英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年11月を表示

チョコはロマンチック?

今日は夕食にハリポタを一緒に見たTさんと、彼女が日本語を教えているイギリス人ケヴさんをお招きし、楽しいひと時を過ごしました。ケヴさんはかなり日本語を話すので会話は9割がた日本語です。広東語とベトナム語も同時に勉強してるとか。語学好きな人ってあれこれ楽しそうにやりますよねぇ… 私、英語大嫌いだし、他の言語も英語よりましって程度で、どうも語学学習は好きになれそうにもないですーー; 人と会話するのは大好きなので話せるようになっちゃえば他の言語でも一向に構わないんだけど…

会話の中でちょっと面白かったのは、ケヴさん、語学の練習のためにたくさんメル友な日本人の女の子がいるんだけど、そんなメル友さんに、ケヴさんがクリスマスプレゼントを送るというんですね。 私もTさんも「ぇー、そんなのカードだけで十分なんじゃ…」 と言ったんだけど、なんと彼はアクセサリを送るんだとか。それは絶対誤解を招くよ、日本ではアクセサリを送るって普通恋人同士でしかしないと思うし。と口々に言ってみたけど彼はそんなことはないと…(笑 もし何か送るんだったらチョコレートとかでいいんじゃない?と言ったら、イギリスではチョコの方が(アクセサリより)ロマンチックだよと言われた... そういうものなのか?? どう考えてもイギリス人チョコは気軽なギフト第一位だとしか思えないんだけど...クリスマスとか家族中でチョコ贈りまくるのもロマンチック?(ぇ

とりあえず事の真偽はともかく、こういうのって国が違えばいろいろ違いがあって面白いよね。 ってかこんなことでトラブル起こさないよう気をつけよう(笑


本日のめにゅう:
焼きクジェットの味噌汁
炊き込みご飯(鶏・にんじん・揚げ)
煮物(サトイモもどき、大根、にんじん各々別炊き)
カニカマの磯辺揚げ
スモークサーモンの握り寿司
とんかつおろしぽん酢
きゅうりの漬物(しょうゆ漬け)
白菜の漬物(甘酢漬け)

デザート(スイートポテト)



11月30日(水)23:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

ハリポタ

先日ついうっかり(?)ジョニデの映画を見てしまって以来、なかなかハリポタ4見にいけませんでしたが、ようやく今日行ってきました。予想通り原作を読んでいなかったら何がなんだかな展開だったけど、原作読んでる人には好印象な出来だったのでは? これまでの映画はやはり第一作を越えないなぁと思ってたんだけど(それくらい一作めが好き)、今回のも悪くないです。まぁ、キャストの皆さんちょっと育ちすぎで14歳に見えないけど(笑

今回好印象な理由はもうひとつあったりして。実はブルガリア・クイディッチ・ナショナル・チームのスターでもあるヴィクトール・クラム役のStanislav Ianevski が激好みなのです(ぇ 写真見ててもかっこいいーと思ってたのに動いたら更にかっこよかったです(*ノノ)きゃ♪ …世間と趣味が激しくずれてるのはよく知ってますので「なんで?」とか言うのは受け付けませんので悪しからず(何 一緒に見に行ったTさんにもちょっとマッチョすぎるよとかなんとか言われてぜんぜん同意してもらえなかったし(涙 彼女はセドリックがかっこよかったと実にまっとうなコメントをくれました(笑 セドリックはハンサムボーイという設定だし、当然と言えば当然ですな。

ブルガリア組がグレイトホールに入場する時のパフォーマンスを見ていて、なんとなくマオリの「ハカ」を思い出してしまった。西洋人から見たブルガリアってああいうイメージなんでしょうかね? 日本人な私の頭の中にはブルガリア=ヨーグルトの国という図式しか浮かびませんが(マテ

復活したヴォル様もすばらしい演技で。ラスボスとしての貫禄ばっちりでこの先の映画がぐんと楽しみになりました。さすがレイフ・ファインズ。 ちょっと気になったのはダンブルドア(マイケル・ガンボン)かな…なんかすごく口調が強いというかエキサイトしてる感じがして、ダンブルドアはそうじゃないんじゃないかなと思わずにいられませんでしたです。うぅ、リチャード・ハリスが恋しい…;;



