英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年4月を表示

イギリス版消費者金融

イギリス社会は今でもまだまだ小切手が日常生活で使われている社会です。こちらに来るまで小切手帳なんて見たこともなかった私。初めて手にした時はちょっとうれしかったです(笑)なんせ、ここでの生活はこれなしにはうまくいかない大事なものなのですヽ(`Д´)ノ まぁ、さすがのイギリスでもカード社会化はずいぶん進んでいるので一昔前のようになんでもかんでも小切手という感じではなくなってるけど、家賃の支払い、電話代や電気代などの支払い、はたまたネットオークションの支払いなどにもまだまだ活躍中です。使い慣れるとこれはこれで便利ヽ(´ー`)ノ

ちなみに使い方はといえば支払いたい金額を書いて支払うあて先を書いて、自分のサイン、日付などを入れ、相手に渡すと、後日その小切手をもらった人(店)が換金手続きをして、お金はこちらの当座口座から落ちる、という感じです。金額をアルファベットで書かないといけないのでたまに度忘れして数字の言い回しがわからなくなる(*ノノ)ぇ 在住の皆さんそんなことってないですか?(ないだろうな)

しかし、この小切手、使う際の処理にちょっと時間がかかるのでスーパーのレジなどで直前の人がおもむろに小切手を取り出して支払おうとした暁には違う列を選べばよかったと後悔することうけあいです(ぇ いや、スーパーあたりだとなまじ人の手間をはぶこうと、レジの機械に小切手の自動印字装置がついてるんですね。この印字装置が遅いわ、よく失敗するわで…┐( ̄ヘ ̄)┌  

なんか話がそれたーー; 今日の本題はこの小切手で給料などの前借をするシステムのお店があるんだよ、ということだったりヽ(`Д´)ノ 写真を見ると看板にPAYDAY ADVANCE(給料日前倒し)とかでかでか書いてあるのがわかると思うんだけど、例えば100ポンドの小切手を切って、ここのお店に渡すとその場で90ポンドくれるわけです。そしてその小切手は後日、給料が入ってから引き落としになるんですね。なんか結構暴利だと思うんですが…(^-^; まぁ、日本の消費者金融と一緒ですよね(笑) システムはちょっと違うけど。結構あちこちで見かけるので全国的にポピュラーなシステムなんだろうなぁ。



4月18日(月)02:55 | トラックバック(0) | コメント(2) | 英国ってこんな国 | 管理

心の栄養

ミーティング明けなのでようやくまっとうなご飯を作れましたヽ(´ー`)ノ
ここのとこ何がなんだかわからないものを食べ続けてたけど、やはり食は基本、ちゃんとしてないと心がすさみますよねぇーー;

とにかく和食~ヽ(`Д´)ノ な気分だったので冷凍のcod(真鱈)をショウガ醤油に漬けてからから揚げ、大豆とひじきの煮物、そして麦ご飯です。味噌汁
付けたいところですがそこは我慢(´・ω・`) ささやかな幸せ堪能しました(笑)
う~ん、毎日こういうご飯作れればいいんですが。



4月17日(日)23:44 | トラックバック(0) | コメント(7) | クッキング | 管理

FAカップセミファイナル

今日は本当ならロンドンマラソンの話題でも書くべきなのでしょうが私的にはやはりこれ、FAカップです。
覚悟はしてましたがニューカッスル敗退です(ノ_・。うぅ... でもマンUが圧倒してたし力の差は歴然としてて仕方ないって感じでしょうかーー; でも試合の後、サポーターも選手も素直に相手を讃えるみたいな感じで泣けました。しくしくしくしくしく...(しつこい) シアラーまた流血してましたがだいじょぶかな。彼のためにも決勝進んで欲しかった(誰もがそう思ってたと思うけど)。

我が愛するギブン様はお腰が痛いのに頑張ってました。やはり神様・゜・(ノД`)・゜・ そしてレンジャーズから移籍してきたブームソンがいい働きを見せてました。彼は試合前のインタビューでこういう大一番の試合に出たいがためにスコットランドからイングランドに移籍してきたので気合が入る、と言ってたんですが、その通り、素晴らしかったです。DFの弱いニューカッスルなので今後に期待かな。

それにしてもマンUまともに見たの久々でしたがいつの間にかリオが変な髪形になってるしーー;あやしいよ、あれ... アラスミ君も久々に見ましたが相変わらず麗しいお顔でした(ぇ でも彼は最近素行も大人しいらしいですね。なんかつまらない(マテ ←彼は暴れん坊で、リーズにいた頃は赤紙コレクターとして有名だったのです。

TV中継を見ていたら、VIP席にはなんとアント&デック(イギリスで若者に絶大な人気のあるタレント二人組)、そしてロビー・ウイリアムズが来てました。君たち忙しいのにはるばるカーディフまで...(呆 有名人といえどしょせんイギリス人ってことですね。はっはっは。といってもアント&デックは当然ニューカッスルの応援に来たんだろうから(彼らはニューカッスル出身。ロビーはマンチェスターなので当然あっちの人ですな)、ご苦労様と言っておきたいと思います。負けちゃったけど・゜・(ノД`)・゜・



4月17日(日)16:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | イギリスのサッカーシーン | 管理

おめでとう

おらが街のクラブ、タイガースこと、Hull City FCが今日の試合を持って来期の昇格を決めましたヽ(´ー`)ノ  いよいよChampionship(プレミアのすぐ下のリーグ)に挑戦です。Hullに来た頃はこんな日が来るなんて夢にも思いませんでしたが...う~ん、感無量。どこまで資金力が続くのかわかりませんがここ2シーズン、すんばらしい猛進撃だったので、是非この勢いを落とさず来期もがんばってほしいですヽ(`Д´)ノ

おそらく今晩はHULLの街は大変なことになってそうです(ぇ 元々HULLの街では週末は泥酔した人たちによる喧嘩や、急性アル中での救急車騒ぎなどが後を絶たないんだけど、きっと今日は輪をかけて大変なことに...--; 間違っても今晩の街には出たくないです(怯) 実は昼間に街に出たんだけど既に雰囲気がそこはかとなく怪しかった(^-^; こんな日に街に出ようものならあっという間に酔っぱらいに囲まれて、上海のデモ見物で怪我をした人の二の舞に(ぇぇ うっかり入院とかなったらそのままMRSA感染して死んじゃうかも~(;ノノ) ←言い過ぎ

今日は先日おごってもらっちゃったインドネシア人の友人にお返しをすべくオールドタウンに去年できた新しい中華バッフェのお店にランチをするのが目的ででかけたのですが、街に出たついでに、食後にみんなと別れてからちょっと不便な場所にある大きな文房具屋にペーパークリップを買いに行きました(´・ω・`) この国、なんか文房具があまり豊富じゃないのよね。日本だったらその辺でいくらでも買えるようなものが専門店に行かないと買えないし、そもそも専門店もあんまりないしで。不便でございます。



4月16日(土)19:15 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスのサッカーシーン | 管理

ハウスの近況

ミーティング終了です。でも来週の金曜またミーティングになったので休む暇もなくこのまま修羅場続行の気配ーー; とはいえ、週末は少しスローダウン予定です。今日はとりあえずジャーナル投稿用の原稿の直しを持っていったくらいであまり進展がないのでした(´・ω・`) なんせ指が相変わらず痛くて困っているのです。寝てても痛いし、タイプするとこれまた痛いしで。専門医の予約はいつになるやらだし、まったくヽ(`Д´)ノ という話を教授にしたら、

「おぉ...それは困ったね...うん、それはあれだよ、リウマチ。僕もね、指の関節に液たまっちゃって朝起きるとこわばっちゃって、反対の手で動かしてやらないと動かないんだよ、困るよね、これ」
「Σ( ̄ロ ̄lll) い、いや先生...リウマチは両側なるって言いますし、違うんじゃないかと...(汗」
「いや、きっとそうだよ、うん、絶対そう。」

勝手に70近いじいさんと一緒にしないでぇ・゜・(ノД`)・゜・

というわけで、無事(?)ミーティングは終わったのですが、懸案のドラマの話はちょっと気力が復活してから書くことにして、今日のところはしばらく触れてなかったハウス内の近況などを...

イースター休暇が明けてから、普通の学生はみな学年末に向けて提出物に追われたり、研究発表があったり、忙しくしている時期なので、ハウス内もなんだか静かです。みんな図書館やら自室やらにこもってるから(´・ω・`) そんな中、今週はバーバラのお母さんがオランダからやってきて、先日は親子仲良く台所で料理などしていてほほえましかったです。バーバラも、お母さんがたくさん食材担いできたので幸せそうです(ぇ 彼女は5月早々に授業が終わり次第オランダに帰るとのこと。向こうでバイトしながら修論書くらしい。博士課程やる前にお金を稼がないといけないんだよね。それで日本に英語教えに行きたいと言ってます(*ノノ) 英語ネイティブじゃないけど、でも完璧にネイティブなしゃべりなんで問題はなさげ(笑)いくつか語学学校の問い合わせ先でも紹介することにします(ぉ

マーティンにはあまり会わないけど、夏に奥さんを呼ぶためにビザ取ったらしいです。彼はまぁ9月か10月くらいまでこっちにいるのかな~? ベティちゃんは全く持って不明です(笑)そもそも彼女のコースには修論があるのか、それともグループ・プロジェクトだけなのか、それも知らないし。まぁ、でも遠くから来ている学生はたいてい夏の終わりまではいるかなぁ?

そしてナスターシュですが、彼は先日怒りまくってました(笑) 何にって、指導教官にd(・_・)なんでも、レポートのために教官に資料(ケーススタディの)を出してもらう約束をしてたんだけど、それがいろいろあって締め切り前々日にもらえるはずが、彼がオフィスの鍵を忘れたおかげでもらえなくなったとかなんとか(´・ω・`) かなり怒ってました。それというのも彼はこの後、もう一つ修士をやって(たぶんMSc by researchをやって途中でPhDにトランスファーを考えてるのかも)、そして博士に進みたいんですね。となると成績が重要になってくるわけです。普通博士進むにはファーストもしくはその下の成績を取らないと進めないので...だからあせってるわけですな(´・ω・`) でもね、よく考えてみると、休みは自主的に早めに開始しちゃうわ、帰りも自主的に延長しちゃうわで授業もいっぱいサボってるし、なのに成績にこだわるってどうよ、と思うのは私が日本人だから?(*ノノ) まぁ、そんなわけでここ数日は修羅場っておいでのことと思いますが私自身が修羅場ってて、料理もしてないし、まともな時間に部屋から出てないので誰にもあってないから状況はいまいち不明(´・ω・`) ぇ ちなみにナスターシュも5月に入ったらギリシャ帰っちゃうようです。もうイギリスには一分足りとも余計にいたくないといった様相です。

う~ん、来月になると一気に寂しくなりますね。といっても、その後、他の家を追い出される学生がここの家に回されてくる予定なので夏は夏で誰かしらいるとは思うんだけど。問題は新しい面子になるとまた教育が始めからになるということで(´・ω・`)ぇ それにバーバラいなくなると掃除するの私だけになっちゃう・゜・(ノД`)・゜・ それが一番怖いです;; どうなることやら...



4月15日(金)19:48 | トラックバック(0) | コメント(3) | スチューデントハウス生活 | 管理

例のごとく

明日のミーティングに向けてよろよろ勉強中なので、それが終わってから更新したいと思います(ノ_・。

先週終わってしまったTVドラマの話がしたいの~・゜・(ノД`)・゜・ 



4月14日(木)07:12 | トラックバック(0) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理

友人のViva

今日は、先日日記にも書いたインドネシア人の友人のvivaでした。vivaというのは日本語で言うところの口頭試問というやつで、博士課程の場合、論文を提出した後に受けなくてはいけない試験です。学内から一人(自分の指導教官ではない人)と学外から一人の試験官からの質問に答えていく試験で、平均すると2時間くらいのものです。中には4時間以上かかったという気の毒な人もいますが...(^-^; みんな、前の晩は眠れないわ、やたらトイレは近くなるわ、ナーバズで大変な思いをして受けるのですが、これが終われば晴れて博士様になるわけです。友人も例外でなく夕べは眠れなかったようですが、終わって何よりヽ(´ー`)ノ

夜は彼女の指導教官とその奥方、そして彼女の友人連中でタイ料理を食べに行きました。そこのレストランは前に行った時はひたすら塩からくて大変だったのだけど、今日はまずまずの塩加減でしたd(・_・)なんでだか知らないけどイギリス人は中華とインド料理とタイ料理が好きですねぇ。うちみたいな田舎でも何件もあるし。

レストランで、ウエイトレスのタイ人の女の子がけげんそうな顔で私を見るので何かと思ったら、いきなり「タイ人?」と聞かれてしまった(爆 いままで様々な国人に間違われてきたけどタイ人と言われたのは初めてっすヽ(´ー`;)ノあ、でも、マレーシアって言われたことはあるか(汗 スペイン人とかよく言われます(何故) 少なくとも日本人には見えないらしく、初対面の日本人と英語でしゃべってて、後で日本人だとわかった時も死ぬほど驚かれるんですよねーー;両親とも100%日本人なのに...釈然としない...一体私の顔ってなんなのだ。

というおまけ話もついてしまいましたが、私以外は東南アジア研究や文化人類学の人だったので、普段と違って新鮮な会話を楽しんでまいりました。やっぱサイエンスとは抜本的に世界が違う...
そして何故だか今日の食事は主役である友人が払ってしまいました( ゜┓゜)「今日は私のお祝いだから^^」って、普通祝われる人の分を私らが払うもんじゃ(笑)というわけで後日彼女を連れてどこぞに食事にでも行きたいと思います。 



4月13日(水)06:52 | トラックバック(0) | コメント(3) | 日々のたわごと | 管理

癒しを求めて

しばらく快調だったのに、イースターからこっち、すっかりペースが狂ってしまって、いまいち論文が進まないです。おかげで精神的プレッシャーがきつくてぐるぐるしてる私(´・ω・`) 癒されたくて久しぶりに花なんぞ買いました。フリージアは子供の頃から大好きな花なのです。あのくどくない、でもすごく強い香りが気持ちいい。

フリージアというと黄色や白がメジャーかな~と思ったんだけど、店先でつい赤に目が行ってしまいました。部屋に飾ってみたら、うん、いい感じになりました。でも心が落ち着く色ではないですな。落ち着いてる場合じゃないと思ってる自分の現われなのかしら。

フリージアを買った時に、この際だからとグリーンも一鉢買いました。帰国のことを考えるとなかなか鉢は買いづらいんだけど、先日友人にも勧められたのでちょっと決断を。 Chamaedoreaというテーブルヤシです(・_・)ノ
↓こんなの。写真撮る暇がなかった。
Chamaedorea

これを枕もとの電気スタンドの横に並べて置いたらとても和みました。やっぱり植物の力ってすばらしい。 ...ちなみにこの子の名前はジャン・ポールと名づけました(何 毎朝声かけしております(笑)



4月11日(月)09:39 | トラックバック(0) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理

TAKE罪やってる方へのお知らせ

昨日荒らしさんがいろいろやっていったせいなのかなんなのかわかりませんが、これまでのサーバーで不具合が発生したため、サーバーが移動しました(´・ω・`) 本館の方から入れるようになると思いますが、念のためここにも新しいアドレス書いておきます。前のアドレスに入れず困ってる方はこちらからどうぞd(・_・)


TAKE罪と罰


それにしても荒らしの人、誰にも相手してもらえなくても楽しいのかな(´・ω・`) 私にはわかりません...



4月10日(日)20:48 | トラックバック(0) | コメント(2) | ネットライフ | 管理

グランド・ナショナル

ロイヤルウエディングの延期のとばっちりでレース開始が遅くなってしまった今年のグランド・ロイヤル。このレース、イギリスの競馬の花とも言われる大レースで、7kmにも渡る長い障害レースです。全部で30もの障害を越えなくてはいけないのですが、40頭もの馬が同時に走るため、そもそも完走率の低いレースでレース中に多くの騎手が落馬して、馬だけ走っていたりします(笑) でもそれだけに見ていて非常に面白いレースです。

グランド・ロイヤルの長い歴史の中、未だに女性騎手が優勝したことは一度もないのですが、今年はキャリー・フォード騎手が初優勝を飾るかどうかも注目の的でした。オッズはそこそこで結構人気はあるようでしたが、新聞のオッズ欄には賞金か、キャリーか(Cash or Carrie?)、みたいに書かれてたので、それほど優勝を期待する人も多くなかったのかな(笑)

というわけで今年のグランド・ナショナルは一番人気だったルビー・ウォルシュ騎乗のHeadgehunterが優勝でした。彼は2000年に若干20歳で優勝した経験があるので、もちろん大本命ですが、去年は3位につけていての落馬という結果に終わっていたこともあって、実にうれしそうでした。件の女性騎手キャリー・フォードのForest Gunnerも5位完走は立派な結果でした。たぶん女性最高位でのフィニッシュだと思います。 

しかし、ロイヤル・ウエディングにあやかってRoyalが名前についている馬が勝つんではというジンクスを証明するがごとく見事な勢いで走っていたClan Royalは気の毒でした。何が起こったのかわからないうちにリタイアしてたーー; レースの後で確認したら、騎手を落としたまま走っていた他の馬に引きずられるようにコースアウトしてました(^-^; まぁ、これもまたグランド・ナショナルっぽい出来事ですが(苦笑)



4月9日(土)17:12 | トラックバック(0) | コメント(2) | 英国ってこんな国 | 管理


(2/3ページ)
最初 1 >2< 3 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 恋活 | 家電バーゲン