英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年6月15日を表示

Royal Ascot at York

今年もロイヤル・アスコットの時期がやってまいりました。今年のロイヤル・アスコットは特別なのです。現在アスコット競馬場が大改装工事中で使用不可能なため、ヨークに場所を移して行われているんですね。ロイヤル・アスコットがよその場所で開催されるのは300年ぶりだそうです(っていうか300年前にもやってたのか…)。

競馬はそもそも英国らしいスポーツでもあり、由緒正しい社交場でもありますが、ロイヤル・アスコットはその中でも別格といった感じでロイヤルの名の通り王室の皆様もおでましになるし、この国のセレブというセレブがこぞって集結する華やかな社交イベントでもあります。そんな場なので、パドックに行けるような席に入る場合はかなりしっかりしたドレスコードがあって、一番敷居の高い(普通の人は入れない)Royal Enclosureの場合なんかだと、女性はformal day dress with a hat、男性はblack or grey morning dress, including a waistcoat, with a top hatとなっているのです。ちなみに外国人は自国の衣装でも構わないので日本人の女性でしたら振袖とか着ちゃってもよろしいかと。まぁ、私には一生ご縁がないでしょうが、こういった正式な服装をしたゲストの方々をTVで眺めるのは楽しいです(笑 特に毎年女性の帽子はかなーり気合の入ったものをお召しになる方もいるので面白いです(どんなのかはこちらをごらんください(笑))。毎日レース前にある王室の皆様の入場パレードも今日のお召し物は何色かしらとわくわく見る私でした(ミーハー)。



今年はちと出歩く用事が続いていてあまり見れてないのが残念です… さきほど写真を見たら、初日の女王様のピンクの服がかわいらしかったです^^ こういうかわいいピンクの似合う老人になりたいなー♪

というわけで今週のヨークはにぎやかです。競馬場だけではなく、市内でもさまざまなイベントが企画されてまして、中心の広場でコンチネンタルマーケットが開催されているとのことでちょろっと覗いてきました。思ってたより規模も大きくて充実してました(←しょぼいと信じていた)。アルザス産のソーセージなどを買ってうきうき帰ってきた私です(笑 ヨークはいつ行っても素敵な町だなと思います。もうちょっと近ければもっといいのに(ぇ ※バスで1時間半くらいなのです。



6月15日(水)21:45 | トラックバック(0) | コメント(2) | 英国ってこんな国 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 恋活 | 家電バーゲン