11月29日(火)23:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

Jouney Southに必要なもの

そんなわけで友人宅で見た今週のX Factorです。大方の予想通りルイもあっさり戻ってきて、他の二人のジャッジがこれ以上はないというくらいにルイに気を使いまくってて、なんかなーという感じでしたねぇ。 ルイも、Shayneを見捨てるにはいかない、彼はあまりにすばらしい素材だしと気づいたとか今頃気づいてどうするんですか(というわけでこれまた白々しさ満載で白ける...)。

今週はここまで常に問題の中心にいたといっても過言でない、Conwaysがついに落ちました。それも、彼女たちの担当であるサイモン自らの決断によって。 自分の持ち駒を落とすなんてサイモンしかできないよなーとか、サイモンよくやったとか思うのもありなんだろうけど、やはりここは裏の政治が見え隠れする感じで後味悪いですね、なんともはや。普通だったらサイモンとシャロンの票は分かれるに決まってるのでルイが決断を下す局面なわけで、でも前回それでここまで騒ぎが大きくなったし、今回はもうルイに決断させないってのが番組の方針だったとしか...

結果自体には納得です。ChicoもConwaysもいまいちだったし。もう残り少ないのでその時ちょっとでも劣るパフォーマンスをしたら誰でも落ちる局面に来てると思うし。Chicoは...選曲はいいと思うけど、もっと自分らしさを出さないとだめだと思う;; あれはいかん... 

Andyは好きだけど彼のやる曲は私のさっぱりわからない分野なので出来が良かろうと悪かろうと、全部私には一緒に聞こえるので何言っていいかわかりませーん(爆 Fly me to the moonとか歌ってくれないかな(数少ない私の知ってるあの手の曲なので ぇ)。 Brendaはきっぱり選曲ミスだ、ありゃ;; 彼女にホイットニーははまりすぎだし、やってもいいけどもっとマイナーな曲を選ぶべきだと思うなぁ... それに今回声量も不足。 衣装と化粧は良かったです(笑 

今回(ルイに捨てられそうになって)一番かわいそうだったShayneちゃんはといえば、ステージパフォーマンスは良かったけど、曲は...裏声得意なのはそんながんばらんでももうみんな知ってるんでもっと普通の声で歌える曲にしようよーー; 

そしてわが愛しのJourney Southですが... 今回歌ったU2は、過去2週に比べれば彼らに合わないでもなかったかなーと思います。 が、しかし...

なんで彼らはあんなにステージングが下手なんじゃーヽ(`Д´)ノ
お願いだから動かないでじっとして歌ってください...(涙 動くと好感度台無しです、兄さんたち。 Mちゃんと彼らのステージングについて語り合ってた時、彼女はとにかく座ってギター弾いて歌うのが一番いいと言ってましたが、彼らに一番合うのはどんな動きだ?という話になって、ここは一発電気屋さんと水道管工事屋さんらしくしゃがんだり転がったりうずくまったりするのはどうだ!? と言ったら、「・・・ほんとに彼らのサポーターなの?」と何度も聞かれてしまった...(笑 えぇ、私、ちゃんとファンですよぅ。ミドルスボロのクリスマスライトの点灯式行こうかと一瞬思ったくらい(ぇ 

とにかく今彼らに一番必要なのはバレエとモデルのウォーキングとか身のこなしをすっきりさせる先生だと思うのーーー;; 来週からはジャッジじゃなくて視聴者投票で決まることになるけど、人気第一位(いつの間にか)に甘んじてたらやばいよ、がんばってくれ;; ただでさえ見る気激減なのにJouney Southがあんなんじゃ見るのやめてしまいそうです(笑 私の貴重な憩いのひと時が...


