英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年6月30日を表示

ロンドン最終日(6月30日)

午後一の列車で帰るので、今日は買い物だけの予定だったんだけど、実は昨日やりそこねたことがあったので、それをしてから帰ることに。昨日、朝のうちに実はテンプルに行ってきたんですね。テンプルというのは駅の名前にもなってますが、テンプル騎士団(十字軍の時に巡礼たちを守るために設立された騎士団)のなごりの建物があるところです。あまりその辺詳しくなかったんですが、今はここは弁護士さんたちの巣だったんですねー(笑 歩いている途中で、スチューデントフラットとかいう表示があって、学生ってなんだろう??と思ってたら、ロンドン4大法学院のうち二つがここにあって、またバリシター(法廷弁護士)たちがオフィスを構えているのだそうです(オフィスのことをここではチャンバーというんだそうでなんかそれっぽくて素敵です♪)。

このテンプルの内部はたくさん建物があるんだけど、観光客的な見ものはミドルテンプルホールというエリザベス様式の美しいホールと、テンプル教会。このテンプル教会はかのダ・ヴィンチ・コードで舞台となったおかげで最近は観光客多くて大変みたいです(笑 私はあの本以前からずーっと行ってみたいと思ってたのですが、なんせこの教会、観光客にとっては非常に曲者でして… 一日のうちほんのわずかな時間しか公開してないんですよねーー; しかも毎日開く時間が違う_| ̄|○ というわけで、実は昨日も事前情報を元に行ってみたら、案の定公開時間が変わっていて、フェスティバルに行く時間とかぶってしまっていたので、今日再度行ってきました(・_・)ノ 

最近の観光客の傾向を慮って、時々、教会のMaster(教会の長に当たる役職)がダ・ヴィンチ・コードとテンプルについての講釈をしてくれるのだそうです(笑)ロンドンに住んでいるんだったら一回聞きに行ってみたいところなんだけど、そのためにロンドンに行くわけにもいかないので残念ですが私は聞けませんヽ(´ー`)ノ 誰か行くことあったらどんなお話を聞かせてくれるのか教えてね(ぇ

というわけで長年の野望であったテンプルをついに制覇した私は昼過ぎの列車で帰路につきました。帰りの列車は爆睡ですーー; もうへとへと… でも、帰ってからは今度はPCの環境設定がんばりました( ゜┓゜)ようやくこれで部屋でネットもつなげ、論文作業もできるようになりました。部屋は引越しの片付け途中で放置プレーなので、見苦しいことこの上ないですが… でも広いので見なければ快適です(ぇ ま、まぁ、後はゆっくりやりますさヽ(´ー`;)ノ

PS.いろいろ写真も撮ったのですがまだデジカメちゃんから写真をアップロードするための設定をしとりませんので、それをしてからアップいたします。しばしお待ちを( ゜┓゜)今日はもうだめっす(笑)力尽き~


※その後なんとか画像アップしました(・_・)ノ






6月30日(木)22:29 | トラックバック(0) | コメント(3) | 日々のたわごと | 管理

ロンドン2日目(6月29日)

今日は今回のロンドン滞在のメインイベントの日です。ハイドパークで数日に渡って開催されているWireless Festivalに愛するKEANEが出るため、そのために上京してきたわけです(PCの引き取りは後から便乗した(笑))

しかし、よく考えてみたら、もともとそれほど気合の入ったロックファンではないのでフェスティバルなんぞ一回も行ったことない私でした(´・ω・`) いや、野外の似たようなものとしてスカパラの夏祭りとかなら行ったことあるけどさ(ぇ というわけでこういったイベントではどのような行動を取るのが正しいのかいろいろ考えてみたんですが、さっぱりわからずーー; なんせ、開場14時、音楽は16時から。そしてKEANEは本日のヘッドライナーなので登場は夜21時(笑 さすがに14時から終了予定の22時すぎまでずーーーっと立ちっぱなしは体がもたないんではないかと悩んだ私。いっそ夜になってから行ってKEANEだけ聞くのもありかなーとも思ったのですが、やはり、後ろのほうで遠巻きに眺めるのも切ないかなぁと(笑 なんせ、もうこの国にいる間に生KEANE見る機会ないかもしれんと思うと(なんか知らんけど、今年は延々とアメリカツアー中なのです。夏のフェスティバルシーズン終わったらまたアメリカ行くしーー;)ここは体力の限界にチャレンジすべきかもと馬鹿なことを考えた私でした(笑

まぁ、結局諸般の事情により開場時間にはいけなかったんですけどね(笑 結局15時すぎに入場しました。ステージ前はどうなってるんだろうと思ってたんですが、皆さんのんびりしてました(笑 最前列だけはきちんと場所取りって感じだったけど、後はみんな適当に芝に座ってビール飲んでる(笑 考えてみれば去年KEANEのライブ行ったときも、開場1時間前までは誰も並んでなかった(苦笑 この国のライブは日本と違って延々並んだりしないものなんですな。というわけで2列目で余裕でステージ眺めてました。しかも、前にいたお姉さま方がお目当てのバンドが終わって去っていったので、KEANEの順になる前にしっかり最前列ゲットいたしました(*ノノ) 去年のライブと違ってさすがにステージ巨大なので最前列でも遠いですけどね^^; でもさえぎるものがないのはいいことです。しかも柵によりかかれるので楽だし。日本と違ってコンサートでデジカメとか携帯で写真撮るのも自由なので(本格的な望遠レンズとかは禁止)、ちょろちょろ写真撮っていい記念になりました(笑 もちろんステージ遠いし、ただの記念ですけどねd(・_・)

ずっとステージ前にはりついてたのでフェスティバル内のいろいろなお店やらアトラクションやらはまったくご縁ありませんでしたが楽しかったです。時々、水散布のお兄さんたちが回ってくるのですが(背中にタンクをしょって、農薬散布かのごとく人の頭に水を噴霧して去っていくのです(ぇ これ、なかなかありがたいシステムです(笑 日光が燦燦と照ってる時はこれないと体温上がりすぎちゃうので… このおにいちゃんたちはAngelsと呼ばれていてタンクをしょった背中に白い小さなかわいい天使の羽もついてます(ぇ コンサート中も最前列の柵とステージの間に立ってる警備の人たちが時々水を配ってくれるし(もっとも、去年のライブの時はエヴィアンのボトルなんぞくれたけど、今日はバケツの水を紙コップに入れてくれた(笑))。

肝心の音楽はといえば、楽しかったです。今まで聞いたことのないバンドの演奏を聞くのも楽しかったし、KEANEはやっぱり何度聞いてもいいわぁ( ゜┓゜) アメリカツアー中にトム(ボーカルの人)がアメリカ太りするんじゃないかとおぴえてたけどだいじょうぶだったし(ぇ 

演奏終了後、まっくらなハイドパークからいったい全体この人波の中、どうやって帰っていいやらさっぱりでしたが、適当に人の流れに沿って道に出て、その辺にいたバスに飛び乗りました(・_・)ノ ヴィクトリア駅に出ればいいかと(笑) ヴィクトリアからは地下鉄で帰ればいいしね。ヴィクトリアにつく頃にはいきなり滝のような雨が降ってました… いやぁ、コンサート中に降らなくて本当によかった。カミサマありがとー♪









6月30日(木)22:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

ロンドン1日目(6月28日)

今日からロンドン2泊3日の遠征です。本日の予定はといえばまずはともかく修理の終わったPCちゃんを回収することでございます。そして、夜には久々にミュージカルじゃ。最近ロンドンにめったに行かない上に、行くとしてもたいてい日帰りなので、ミュージカルだの、コンサートだのに行く機会がなかったんです
よね。今回はいろいろ考えた結果2泊もすることにしたので行けることになったのでした。へへへ… ほんとは春から始まったBilly Eliot the musical を見たいところなのだけど、さすがにまだ切符取るの大変じゃろう… そのほかにも見たいものたくさんあるんですが(We will rock youもManma Miaも見てないし、メリーポピンズも気になるし、ユアン見たさにGuys & Dollsもいいなぁと)、今回は大昔から
みぞびれていたオペラ座の怪人にしました。 見た感想はといえば…

シャンデリアがちょっと期待はずれでした(ぇ

怪人はかわいそうさがよく出ておりましたです。ラウル役の兄ちゃんかっこいい…と、なんだか感動とはあさってな感じの感想を抱いて劇場を後にした私でした(笑 妙な前知識はあると邪魔です(苦笑

最近、(私なりには)つましい生活をしているため、今回ロンドンの宿も、如何にして安く上げるか、いろいろ考えた私だったのですが、夏だからちょうどいいやと思った大学寮(ロンドンのいろいろな大学が学生寮を夏の間、格安の宿として運営しているのです)は最低3泊からとか言われて挫折;; 結局ゾーン2のフィンズブリーパークにあるホテルに決めました。このあたりはアーセナルの本拠地ですね。やたら有色系の住民が多いので、一瞬どこの国かさっぱりわかりませんが、もう少し行ったあたり、ハックニーのように怖いエリアというわけではない(はず)です(ぇ ホテルは思ってたより大きくていいホテルでした(笑 まぁ、受付のおっちゃんは愛想なかったですが。でも部屋は狭いとはいっても、床も沈まないし窓もちゃんと開くし、しかも絶対ないと思ってたのに部屋にシャワーが! しかも水圧もばっちり、お湯もちゃんと出るんですよ(ぇぇ ←如何にイギリスの安ホテルが恐ろしいかを物語ってます(笑 2日目にタオル交換してくれてたのにもびっくりいたしました(爆 というわけで、思っていたより快適な滞在になりました(笑 部屋静かだし、コンチネンタルだけど朝食もついてるしね。これで一泊37ポンドはお安いでございます。ロンドンに比べ、家賃相場3分の1のハルでさえ、ホテルに泊まればそのくらいはするはずなので… 私がロンドンで良く泊まるホテルってだいたい70ポンド前後だったんですが、それと比べても満足度も変わらずーー;(70ポンドのやつはもう少し中心部だって以外にとりえはないです) 今度またロンドンに来るときはここに泊まろうかな~♪



6月30日(木)22:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS