英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年4月を表示

ロイヤル・ウエディング

法王の葬儀のおかげで一日遅れになったチャールズの結婚式の日です。買い物に行ってたのでギルドホールでの式(というのか?)は見ませんでしたが今からやる教会のブレッシングは見ようかな~と思いつつTVをつけています。

教会の方はたくさんの著名人が参列するので、その顔ぶれや、女性の衣装(というか帽子)を見ているだけで楽しいです。イギリスでは普通、教会の結婚式に参列する時、女性はワンピースやスーツで、それにあわせた帽子をかぶるのです。これは公式な場ではみんなそうなのですが、この帽子が実に様々なので見ていて楽しいのでした。でもロイヤルアスコットとかならともかく、さすがに教会に行く時はそれほど突飛なデザインのものはかぶらないものなんだけど、でも今日見ていると結構派手なのかぶってる人いるなー(^-^; あんなのでいいんだろうか。

まぁ、ケチがつきまくってすっかりふてくされてるという噂のチャールズですが、今日はさすがにご機嫌で実に幸せそうでした。ほんと良かったですな。そしてカミラも白い帽子よく似合ってました。近年で一番素敵だったかも。この調子でやぼったいの卒業してほしいです。元は悪くないんだしさ~ 今日からは私人でなく公人としての立場なので、もっとあかぬけていただかないといけないと思いますヽ(´ー`)ノ

しかし、TVの中継を聞き流しながらあれこれやっているとやたらと「だっちぇすおぶこーんうぉーる」と言うのが出てきて、コーンウォール公爵夫人って誰だっけ?エリザベスの従姉妹?とか思ってた私。よく考えたらカミラの事じゃん_| ̄|○ というわけでまた覚えなくてはいけない称号が増えてしまいました(ノ_・。



4月9日(土)14:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | 英国ってこんな国 | 管理

吹雪ヽ(`Д´)ノ

あのー...春来たんじゃなかったですっけ。気のせいだったのかしら(p_q)
というわけで今日は吹雪でした。まぁ、ずっと降ってるわけじゃなくて結構青空も広がってましたが。でもあんな吹雪、この国で初めてみましたよ、私...たまたまその時外を歩いていて、遭難するかと思いました(大げさ)。 日曜からはまた暖かくなるらしいけど、あまり信じてません(ぇ

今日は久々にHULLに戻ってきたインドネシア人のお友達がお土産をいろいろ持ってきてくれました(//∇//) いただいたものはというと、私の大好きなオレンジ系の配色のサロン(インドネシア民族衣装のスカート)とスカーフのセット、キーホルダーそして彼女の町ジョグジャカルタのお菓子、そしてケチャップマニスですヽ(´ー`)ノ  お菓子は日本の餅菓子と似てておいしいの^^ ドリアン味とかですが(ぇ 
綺麗なサロンをいただいたので、ここは私の色っぽいサロン姿なんぞご披露したいところですが、こう寒くてはサロンなんぞ着れません(*ノノ)ぇ

いただいたケチャップマニスを使って、夕飯は久しぶりにナシ・ゴレンを作ってみました。あーおいしかったヽ(´ー`)ノ  やはりアジアご飯はいいですねぇ。心が和む~♪



4月8日(金)19:10 | トラックバック(0) | コメント(4) | 日々のたわごと | 管理

デジタルオーディオプレイヤー

世の中の電子機器の進化に激しくついて行っていない私ですが、この度久々に文明のお道具を一つ導入しました(・_・)ノ 携帯用のデジタルオーディオプレイヤーです。iPodはおろか、MDすら触ったことのないアナログな私だったんですが(笑)
買ったのはこちらです↓

Rio Unite 130

当然色はオレンジヽ(`Д´)ノ なんか小物を買う時にオレンジがある時はオレンジを買うのが基本になってます(笑)有機ELディスプレイって初めて実物をみましたが綺麗ですねぇ。昔使ってたウォークマンとかに比べて軽いし、便利な世の中になったものです(だからMP3プレイヤーとか使ったことないんですって)。これ、一応モノラルではあるけどボイス録音もできるのでコンサートでも録音チャレンジしようと楽しみにしてる私です。FMも聴けるし、これで大学で勉強する時もBGM欲しい時に即聞けると思うとうきうきヽ(´ー`)ノ



4月7日(木)21:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

Mの悲劇

可哀想な友人Mちゃんの話を聞いてあげてください(ノ_・。
彼女は1月の寒い日に自転車に乗っていて散歩中のお犬様を避けようとしてすっころびまして左ひざをひどく打ったんですね(´・ω・`) でもその時は痛いながらも歩けるし、まぁだいじょうぶだろうと、日頃から医者嫌いの彼女は医者に行かなかったんです。ところが...1ヵ月後くらいからだんだんまた腫れるわ、あざはできるわ、痛むわで、さすがの彼女も医者に行くことを決意し、まずGP(かかりつけ医)に行ったわけです(彼女の担当は私と一緒のインド系の女医さん)。
イギリスの医療事情の悪さについてはいままでも文句たれまくったのでご記憶の方もいるかと思います(笑)この日、レントゲンの指示が出たところまでは日本でも同じでしょう...が、まずそのレントゲンはGPの診療所にはないヽ(´ー`)ノ  というわけで当然当日にレントゲンなんて無理なわけです(仮にそこにあっても当日は無理と思われますが)。こういう場合、イギリスでは後日、手紙で予約日時などが送られてくるシステムなんですねー。そこで彼女は手紙を待ちました。えぇ、待ち続けて、結局レントゲンに関する指示の書かれた手紙が来たのは2週間後です。
レントゲン撮影待つのに2週間(´・ω・`) 幸い、レントゲンは近所の病院で即日撮影できるという事だったのだけど、今度はその結果が出るまで2~3週間と言われたという(笑)

というわけでレントゲンを撮るという指示から5週間後、よろよろとGPに向かったMちゃんですがここでまた大変な目に...GPに会いに行ったところ、結果はまだ来てなかったヽ(´ー`;)ノ しかも、その場でGPが病院に問い合わせの電話をしたら、「記録ではその人は胸のレントゲンを撮ったことになってます」

( ゜┓゜)

足が痛いって言ってるのに普通、胸のレントゲンは撮らないでしょうーー; なのにGPは何度も彼女に確認したらしいです。胸って言ってるけど?と。あげくに足の痛い彼女に向かって、「こう言ってるから、アナタ、ちょっと今日中に行って確認してきてね。」 だそうです(ノ_・。 気の毒に...
そして憤慨しながらいきさつを私に語ってガス抜きした(笑)彼女はその足で件の病院にいきました。
そこでわかったことはといえば、胸のレントゲン云々はただのケアレスミスによる記入間違い(らしい)で、レントゲン写真は別の病院にいる放射線技師の元にデータの読み取りのために送られているのでそこにはない、ということでした(゚▽゚;) 

要するに撮影から3週間経っても結局データは出てないってことですねヽ(`Д´)ノ イースターがあったとはいえ...放射線技師がすごく不足しているのだと言われたそうだけど、たかがレントゲンですよ、ねぇヽ(`Д´)ノ こんなことでいいのでしょうか、この国。しかも、要するに胸だろうが膝だろうが結果が出てないという事実は変わらないわけでなぜそれを電話の時点で確認できなかったのでしょうか?--; この国の辞書には機能的とか言う言葉もないに違いない。辞書にない言葉多すぎるよ、イギリスヽ(`Д´)ノ 二人してしみじみこの国の国民が気の毒になった事件でした。いや、私たちも大変だけど、私たちには逃げ場があるから(´・ω・`)
ちなみに、仮に救急外来に駆け込んだとして、普通の骨折だと処置に8時間待ちとかだったりするらしいです(爆)その日のうちにしてもらえるだけましって感じでしょうか?;; 日本だったら半日後にはしっかりギプスで固定まで済むところなのに...ねぇ、日本の母上様?(何 ←この方、今朝方転んで骨折なさったそうですーー; でもあっという間にギプスで固定されたらしい(笑)何もないところで転ぶあたり私とそっくりです(´・ω・`) というわけでついでにさらし者にd(・_・)


※なお、今回のタイトルはMちゃんがつけました(ぇ「私のやるせない気持ちを皆さんにも伝えたい」と言っておりました(笑



4月6日(水)20:21 | トラックバック(0) | コメント(4) | 英国ってこんな国 | 管理

Back in normal life

春めいた陽気のせいなのかやたらと眠くてだめだめです(´・ω・`) 今朝も5時半に起きて論文読み始めたのはいいんだけど、うつらうつらしちゃって全然読めないしーー; 昼前に諦めて2時間くらい仮眠しました。でもまだ眠い...

今日から大学はイースター休暇明けで授業が再開なのでキャンパスがまた混みあってました。我が家でもマーティンが昨日、ナスターシュは正しくギリシャ人的に一日遅れで今日戻りましたです(ぇ
ナスターシュはなんかおみやげにまたまた謎なハーブティをくれました...が、何ものかはさっぱりわかりません。一応、彼によると何かメンタル面にいいものらしいです。う~ん... 彼はなんだかすっかり元気になっていて何より(笑) 髪の毛を切って、今はおかっぱです(何 クセ毛なのでいわゆるおかっぱじゃないけどやっぱおかっぱとしか言いようのない髪型に(´・ω・`) ぇ 

マーティンはと言えば昼頃に挨拶なぞしたんだけど、彼は激しく打ちひしがれてました( ゜┓゜) 
これまた予想通り。もちろん法王の逝去に打ちのめされているのです。Dadについて逝きたかった...と涙ながらに語っておりました(´・ω・`) なんと申しますか...Dadという表現を使うの初めて聞きましたよ。Fatherじゃないのね(笑)アフリカではみんなそうなのかな。
夕方にあった時はちょっと元気になってたけど、今度は寒いを連発してた(笑)髪の毛を切ったから寒くてたまらないと...いや、それ違うよ、マーティン君。元々短かったのを刈り込んだところで寒さあんまり変わらない気が(*ノノ) 常夏の国から帰ってくりゃそりゃあ寒かろうヽ(´ー`)ノ

というわけで今日からは5人暮らしなのでまたシャワー浴びる時間や料理する時間をいろいろ考えないといけないです(´・ω・`) あー、めんど。とりあえずまた日記のネタをいろいろ提供してくれるのを楽しみにしてますの(*ノノ)キャ♪



4月4日(月)23:59 | トラックバック(0) | コメント(2) | スチューデントハウス生活 | 管理

春です

今日は春めいていい一日でした。Cottinghamまでの道すがら、あまりに花が美しかったので写真を撮りながら歩いてました。

これはマグノリア(白木蓮)。イギリスの花の中でも私の一番のお気に入りかも。これが咲くとすごく幸せになります。



これは...桜だと思いますが、でも日本の桜とは種類違いますね。八重桜みたいな濃い色だけど八重ではないのです。後ろのレンギョウ(かどうか知らないけど、そんな感じの花)といいコントラストで綺麗、綺麗♪


これはラッパ水仙ですねー。ヨークシャーの花でもあって北部では特に愛されてどこの庭にもこの時期植わってます(笑)八百屋さんとかでも切花がいつでも買えるし。フロントガーデンがこんな感じだと心が潤いますヽ(´ー`)ノ


4月3日(日)21:00 | トラックバック(0) | コメント(2) | 花便り | 管理

サプライズ

サマータイムに切り替わって、一気に春めいた今日この頃ですが、冬の間お休みだった近所のカーブーツも今日からまた毎月第一日曜に行われます。せっかくなので散歩がてら朝見に行ってきました。
今日の成果はこれ、ティーポット♪ 去年の引越しまでは古い急須を使ってたんですが、引越しの際に捨てちゃったものでここ半年、茶葉が入れられず苦労してたのです。とはいっても帰国まで間がないと思うと新しいものを買う気にもなれず...このポットはデザインは特に見るところもないですがサイズも手頃で丸っこいのも可愛いし、なんといっても20ペンスヽ(´ー`)ノ  40円です(笑) これで今日からティーバッグじゃないお茶も飲めるわ~♪

そしてこのカーブーツで、私はサプライズな出会いをしてしまいました。
順番にストールを見て回っていたところ、いきなり売り手の人から名前を呼ばれ、顔を上げると...そこには昔の私のLandlady(大家さん)ゲイルの姿が! いやぁ、びっくりびっくり。毎年クリスマスには彼女の家にお邪魔していたのですが、去年はちょっと連絡しそびれてしまったのです。彼女も私はもう帰国しちゃったと思ってたようです。そりゃそだ(^-^;  不義理なヤツで申し訳ないです。そして彼女が今日のランチに来ない?と誘ってくれたので行ってくることに。彼女は私が去年まで住んでいた村Cottinghamに住んでいるのです。イースター明けで、彼女のお母さんもコーンウォールから来ているそうで、そのおばあちゃんに会うためにゲイルの長男、アリステアも帰省しているとのことで久々に会えるのが楽しみです。次男のダンカンも今は卒業してロンドンでなんだかマーケティングの仕事をしてるとか?私がゲイルの家に住んでいた頃はまだ高校生だったんですよね。う~ん時がたつのは早い(何



とここまで書いてからゲイルのお家に行ってさきほど帰って来ました(‘∇‘)ノ
今日のサンデーランチはゲイルにしては珍しくローストビーフでした。彼女と住んでいた時、ついに一度もローストビーフは作ってるの見たことなかったんですが(笑)たいていチキンかラムだったので。それと付け合せににんじん、ブロッコリ、シュガースナップ(肉厚の絹さやみたいな豆)、いんげん、そしてローストポテトです♪ 美味しかったヽ(´ー`)ノ ゲイルはお料理「は」上手なんですよね。...いや、彼女の家に行ったのは実に久々でしたが、久しぶりに行くとかなり精神的ダメージが(^-^;  めっちゃくちゃ散らかってるので(笑) 住んでいた頃は免疫できてたんだけど、やはり久々に見るとかなり来るものが(爆 写真は居間でこっそり撮った写真。視野的に一番あんまり散らかってないところしか撮れなくて残念です(ぇ 実際はこの7割増しくらいで散らかっておりますヽ(´ー`)ノ

とりあえず皆さん元気で何よりでした。アリステアは転職したそうで、以前の薬局勤務よりもう少し専門的なプロジェクトをやっているみたいで活き活きしてました(彼は薬学部卒)。次回は是非ダンカンにも会ってみたいです(笑) そういえば、食事前に居間で用意ができるまでアリステアとしゃべっていたんですが、彼も、おばあちゃまも黙々と宛名書きをしていたのでそれはなあに?と聞いたら、アリステアの友人が選挙に出ることになって、その選挙活動のためのボランティアなのだそうです。おばあちゃまも孫のためにがんばってたんですね(笑)ほほえましかったです。アリステアは明日仕事ということで食後、慌しくロンドンに向けて旅立って行きました。一応、大急ぎでデザートを作って持って行ったんだけど、美味しいと誉めていただきました(*ノノ) ...失敗作なんだけど(マテ イチゴがあったので蒸しケーキを作ってみたんだけど、なんかイチゴが多すぎてちょっと微妙な感じだったヽ(°◇° )ノ まぁ好評だったからいいか。



4月3日(日)20:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

絶句

まずは法王様のご冥福をお祈りしたいと思います。宗教家としての彼については私はわかりませんが政治的にも偉大な人だったと思います。



そして、そんな話題の後に恐縮ですがどうしても一言いいたいので今日の話題はコレです。


Dyer & Bowyer in amazing punch-up
Dyer & Bowyer apologise for brawl

日本語のニュース探したけどやっぱありませんでした(苦笑)この日記を読んでいる人は誰も興味ないだろうとも思うのですが

しかしヽ(`Д´)ノ やはり書きますヽ(`Д´)ノ
だって、呆然としちゃったんですもの。どういう話かと言えば、昨日のプレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッド対アストン・ヴィラ戦でニューカッスルのプレイヤーであるダイヤーとボウヤーがいきなり試合中にピッチで殴り合いの喧嘩をしたんですね。
うぅ...信じられない_| ̄|○ 
謝罪会見でダイヤーは
「俺たちはチームメイトで、二人の間には(兼ねてから)いさかいがあった。でも5万人の前で争うべきではなかった。」と言ってますが...

(゚⊿゚)けっ...

イギリスはかの有名なフーリガンでもわかるようにサッカーの世界はかなり荒っぽいというかはっきり頭悪い人が多くて困りますね┐( ̄ヘ ̄)┌  私の愛するニューカッスルは困ったことにこの手の困ったチャンな選手が多いので、ちょっとしたトラブルにはもうなんとも思いませんが(それもまた嫌な話だけど)、さすがにこれはどうよヽ(`Д´)ノ と思います。
しかも、チームは今、二つのカップ杯を争って準決勝に挑もうとしていた大事な時期なのに...二人ともまがりなりにもイングランド代表なのに(´・ω・`) この際なので厳しい処分を期待したいところです。まったくヽ(`Д´)ノ 



4月3日(日)07:58 | トラックバック(0) | コメント(4) | イギリスのサッカーシーン | 管理

法王の死目前にして

イギリスは正確にはカソリックの国ではないとは言え、英国国教会はカソリックの分派のようなものでもあり、どんなに宗教離れしているとは言えど、やはりキリスト教文化圏の国だなとしみじみ思わされたここ数日でした。

ラジオを終日つけていたら、ニュースの度に延々と法王の病状の悪化を伝えていて、なんだか昭和天皇の崩御の時を思い出しました。それだけ法王が重い存在だという事ですが...でもちょっと釈然としないものもあったり(´・ω・`) キリスト教はあくまで神様とキリスト、そしてマリア崇拝の宗教なのに法王をここまで聖視するというのはなんか変な気もするのですがどんなもんなのでしょうね。もちろん偉大な方であったのは確かだし、尊敬するのはわかるんですがどうも信者の表現はそれをはるかに越えている... 

というのがキリスト世界の外から見た私の正直な感想なのですが、イギリスのメディアの伝え方では、キリスト世界の外側でもこの偉大な法王の死を等しく重大なイベントと受け止めているというような解釈をしていて、これまた釈然としない(笑) もちろん大ニュースではあるでしょうが...

今日は世界中で法王のためのミサが行われ本当に多くの人が祈っていたはずです。サン・ピエトロ広場では巡礼者達がひたすらその時を待ち続けているようです。宗教で繋がっている人たちにとっては教会の聖職者は自分の親や身内と等しいのかな。私は漠然とした神の概念は自分の心の中にありますが特にどの宗教と決めて信仰していないのでやはりこういうのはよくわからないのです。

でも人の祈りはすごく力を持ってますよね。以前にサン・ピエトロ寺院に行った時に、主祭壇のあたりでそのパワーに圧倒されたのを覚えています。あそこは明らかに空気が違った。聖なる場所というのはこういうものなのだと実感できる場所でした。



4月2日(土)01:33 | トラックバック(0) | コメント(8) | 日々のたわごと | 管理

シアラー現役続行

今日は朝からラジオはずっとローマ法王の病状の深刻さを伝え続けて重い空気が漂ってますが、そんな中でなんとわがニューカッスル・ユナイテッドの生き神様アラン・シアラーが前言を撤回して来期12ヶ月の現役続行を決意して契約を結んだ旨のニュースが!来年はプレイヤー兼コーチとして現役続行だそうです。

シアラーは以前からこのシーズンで引退すると強い意思を示していたんですね。イングランド代表への復帰も何度も何度も取りざたされ、その度に鉄の意志でそれを拒否してきたシアラーなので現役引退も固いかなぁと思っていたのですが...今シーズンのマグパイスがあまり調子が良くなかったのもきっかけになったのでしょうか? 後半上り調子で今はカップ杯を争ってるとは言え、プレミア自体は10位ですしね(´・ω・`) 

ジャッキー・ミルバーンの持つゴール数のクラブ記録まであと9と迫っている事も心の中にあるのでは?というマスコミの分析には、それは関係ないと否定してます。まぁ、シアラーって常にクラブのためとかファンのため第一で頑張ってきた人なのでそれが主たる理由ということはないでしょう。でも1年延長することによってほぼ確実に記録は塗り替えますね。本当にその記録にふさわしいプレイヤーなのでその日を楽しみに待ちたいと思いますヽ(´ー`)ノ そして今度こそシアラーに素晴らしいラスト・シーズンをプレゼントすべくガンバレ、マグパイスヽ(`Д´;)ノ

※ご存知ない方へ(笑)
マグパイスというのはニューカッスル・ユナイテッドFC(サッカー、イングランド・プレミアリーグの中堅チーム)の愛称ですヽ(`Д´)ノ現在、天才スキッパー、シアラー様と、同じく生き神様である守護神ギブン様(←わたくしの最愛のお方(*/∇\*)キャ)が中心となっている素敵なチームです(ぇ 街ぐるみでサポートされていていい感じなんですよ^^



4月1日(金)12:23 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスのサッカーシーン | 管理


(3/3ページ)
最初 1 2 >3< 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | 恋活 | 家電バーゲン
放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット