらっしゃいました。その方たちの感想を読んでいて、素直にその行事を経験されたことがうらやましかったです。願わくはこういう行事がずっと続いていきますように。



3月10日(金)23:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

足が...

足が痛いです(ノ_・。 正確に言うと足の裏が流血してます>< と書くとなんか割れたガラスでも踏んづけたんか? という感じですが、そんなんじゃないです。  ちょっと無気力が続いていて、アトピー症状放置プレーしてたら足の裏がぼろぼろに・゜・(ノД`)・゜・ あちこちささくれて、ついに流血なのです;; 

私は生まれてからほぼ全人生アトピーとお友達なんですが、こっちに来て初めの何年かは見事な転地効果でぜんぜん症状でなかったんですよね。いやぁ、幸せな時代でした... でも、その転地効果も既に種切れ、近年は普通に症状戻ってます(´・ω・`) といっても、最重症の類ではないので、日々の飲み薬と症状がひどい時のピンポイントでのステロイド軟膏でコントロールできてます。 最近ずっと症状が強めに出ているのに、なんか対応する気力がなくて放置してたらこんなことにorz えぇ、自業自得ってやつです(T_T)

そんなわけで歩くのがますます嫌です(何 あぁ、鬱...雨降ってるのも鬱に拍車かけますな。早く雨やまないかな...

話は変わりますが、またまたChicoの話。 その後、さすが第一位、今週に入ってからはラジオで流れまくってます。見てないけどTVにも出てるそうで... いやぁ、がんばれヽ(´ー`)ノ しかし、さっきラジオの人が言ってましたが、Chicoはイギリスのリッキー・マーチンだそうです...いや...私Chico大好きですが...それはちょっと...リッキー・マーチンが泣くと思う(ぇ



3月8日(水)22:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

キムチのレシピ

ご希望の方がいらしたので、ごくごく簡単にキムチのレシピ書きますね(・_・)ノ もしわからなければ聞いてください(笑)

<材料>
白菜4個
coarse sea salts

★漬け汁 パターン1
にんにく 2個 (すりつぶしたもの) ←"2片" じゃなくて"2個(丸ごと)" ですのでお間違えなく
しょうが 2片 (すりおろし)
ライススープ ※ 2カップ
salted lancefish sauce (ガナリ・イグジェ) 大2
salted anchovy sauce (メルチ・イグジェ) 大5
砂糖 大3
チリパウダー (韓国産の粗引きのもの) カップ1/2

Spring onion 半束
にんじん 1本
たまねぎ 1/4個
大根 1/4本

以上の野菜を刻んで一緒に漬け込む。

★漬け汁 パターン2
にんにく 2個 (すりつぶしたもの)
フレッシュ・チリ 大1個 (種ごとみじん切り)
ライススープ ※ 2カップ
salted lancefish sauce (ガナリ・イグジェ) 大5
砂糖 大2
チリパウダー (韓国産の粗引きのもの) 大4
ごま油 少々

Spring onion ひとつかみを刻んで一緒に漬ける。

※ライス・スープ
glutinous rice flour カップ1/2と水カップ4を鍋に入れて強火で加熱、ぶくぶくしてきたら火を止めてできあがり。



作業の流れとしては、
<一日目>
ひたすら白菜を千切る (先日の日記を参照)

塩を振って一晩置く。塩は白菜1個につき半カップ。

ライススープを作る。

<二日目>
白菜を絞る

野菜を刻む

漬け汁を作って漬け込む

室温で2日間置いて、3日目に冷蔵庫に移します。たぶんそのあたりから食べられるかな? 数日置くと味がなじむようです。
作業はとにかく白菜の下ごしらえと、にんにくを剥くところが根気勝負だと思います。 それ以外は簡単、簡単。 なお、師匠によりますと白菜3個がミニマムだそうです。それ以下だと美味しくできないんだとか。 

おそらく入手が一番難しいのはソース2種類と唐辛子粉でしょうか? ソースの方は日本のレシピなんかだと塩辛系のものを使ったりしてるので、もしかしたらシュリンプペーストとかでもいけるんじゃないかなーと心ひそかに思ってたりするのですがはてさて? 唐辛子粉の方は、韓国のやつを使わないと、おそらく苦く辛く出来上がってしまうんじゃないかと思います。 なので純正品の入手を強くお勧めいたします(笑)

でも、もし代用品で大丈夫だったという場合、ぜひぜひご一報ください~ 私も試してみたいヽ(´ー`)ノ



3月8日(水)22:06 | トラックバック(0) | コメント(5) | クッキング | 管理

It's Chico Timeとか

今日はオスカーナイトなのにBBCで中継なくてツマラン(´・ω・`)と終日TVもつけず、ラジオもろくに聞かず静かに過ごしてましたが、さきほどネットでニュースチェックをしていてびっくり。

な、なんといつの間にかChicoのデビューシングル発売になってて、チャート初登場1位取ってる( ̄□ ̄;) おめでとう、Chico・゜・(ノД`)・゜・ あぁ、うれしいよ...っていうかどうしよう、やっぱりCD買ってあげるべきなのかしら...迷うわぁ。 だってChicoには幸せになってもらいたい(*ノノ) ←馬鹿

今日発表のニュースによればパパになるらしいですね。お相手は15年来のソウルメイトさんだとか。いやぁ、幸せいっぱいやん。めでたいです。

UK Single Hit Chart 40

Chico's official site

昨年のX-FactorからのデビューはChicoが二番手? Shayneもなんか実に景気良く売れましたし良い感じですね~ 他の面子もどんどん続いてくれたまえヽ(´ー`)ノ

今のところ事実&噂含めわかってるのは...

・Joueney South
サイモンのレーベルと契約してレコーディング中ということで、カヴァーだし、5月くらいには出てくれないかなと思ってたら...なんと!

3月20日にアルバム発売ですヽ(`Д´;)ノ 早っ。 いや~ん、朝一に買いに走るわ(*ノノ) 楽しみ~♪

・Andy
なんかBrendaとデュエットを出したいとか言ってるという話があって、なかなかいいんじゃない?と思ってたんですが、いつの間にか彼もアルバム発売決まってました。 しかもJourney Southと一緒の日なんですが(汗 「The Impossible Dream」というタイトルだそうです。 シングルも4月3日に発売。 う~ん、Journey Southと同時発売ってAndyにはあまりよろしくないような気が...心配です。 でも、私はAndyのアルバムは買わないよ(酷 Andyにも幸せにはなってほしいけど(笑)

・その他の皆様
Brendaはどうなってるんでしょうね? 彼女は確実に何か出すと思われますが。 その他でコントラクトの噂を聞いたことがあるのはマリアちゃんとフォーチュンくらいか? でもその後続報を聞かないのでどうなってるやら...

そして、先日アナウンスされた「Celebrity X Factor」ですがSol campbellが出るかもという話が気になってます。 最近本業不調でなんか気の毒なんですが、大好きなプレイヤーなので出たら応援するわ~ヽ(°◇° )ノ ←同じ理由でDancing on iceのシーマンも応援してた(笑) こちらも楽しみです。



3月6日(月)01:54 | トラックバック(0) | コメント(6) | イギリスのTV番組 | 管理

ペチュ・キムチ作り

以前、オイキムチ(きゅうりのキムチ)の作り方を習った時に、次はペチュキムチ(白菜のキムチ)ね、と約束していたんですが、今週、ようやくそれを実行に移せました。 白菜のはなかなか大変だといわれてましたが、いや、ほんとに大変でした(笑) とにかく量が多くてーー; でも、今回は白菜4個分ですが、教えてくれたYさんが習った時は白菜7個を一人で処理したそうなので、その苦労を思って思わず目頭が熱くなりました(ぇ

何が大変って、白菜を脱水するところまでが大変なんですよね。仕込み自体はひたすら混ぜるだけだし、一緒に漬け込む野菜刻んだりは特に大変じゃないので、やはり最大の苦労は間違いなく白菜を塩漬けするところまでですd(・_・)

白菜は包丁で切っちゃいけないんだそうです。というわけでひたすら手で裂いていきます。まずは根元に切れ目(さすがにこれは包丁で)を入れて、ゆっくり裂いて二つにし、その後一枚づつはがして水洗いします。



その後、こんな感じで縦に裂いて手ごろな大きさにしていくのですが、必ず1片に葉の部分と固いところが両方あるようにしないといけないそうで、これが結構難しい...(´・ω・`)

包丁使わないのも、こういう形にするのも、後の保存性にかかわってくるんだそうですが...うーむ。 まぁ、この方がしっかり漬かるのかなって気はします。



白菜4個分を全部ちぎったところがこれ(笑) ボウルに山盛り4杯ってところでしょうか。 これが一晩たってボウル1個にまとまりました。 さすが白菜は水ばっかり野菜ですねぇ( ゜┓゜)

2日目はこれを絞って、いろいろ混ぜ混ぜしてキムチ仕込み完了です(レシピ知りたい人...いる?)。 現在は熟成中ですが早く食べたいな~ヽ(°◇° )ノ 



3月4日(土)22:30 | トラックバック(0) | コメント(7) | クッキング | 管理


(3/4ページ)
最初 1 2 >3< 4 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | 楽天市場