ちなみに地元Teesideはさすがに大盛り上がりのようです。点灯式の写真出てこないかなー(笑 地元紙では市長さんが、市民に、Journey Southに投票しよう!と呼びかけてますがな...(記事こちら



11月27日(日)18:55 | トラックバック(0) | コメント(0) | イギリスのTV番組 | 管理

ヨークは大混雑...

ハロゲイトに住むお友達たちと久々に会うべく、ヨークに行ってきました。ハロゲイトまで行くと日帰りだとなかなかゆっくりできないので、ヨークまで出てこない?と前からお誘いしてたんですね(笑 うちからヨークまでだったら列車で1時間、バスでも1時間半なので、そのくらいだったら日帰りにしても夜まで安心して遊べるし。ハロゲイトまでそこから30分なんでそんなに差がないと一見思えるんだけど、やはりそこは田舎、しかも冬場なので乗換えが一個発生するということは巨大な差を生むのです(汗

ヨークはすっかり忘れてましたがこの週末、クリスマス・マーケットだったのでした。おかげでとんでもない人出で(爆 ヨークには何十回も来てるけど、こんなに混んだヨークを見たのは初めてです。すごかった... 途中結構雨にも降られたし、それがちょっと疲れを呼んだかもーー; 帰りのバスの中では喉が痛くてピンチな私でした(苦笑

クリスマス・マーケットは来週、Lincolnの巨大なやつに行くので、ヨークの事はまったく考えに入れてなかったんだけど、出会ってしまったからには!と一応見て歩きました(馬鹿 この手のマーケットは要するにクリスマス・プレゼントになるようなしゃれたクラフトやアクセサリーなんかを売るのが目的なんですよね。それと後はクリスマス用の食品類(ワインとかチーズとかソーセージとか)。 なので、クリスマス・プレゼント攻めに縁のない留学生生活(ホームステイ中は関係あるけど)ではただ見て楽しいだけです(笑 

えげれすの方々はもう、そりゅあ気合入ってますよ。一人当たり100個とか半端じゃない数のプレゼントを用意する必要があるので、11月に入るや否や、週末という週末はひたすらショッピングに当てる人も多いのです。 まぁ、最近はネット・ショッピングを活用する人も多いようだけど、でもそれで全部は済まないですよね、やっぱ(笑 夕方にお店が閉まるのが基本のイギリスでも、この時期だけはLate Night Shoppinngというのが全国で行われる習慣で、クリスマスまで毎週木曜の夜はだいたい21時とかまで多くのお店が開きます。ほんと皆さんご苦労様です...日本にこんな悪習がなくてよかったよ、ほんと(ぇ

ヨークではカフェといえばBetty'sが有名ですが、今回は友人(ヨーク在住のえげれす人)に勧められたCafe Concertoというカフェでお昼食べてきました。レヴューとか見ていてもしごく評判いいですが、ほんとおいしかったです。 高かったけど(笑 お値段はBetty'sといい勝負だと思いました。お昼食べて一人16ポンドとかだし... 私が食べたのは好きなバケットサンドと好きなスープ、そしてサラダの盛り合わせで、特ににんじん、スイートポテト、コリアンダーのスープがおいしかったー♪ 写真撮ったんだけど、デジカメちゃんから当分抽出できないのでここには載せてません;; そのうちHPのぎゃらりーにでもこっそり載せたいと思います。 同様の理由でヨークのクリスマス飾りの写真もお預けです。しくしく(というわけで写真はイメージということで。一応ヨークの写真ですが)。 ※一緒にいったお友達のメディさんがブログにいっぱい写真アップしてるのでそちらを代わりにご覧ください(笑 食べたもの全部出てるし。→メディのイギリス暮らし

食後、にぎわう街をあれこれウインドウショッピングして楽しく歩いて、夕方散会した後、今度はヨークに住む大学の友人のおうちへ... 彼女はX Factor仲間なので、一緒に食事に出る予定のところを、テイクアウエイ買って帰って家で一緒に食べながらX Factor見ようよと誘惑してみました(何 夕食は中華ですの(笑 久々にちゃんとした中華(Hullにあるようなイギリス人向け中華じゃないメニューの)を食べましたよ、えぇ。ホタテとかフカヒレとか... お昼に引き続いて散財したのは言うまでもありません(爆 当分でかける用事のない時は引きこもり君になってふりかけご飯でも食べてることにします(マテ



11月27日(日)18:25 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

寒すぎっ!

寒いです。半端なく寒いです;; 昨日は日中に氷点下くさかったし... 今年の英国は10年ぶりの寒い冬ということで、95年当時英国にはまだ来ていなかった私にとってももっとも寒い冬になること確定です。 とはいっても、この冬の傾向は南が寒いんだそうで。南が寒いときは北部はマイルドというのがお約束なんだそうで、Hullなんかで寒いとか言ってるとロンドンとかの人に怒られそうですが。

今日は昨日に比べて気温も高いし、暖かいのかなと思ったら、やたら風が吹いていて、むしろ寒かったです>< こういう冬にはマフラー、手袋そして帽子の3点セットなしでは生きていけません。というわけで手袋発掘してみましたが、両手とも人差し指に大穴があいてるし(死 ちくちく繕ってみました(新しいの買えよ...)。 

スチューデントハウスのいかんところは、暖房がいまいちしっかりしてないんですね。もちろん一応ヒーターあるんだけど、自室のはともかく、共同空間のやつが泣けるほどか弱いです;; しかも窓は当然一重だし、すきま風入り放題だし。 おかげで台所もシャワーもトイレも寒い寒い...なのに窓開けっぱなすやつは誰じゃ(怒 最近暇さえあれば窓をチェックして閉めまくっている私です(爆 開けたら責任もって閉めようよ...(涙



11月24日(木)20:56 | トラックバック(0) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理

Furious Walsh walks out on X Factor

えぇぇぇ...ほんとに?ほんとに? いやん、どうなるの、今度の土曜のX Factor...(滝汗

Furious Walsh walks out on X Factor

先々週の揉め事が先週も後を引いていて、なんかなーって感じだったけど、まさかルイが番組降りてアイルランドに帰っちゃっただなんて;; なんとか帰って来てくれますように;;



11月23日(水)23:05 | トラックバック(0) | コメント(4) | イギリスのTV番組 | 管理

Ignorant Britons

本日のBBCからのニュースレター(ローカルニュースから毎日送ってくれるサービスがあるのです)でレストランの話題があったんだけど、それによると


不可解な気取った用語を使ってメニューを表現しているレストランに対して利用者の不満の声が上がっている。
多くの人がどんどんレストランでメニューを選ぶのを恐れるようになっているのだ。なぜなら彼らは自分が何を注文しているのかまったくわからず、気取ったウエイターに脅されているように感じてメニューの解説を頼むこともできないからである。
ほとんどの英国人はこの上なくお幸せに多くのよく知られた料理や食材について無知である。30%がフォアグラがグースの肝臓から作られることをまったく知らず、半分の人がpotato dauphinoise(ポテトのチーズグラタン)がクリーミーなポテトのオーブン料理だと知らない。また、10人に6人はエンダイブが葉野菜だと知らないし、chevre cheeseがヤギのミルクから作られるのを知っているのは半数に満たないという調査結果が得られている。


なんだそうです(笑 うーん、そんなにメニューが気取ってるかしら? 私があまりこじゃれたレストランに行かないからわからないだけなのかもだけど。フランス語を多用したり、盛り付けだけはフレンチっぽく美しくなったりすることも多い今日この頃だけど、問題の味が置いてきぼりになりがちだしなぁ...

なんにせよ、まだまだ一般のイギリス人は食に関しては不勉強ですね。まぁ、セレブ・シェフが日本食は好きだとか言いながら知ってるのは寿司だけで、日本食は作るの簡単であんなの料理じゃないとかおぬかしになる国ですので。はっはっは。



11月21日(月)23:29 | トラックバック(0) | コメント(3) | 英国ってこんな国 | 管理

さて昨日は

先週に引き続き荒れ模様のX Factorでした。シャロンが先週の事でいきなり噛み付いた時にはどーしようかと思いましたが... 今回はボトム2も予測通り。でもシャロンはてっきりConwaysを落とすと思ってたのでニコラスが落ちたのにはびっくりでした。当人たちも信じられないって顔してましたよね(笑 まぁ、でもよく考えたら小憎らしいアイリッシュの小娘たちを落とすのと、残り少ないルイの手持ちアクトのニコちゃんを落とすのかではニコちゃんが落ちる方がダメージ大きいでしょうしね。 

なんにせよ、私はConways残ってうれしいです。特にResultで歌った二回目のOne Moment in timeは良かった。普段は3女のMarieがリードヴォーカルだけど、私はSineadの声の方が好きなんですよね…だから今回みたいにSineadがリードを取ってるほうが感じいいです(笑 ホイットニーと比べたら問題だろうけど、これはこれで良かった♪ でもこの子たちの最大の問題はファッション(というか外見トータル)だと思う(ぇ なんか妙に女らしさを前面に打ち出したみたいなカッコで化粧も濃いし、女性にあまり好かれないタイプにしか見えんのですが;; もっとナチュラルメイクでユニセックスな感じにしたほうが受けるんじゃないでしょうか?

Journey Southは… なぜにロビー・ウイリアムズ? あの曲はすごーく好きなんですが… まぁ、先週のボン・ジョヴィよりかはずいぶんましだけど、なんかミスチョイスだなと今週も引き続き思ったワタクシです。私の愛するお兄ちゃんには結構あってたと思うけど、なんか致命的にカールにあってないよ、これ(苦笑 前にやったDesperadoみたいなやつの方が向いてると思うんですが;; そして彼ら動くと見苦しいので動かないほうがいいと思う(マテ ←ほんとにファンなのか、私(爆

まぁ、でも今日の主役はChicoでしょう。It's Chico Time! すごいなぁ(笑 何も言うことないとサイモン言ってましたが、その通りです。このままつっぱしってください(笑 でも今回のパフォーマンスでやるべきことやりつくしたような気もする(笑 

さて来週はどんなものが見れるでしょうか?楽しみ、楽しみ。

★おまけ(ぇ
X FactorのForumで彼らがどんな歌を歌うべきかのトピックがあって、そこで見つけた投稿です。

Andy - A Rubbish Man by the Poppycocks

Brenda - I'm Too Sexy by Right Said Fred

Chico - Dancing Queen by Abba

Conways - Tragedy by the Bee Gees

Journey South - When Will I Be Famous by Bros

Shayne - If I Only Had A Brain as sung in Wizard of Oz

笑った(笑 特にShayne。



11月20日(日)17:52 | トラックバック(0) | コメント(94) | イギリスのTV番組 | 管理

The Libertine

今日からハリポタ4、HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIREが公開です! 最近ようやく原作6巻を読了してまだ余韻いっぱいの私は初日に気合入れて見る…はずだったのですが、なぜかジョニデを見に行ってしまいました(マテ

The Libertine...コスチュームものだってことくらいしか知らずに見に行った私。まずしょっぱなに18禁だったので、びっくり...エロいお話だったんですね、これ。 というのも後学でようやく納得。ジョニデ演じる主人公ローチェスター伯は英国初のポルノを書いたとされるスキャンダラスかつ才能豊かな詩人&劇作家だったのです。いやぁ、知らんかった。見終わってから、うーんこの映画は何を言いたい映画だったんだろう?とか考えちゃったよ(汗 伝記なんであれば何言いたいもへったくれもないですね;;

ジョニデはこういう強烈なキャラクターがよく似合うなぁ...綺麗な顔してるのにそれを徹底して壊すのをぜんぜん躊躇しないすばらしい俳優さんですよねぇ。今回も病気で相当醜悪な容貌になったりしたのをさらしてました(梅毒なのからい病なのかどっちだろう?ポルノの人だしやっぱ梅毒かな...)こういう長髪とかこの時代の衣装とかぜんぜん好きじゃないし、見苦しいと思うんだけど、ジョニデが着ると美しいのなんの...いや、お見事でございました。

