英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年6月23日を表示

暑い夜

昨日は超寝不足のところをたたき起こされ、いきなり引越しの話を聞かされたりして終日不機嫌だった私。さすがにバーバラの顔を見るのもムカツクーということで暑いのに部屋のドア締め切ってました(馬鹿)。一晩寝たらちょっと気が済んだけど(笑)。

でも夕べは暑かった… 外は涼しいんですけどね。というのも、昨日の朝やってきたメンテナンスのおっちゃん達(4人も大挙してきやがったのですが)が、この家の湿気っぷりの調査のためだかなんだかで、廊下や台所にある暖房をつけて去っていったんですね。明日まで消さないでと言い残して。ただでさえ暑くて最高気温がどうのこうのいってる時にひどい話です;; しかも、アコモデーション・オフィスに手続きに行った時に今朝メンテナンスが来て引っ越さないといけないって言われた話をしたら、メンテナンスは私たちが退去する月曜まで入っちゃいけないことになってるのにおかしいわね…とかいわれましたさーー; あぁ、イギリスだ…(こんなのばっかりですので)

スチューデントハウスって基本的にあまりプライベートが尊重されてなくて、大学側やメンテナンスが四六時中勝手に家の中には入ってくるし、個人の部屋に入るのにも当人の許可なんか一切求めないんですよね。一応その場に本人がいるかどうかはノックして確認するけど。そのせいでものの盗難とか紛失とかの被害も結構日常茶飯事だし。私もここの家に来たばかりのころ、腕時計一個なくなった;; メンテナンスの人がヒーターを直しに来てたんだけど、タイミング的にその人しか考えられないんですよね。私ほとんど部屋にいたし。

プライベートのなさはホテルみたいなものだと誰かがいってたけど、だったらそれなりのサービスを期待したいところなんですが(笑 一応週に一回クリーナーが入ることになってるんだけど、毎週きちんとこない事も多いし、第一、掃除が超いいかげんで… 台所とか掃除機かけないでそのままモップかけたりするんですよね。イギリス式なのかしら(嘘 

昨日、とりあえず引っ越し先と予想される部屋を外から眺めてみました。それで気づいたのは、あそこの家って、窓がほとんど開かないタイプの家だった;; たぶん天窓みたいなところが少しだけ開くやつなんだよね。この夏、もしずっとこんなに暑かったら、私、生きていけないかもしれません(ぇ とりあえず2階より1階の方がずっと涼しいのでなんとかなるといいなと思ってはいるんだけど。今の住人は女の子っぽいので部屋が臭くて大変ということもないでしょう。

引越しで気もそぞろなのですが、とりあえず金曜までは考えるのやめることにしてます。でないと勉強できないし^^; 来週ロンドンに2泊3日ででかけるのでその前に少しでもやっておかないとやばすぎ(汗 ということで土日にあわてることにします。

ちまたはウインブルドンですね(と、とってつけたように)。イギリス発のブログはその話題でにぎわってますが、私はテニスが嫌いなのでパス(ぇ 高校や大学でいかにテニスの授業を逃れるか必死で考えてたくらいなので(苦笑 いや、普通程度にはできるんですけどね…サーブもボレーもスマッシュも何でもやりますが、とにかく性に合わん… というわけでTVもまったく見ない今日この頃です(笑 



6月23日(木)08:44 | トラックバック(0) | コメント(4) | スチューデントハウス生活 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器
避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS