英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



イギリスの“おいしい”

Boar's Nest

というわけで、ずーーーっと気になっていて、でも行ったことのなかったレストランに最後にどうしても行きたくなって、友人達に付き合ってもらって優雅なランチをしてまいりました(・_・)ノ

このお店Boar's Nestは去年くらいだったかに出来た新しいモダン・ブリティッシュのレストランです。 そもそもHullみたいな田舎ではモダン・ブリティッシュなんてものにお目にかかること自体が難しいんですよ。 以前、隣町に素敵なモダン・ブリティッシュ・レストランあったんですが、あーーっという間に閉店してシェフィールドに移転してしまいました・゜・(ノД`)・゜・ それ以来、見たことなかったんですが...

レストランのある通りは大学からHullの街に出る際にバスで通る通りで、開店直後に通りかかった時にメニューを見て、心惹かれてたのでした(゚▽゚*) 高いんでなかなか行くところまでこぎつけなかったけど(笑) でもこのお店、ミシュランのガイドブックに載ってるんですよー。 Hullでは数少ない掲載店なのです(もちろん星はついてないよ(笑))。 オーナーがHull出身のロックバンドBeautiful Southの人だという話も聞き、いつか行って見たいな~と思っておりました。 なので念願かなってうれしかった♪

ランチは1~3コースで選ぶようになっていたので、ここはやはりきっちり3コースでいかせていただきましたヽ(`Д´)ノ ちなみに本日のメニューは↓こんな感じ。


Starter

Oxtail soup
Roast chicken salad
Leek, slow roast tomatoes & Yorkshire blue cheese tart

Mains

Minute steak sandwich, chips & small leaf salad
Lentil & root vegetable pie with soft mashed potato
Steamed haddock fillet with creamed potato & red wine meat juice
Pan roast skate with lemon butter

Deserts

Rice pudding with fig jam
Wensleydale & fruit loaf
Red wine poached pear with sinnamon ice cream


写真は私の食べたリーク、トマト&ブルーチーズのタルト。 これ、タルトっていうよりはフレンチパイでしたが。 お味はばっちりですd(・_・)



こちらがメインで食べたハドックです。マッシュポテトの上に鎮座しております。 ソースは醤油バターっぽい感じでなかなか面白かったです。 蒸してあるからくどくないし水っぽくもないしGoodです。


これはメインのつけあわせ。 写真ボケてますな( ゜┓゜) 紫キャベツと栗のソテー(たぶんワインで炒めてあるか蒸してあるか?)と、グリルだかパンフライだかのクジェット(ズッキーニ)です。これも美味しかったー♪


デザートは、どれも美味しそうで散々迷ったあげく、ウェンズリーデールチーズ&フルーツローフにしましたヽ(`Д´)ノ

しかし、これ、フルーツローフと書いてあったのでてっきり、ぶどうパンのようなものとチーズが出てくると信じていたのに、ぜんぜん違いました( ゜┓゜) いろんな干しブドウ(サルタナとかカラントとか)が飴がけみたいな感じでゆるく固めてあるものでしたわ(笑) チーズと一緒に口に含むと絶妙なコンビネーションで天国の味がしましたヽ(´ー`)ノ あー満足した~ コーヒーもきっちり苦くて私好みだったし。



そういえば食事の時に、お酒は飲まないので私はいつもたいていスパークリングウォーターを頼むんだけど、今日の水はこんなんでした。 これは一体どこの水? と思ってボトルを見たら...

East Yorkshire産でした( ̄□ ̄;) 超地元水...(笑) Yorkshire Woldsの町Driffieldあたりのものらしいです。 ヨークシャーの水は割合軟らかいので飲みやすいんですよね~ 日本帰るとスパークリングウォーターが飲みづらくなるのが嫌だなぁ...ペリエくらいしか売ってなさそうだし...ペリエはいまいち好きじゃないんですよねぇ。 高いしーー; 


ミシュランガイドより

お店のHPはこちら


さて、いよいよ明日は引越し荷物出しです。   が、0時48分現在、荷物まだできてません( ゜┓゜)ぇ まぁ、朝までにはなんとか...(汗 

※掲載の写真は例のごとくビデオ撮影分からの静止画抽出なのでボケてます。お許しを(ノ_・。 早くデジカメちゃん修理に出したいわ...



9月21日(木)00:49 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスの“おいしい” | 管理

やっぱりロースト

なんかデジカメちゃん末期症状...(T_T) 取説見つからないし... 一体どこにしまったんじゃ私orz

今日は日曜日、サンデーローストですヽ(`Д´)ノ えげれす人は自国が食事がまずいことなんぞ思い切り自覚していて、イギリスの食事の話になるとたいてい自嘲気味になるもんですが、そこに、「サンデーローストは好き」とか言おうもんなら俄然目をキラキラと輝かして「そうだろう!ローストは最高だよ。」なーんておっしゃります(笑)

実際問題として、ローストは美味しいです。 家庭で食べるやつは文句なしに美味しいし(野菜はゆで抜かれてるけど...)、パブなどで食べるやつも美味しいところは多いです。

今日はWillerbyにあるロースト専門のレストランに友人と4人で行ってきました。車出してもらったので楽チン♪ ビーフ、ターキー、ガモンの中から好きなものを切ってもらうんですが、私はビーフとガモンです。野菜は自分で好きなだけ盛っていいバッフェスタイルで、ゆでかげんもほど良く、美味しかったですd(・_・)

ここのレストランのすぐ向かい側がWaitroseなので、超久しぶりにWaitroseで買物なんぞしてから帰りました。 いやぁ、やっぱりWaitroseは心が洗われる気分になれます(ぇ これが近くにあればいつでも買物来れるのになぁ...はぁ。 普段田舎ではお目にかかれないような洗練された品々で目の保養をしてきました(笑) 

清水の舞台から飛び降りたつもりでDuchy OriginalのLemon Biscuitsを買いました。 美味しいよー・゜・(ノД`)・゜・ お高いんですよね、すごく美味しいけど。オーガニックはお金のかかるものなので仕方ないでしょうが。Duchyの名を冠するこの会社はチャールズ皇太子が創立した会社。1990年にオーガニック農業の支援目的で設立されたようです。 イギリスからのお土産にはぴったりな品々ですね。 お高いけど(しつこい)。 私も帰国時には少し買って帰ろうかな。


甲子園、仙台育英負けちゃいました(ノ_・。 もう一回くらい勝って欲しかったけど... これでもう応援してるチームなくなっちゃいました(早っ 仕方ないので東京人として、東京代表を応援させていただきたいと思います(・_・)ノ ...早実×大阪桐蔭はすごかったですね...いいものを見させていただきました。 帝京はまだ今大会見ていないんだけど、次は見られたら見たいと思いますヽ(`Д´)ノ みんなガンバレ。   ...ついでにダメダメな阪神ももっとガンバレヽ(`Д´)ノ ぇ



8月13日(日)21:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | イギリスの“おいしい” | 管理

ジャケットポテト

イギリスに来て、一番初めにおいしいなと思ったもの、それがジャケットポテトでした。 今でも大好き。 もともとじゃがいも好きだからねぇ( ゜┓゜)

最近ひきこもりでなかなか食べる機会もないんですが、今日久しぶりに食べたので記念にパチリ(笑) これはツナマヨのレッドオニオン入りです。

日本だとこういう大きなじゃがいもがないからなかなか作れないですよねぇ... 小さいので作ってもつまんないしなぁ。 やはりいまのうちに食いだめすべきでしょうか?(マテ



5月28日(日)17:13 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスの“おいしい” | 管理

M&Sのサンドイッチ

M&Sの話が出たついでに最近のマイブームのご紹介(笑)
普段、あまりM&Sには行かないけど、行くと必ず買ってしまう、このサンドイッチ。 ウェンズリーデールチーズとカラメライズしたにんじんのチャツネ、そしてウォータークレス、ロケットサラダのサンドイッチです。 かなり美味しいです。 もう夢中(*ノノ) これ、自宅でも作れるもんなら作ってみたいんだけど、チャツネがねぇ... 自作するしかないかなぁ。 チャツネ...めんどくさい(ぇ

とりあえず、今日、M&Sでカラメライズした玉ねぎのチャツネは売っていたので、買ってみました。 同じ味にはならんだろうけど、代用品くらいになるといいなと期待中です。



(おまけ)
今ちょっと検索してみたらヨークシャーで作ってるとこがあった...>にんじんのチャツネ  ちょっと通販しちゃおうかなぁ(笑) 魅力的だわ。うふ。

Bracken Hill Fine Foods



5月20日(土)23:23 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスの“おいしい” | 管理

Sharrow Bay

旅の2日目、東海岸への往復ドライブの後、夕食は、アルスウォーター対岸のホテル、Sharrow Bayでいただきました。 こちらSharrow Bayは、これまたゴージャスなホテルなのですが、ここのレストランもミシュランの星がついてます。 泊まったわけではないので客室の雰囲気はわかりませんが(ブロシュアで見られる分しか...)、格式の高い重厚な雰囲気のホテルです。 私は当初この日に帰るつもりだったので、ドレス持ってきてなかったんですよね(ノ_・。 かなり悲しかったです... ここはさすがにきちんとドレス着ないと(自分的に)居心地悪いところでした(もちろんレストランの方で視線が痛いとかそんなことはありません。あくまで自分の心持ちの問題(笑))。 

Sharrow Bay Country House Hotel



到着時、少し時間遅れていたんですが、せかされることもなく、まずはウエイティングラウンジへ。 食前酒をいただきつつ(私はオレンジジュース...)、鹿のタタキが出てきました。 肉というとすぐウェルダンになって出てきがちなこの国でこういうお肉が食べられるというのは幸せ(*ノノ) 

その後、ダイニングに移動してお食事ですが、その前に厨房入り口に案内され、本日のデザートの見本が並ぶのをパティシェから説明がありました。

写真は私が選んだスターターのホタテ。表面はカリッと焼かれ、中はしっとりで美味しかったです。



前菜は2段階で、ホタテの後に軽めのスターター2皿目が出てきました。 私はバターナッツスカッシュのポタージュを。 1皿目で選ぶとスープ皿に入ってくるんですが、2皿目に選んだ場合はコーヒーカップサイズです。 連日の豪華な食事にへたった胃には大きなスープはきついのでカップでよかった...;;

その次に、メインの前にはしやすめのソルベが出ましたが、このソルベ、グレープフルーツのソルベでした。 甘み控えめですっきりすっぱくておいしかったヽ(´ー`)ノ 

そして写真はその後に出たメインです。 何にしようか迷ったけど、今日は鹿。 せっかくの湖水料理だし、鱒でもあればそっちにしようかと思ったけど、残念ながら魚は海のお魚しかありませんでした。 ラムと鹿で最後まで迷ったんだけど鹿はまず自分で料理しないから、ここは鹿で(笑) ちょっと初めに出たタタキとかぶりますが。 私は焼き方はいつもミディアムレアでお願いするのですが、さすが、完璧なミディアムレアっぷりでした。 ジューシーで美味しかったー♪ ソースも正統派のフレンチという感じです。



デザートはいろいろありましたが、やはりここはアシェット(盛り合わせ)でしょう...というわけで本日のデザートのミニチュア版盛り合わせです(笑)

左にあるのがアイスクリーム(たぶんカルダモン味)、手前ほんのりピンクなのが、ルバーブとライムのチーズケーキ、右側の赤いのが...なんだったかな、酸味のあるゼリーです(汗 中央のは不明(ぇ 奥にあるのがホワイトチョコレートのパンナコッタ。

私は実はシンプルイズベストでアイスクリームが一番のお気に入りでした。 チーズケーキも魅力的な味。 かなりすっぱいです(笑) パンナコッタは美味しいんだけど、ちょっと私にはこゆすぎるかな。 これ、食感がまるっきり「ごま豆腐」でした(爆

デザートの後、食後にアールグレイをいただいて、幸せな食事も終了です。 お茶の時に供されたファッジがこれまたおいしかったなぁ... 少しもらって帰ろうかと真剣に思ったんですが、タイミングよく人が来なかったのであきらめました。残念...

今回の旅行で美味しいものいろいろ食べさせていただきましたが、面白かったのは、いいレストランになるほど、イギリス人が働いてる率が減る...(笑) Sharrow Bayなんかイギリス人ほとんどいないんじゃ... 久々にフレンチなまりの英語とか聞いて和みました。 うちのあたりじゃあまりフレンチ見ないからねぇ... 



4月14日(金)22:26 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスの“おいしい” | 管理

The Magpie Cafe

旅の2日目、湖水地方から東海岸のWhitbyまで横断という気合の入ったドライブをした私たちでしたが、目的はこれ、The Magpie Cafeでフィッシュ&チップスを食べることでした。

↓ お店のウェブサイト
The Magpie Cafe

このお店、イギリスでは大変な有名店で、いつ行っても大行列が見られます。 というのも、イギリスでシーフードと言えばこの人、なセレブ・シェフ、Rick Steinが「英国一美味しいフィッシュ&チップス」と評したためなんですね。

今回ドライブが予定より時間かかってしまったおかげで食べるのが午後3時くらいになってしまったのでほとんど並ばないですみました(笑)



今回、私が食べたのはハドック(Haddock : タラの仲間で、タラよりもう少し歯ごたえがある感じの魚)です。 CodよりHaddockの方が好きなんですよね...

食べた感想はというと、美味しかったです。 でも、実は先日食べた(その時のエントリはこちら)、HornseaのSullivansのやつの方が美味しいと思った(苦笑 あの時食べたのはカレイ(Plaice)なので単純比較はできないんだけど... マグパイのはちょっと油がくどかった気がします。 十分に美味しいんだけどね。

さすが有名店、メニューも充実していて、フィッシュ&チップス以外のシーフードもいろいろありました。ロブスターとかも食べられるのです。 次に行く時は他のメニューも試してみようかな。



4月13日(木)23:42 | トラックバック(0) | コメント(4) | イギリスの“おいしい” | 管理

The Boxtree restaurant, Ilkley

品の良い、しかも気さくな感じの田舎町Ilkleyのタウンセンターにあるレストラン、Boxtreeの内装はこんな感じ。 大変落ち着く内装に、本物の暖炉が暖かい空気を作ってました。 ちょうど雨に降りなぐられて凍りそうになってた私には天国のようで(笑)

友人たちが30分ほど遅れるということで暖炉のそばでゆっくりとオレンジジュースを飲みながらくつろいでました。 普通だったらシャンパンでも飲むところですが(笑) アルコール飲めないってこういう時切ないわぁ( ゜┓゜)



友人たちが到着し、席についた私たちの目の前にはこんな素敵なものが... わかるでしょうか? サイドのパンのためのバターです。 綺麗なバラの形に作ってあります。 チキンのプチカナッペと、アンチョビをパイ皮に挟んで薄切りにして焼いたスティック状のスナックが食前に供されましたが写真ボケてるので省略(オイ


多岐に渡るメニューから私が選んだスターター、「ポテトクリームスープのタイムの花、燻製ウナギ入り」 ウナギは大変品のいいお味でした。


料理の詳細を控えてくるの忘れてしまったメイン...orz 「もの」は鴨の胸肉でございます(´・ω・`) 上に載っているのはパンチェッタ、周りにころんとしてるのがエシャロット、そして肉の下はポテトとか玉ねぎとかそんな感じだったと思うんだけど...

肉は大変結構でしたがちと量が多かった...



デザートも量多い(ノ_ _)ノ シャーベットでよかったです。こんなサイズでケーキとか出ても困ります(何 これはパッションフルーツのソルベにピスタチオという不思議なコンビ(更にパイナップルも)。 これがなかなか一緒に口に入れると新鮮な味で美味しかったです。

全体として、量が多いのを除けば私は非常に気に入りました。 気取りすぎず、肩の凝らない、でも美味しいものが食べたい、という方にはお勧めですヽ(´ー`)ノ 



4月11日(火)00:45 | トラックバック(0) | コメント(7) | イギリスの“おいしい” | 管理

スコティッシュ・サーモン

今日のお夕飯。 ほんとにスコティッシュ・サーモンは美味しいなヽ(´ー`)ノ しばらく食べてなくて久々に買いました。 どうやって食べようかなといろいろ考えた結果、今日は和風じゃなく、シンプルにハーブとグリルです。バジル(フレッシュ)とタイム(ドライ)、ガーリックと塩こしょう、オリーブ油。 ホイルに乗ってるのは別にホイル焼きじゃなくて後始末が楽だから(笑) 

スコティッシュ・サーモンはだいたい日本の鮭より脂乗ってる気がします。そしてたいてい思い切りの厚切りで売ってるので食べ応えもあって素敵です。こういう厚切りのスモークサーモンもあるんですよね。それまた日本ではできない贅沢の一つ。 これで生食できれば言うことないんだけど...(´・ω・`)

雪予報は思い切り軌道修正され、Hullは毎日これでもかと快晴です。なんか日本の冬みたい。 そしてどうしようもないくらい寒いです...とか言うと北海道とかの人には文句言われそうですが(笑) 窓が2重じゃないし、セントラルヒーティングもない家に住んでいるもので(*ノノ) 北の方と西の方は大雪みたいですね。なんかイギリスとは思えないような積雪情報(積雪15cmとか)が...当該地域の皆様ご苦労様です(・_・)ノ 今日、3月1日はSt.David's dayなのでウェールズはお祭り(?というか教会に行く日)ですが雪の中、皆さん教会に向かわれたんでしょうか。ご苦労様です。 もうこれが最後の寒波だといいな。



3月1日(水)21:18 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスの“おいしい” | 管理

ヨークシャーの「おいしい」?

Visit Britainというサイトがあります。英国政府観光庁の公式サイトで日本語版がきちんと用意され、イギリスに関して様々な観光情報を提供している便利なサイトです。この中に、「英国各地の料理」などというページがあるのです。 ...そもそもこの国に地域性のある名物料理なんかあるわけ?ハギスとかせいぜいその程度なんじゃ...と常日頃から思っていた私、われらがヨークシャーのページを見てみました(・_・)ノ

そこに書かれたヨークシャーの名物は...

『ジューシーな味わいの「ヨーク・ハム」は世界中で有名ですが、何と言っても地元ヨークで食べるのが一番。』

( ゜┓゜)? なんですか、それ? 世界中で有名なの?
...一応調べてみました。それによるとオークで軽くスモークしたタイプのハムだそうです。 う~ん...見たことない(爆 もしかして、ヨークシャーではわざわざヨークって書いてなかったりするんでしょうか?(笑)

その他は、まぁそれなりにメジャーですかね。「ウェンズリーデール・チーズ」とか正しく全国区のチーズだし。「ヨークシャー・ティ」には毎日お世話になっております(*ノノ) ビールは自分が飲まないのでよくわからないのでパス(ぇ というかビールは全国どこにいっても地ビールがあるものなので...

『ウィットビーにある「ボサムズ」の活気あふれるベーカリーとティールーム』

お菓子は有名で買ったことあるけど、そこのお店自体に行ったことないのでした。 次回行く時はぜひともチャレンジしてみたいと思います。ウィットビーでは世界一美味しいフィッシュ&チップス(とセレブ・シェフに認定されたレストランがある)も宿題になってるし、おなか減らして挑まなくちゃ(ぇ

『ウェークフィールドの「ルバーブ・トライアングル」とよばれる地帯では、ロウソクが灯された暗い促成栽培室の中で、黒い肥沃な土の中からルバーブの真珠のようなピンク色の茎が伸びています。冬に開催されるツアーでは、このルバーブづくしのディナーを楽しむこともできます。』

これも何年か前からの宿題なんだけど、いまだ行ってませんね(´・ω・`) 冬終わっちゃうよ... ルバーブづくしのランチってどんなでしょうね? 食べてるうちに口がすっぱくて疲れそうなんですけど(何 見た目は世にも美しいんじゃないかと思います。冬場のルバーブ綺麗だから(笑)

というわけで当面の目標はやはりウィットビー食い倒れツアーですヽ(`Д´)ノ 春が来たらぜひ実行したいと思います♪



2月27日(月)19:15 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスの“おいしい” | 管理

インド料理

イギリスで美味しい外食といったら、まず誰でもインド料理をあげるんじゃないかと思うくらい、この国にはインド料理が普及しております。どんなくそ田舎でもインド料理屋の一軒くらいはあるもので、それこそ日本の中華料理のごとくはびこってますd(・_・)

美味しいイギリス料理は結構出会うのに気合がいるけど、インド料理はそんなにはずれたりしないのもいいところです。もちろんその中でも極上に美味しいやつに会いたい場合はそれなりに労力やお金を投資する必要があるんですが。

今日はかねてから懸案となっていた、正月にPCの運び屋をしてくださったTさんにお礼のお食事を...という企画で、私たちのお気に入りのインド料理屋に食事に行きました。私が以前住んでいた村にあるんだけど、なかなか美味しいんですよ...ふふふ。 Tさんはここのタンドーリが大好きということで、そこのお店がリクエストだったのです(笑)

Hくんも誘って3人でたらふく食べて来ました( ゜┓゜) まじで死にそうに苦しいです(爆 いろいろ食べられていいかな~と思って3人用のセットにしたらタンドーリ・チキンの後にカレーが4種類も出てきて...(汗 プラウライスとナン2種類(ガーリック&ペシャワリ)と共にがんばって食べたけど完食は無理でしたヽ(´ー`;)ノ 日本人の胃はか弱い...(というかえげれす人の胃がおかしいんだけど)

↓お店のHP
Alishaan Tandoori & Balti Restaurant



2月24日(金)23:32 | トラックバック(0) | コメント(0) | イギリスの“おいしい” | 管理


(1/2ページ)
>1< 2 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器