このお話、時代的にかぶっているせいもあって以前に見たStage Beautyとよく似ているという印象でした。あまりうまくない舞台女優が出てきて主人公がそのレッスンをしたりそのうち二人が出来ちゃったり、そんなのも同じだ(笑 エロさはあっちの方が上です(ぇ この話ではやばい単語はぼんぼん飛び交ってたけどヴィジュアルはそれほど淫靡でもなかった。なので、ジョニデは見たいがエロはちょっと...と迷ってる方は気にせずごらんになるとよろしいかと。

チャールズ2世を演じたジョン・マルコビッチも良かったー。この方の作品いままでぜんぜん見てなかったんですが、うまいですね。来年公開のEragon(アメリカで話題の少年作家が書いた長編ファンタジーが原作の映画)にも出るようなのでちょっと楽しみです。敵役の王様...いいなぁ、似合いそうです。


※Libertine:自由思想家、放蕩者 17世紀欧州で自由思想家たちを呼んだ名前



11月19日(土)08:59 | トラックバック(0) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理

いつの日か恋しくなる食べ物

いつの日か、この国を離れる日が来た時、きっといつまでも恋しくなるだろうなーと思う食べ物ベスト5をつらつら並べてみようと思います。

第5位:アップルクランブル
この国に来て一番初めにおいしいなって思ったのがクランブルでした。その時はLandladyの作ってくれたサマーフルーツのクランブルでしたが。でもクランブルの定番はやはりリンゴかなと思うのでアップルで一票。でもルバーブのも捨てがたい… 熱々の甘くないカスタードと食べるのも良し、アイスクリームと一緒に食べるも良しです♪



第4位:トライフル
フルーツ味のゼリーとスポンジ(もしくはレディフィンガー)の上にカスタード、クリームが層状に積まれたお菓子。いろいろなヴァージョンがあるけどイチゴのベーシックなやつが好きかなー。ピンク色のカスタードのやつもかわいらしいので好き(笑 たぶん日本に帰っても自分でせっせと作りそうです。



第3位:ヨークシャー・カード・タルト
これはちょっとローカルな食べ物ですね。ほかの地方でも売っているところもあるかもだけど。要はカード(チーズの原型のようなもの)を使った、シンプルなベイクドチーズケーキ(レーズン入り)です。でもこれがおいしいんだ。Harrogateの有名なティールームBetty'sのもおいしいけど、なんといっても以前住んでいた村Cottinghamにある地味なパン屋のものが最高に美味しいです。あれが食べられなくなるのが一番辛いかも>帰国すると



第2位:ロースト・ガモン
ガモンっていうのはいわゆるベーコンの塊でして、日本だとスライスしたものしかお目にかかる機会はないでしょうが、こちらでは丸ごとどでんと売っていて、他の肉と同様にローストして食べます。厚切りのスライスも売っていて、それはガモン・ステーキとしてフライパンで焼いて食べるのです。初めは、ベーコンかぁと見下してた私ですが、なんか気づいたらかなり好きになってました(ぇ なんか癖になる味なんですよねぇ…



第1位:チップス
いや、ただのジャガイモですし、日本でも食べられないわけじゃないんだけど… でもチップスはイギリスの味。日本で食べるときっと違う味がするんだろうなー(寂
ジャガイモ好きでない人はどうでもいいんでしょうが、私はジャガイモ激ラヴなのでチップスは欠かせません。普段はめったに食べないですが… 普段はどうしてもマッシュポテトやローストポテト食べちゃう(笑


さてどうでしょうか?(笑 順位は適当です。この他にもフェンネル・カセロールとかジャケットポテト各種とかカリード・エッグ(卵のカレー)とか、マッシーピー(マッシュした豆)とか恋しくなること請け合いの食べ物まだまだあります。私の味覚も相当英国仕様になってるってことなんだろうな(死



11月17日(木)22:02 | トラックバック(0) | コメント(5) | イギリスの“おいしい” | 管理


(1/3ページ)
>1< 2 3 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン