英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



Show by Dec/29/2005

ハリポタ

先日ついうっかり(?)ジョニデの映画を見てしまって以来、なかなかハリポタ4見にいけませんでしたが、ようやく今日行ってきました。予想通り原作を読んでいなかったら何がなんだかな展開だったけど、原作読んでる人には好印象な出来だったのでは? これまでの映画はやはり第一作を越えないなぁと思ってたんだけど(それくらい一作めが好き)、今回のも悪くないです。まぁ、キャストの皆さんちょっと育ちすぎで14歳に見えないけど(笑

今回好印象な理由はもうひとつあったりして。実はブルガリア・クイディッチ・ナショナル・チームのスターでもあるヴィクトール・クラム役のStanislav Ianevski が激好みなのです(ぇ 写真見ててもかっこいいーと思ってたのに動いたら更にかっこよかったです(*ノノ)きゃ♪ …世間と趣味が激しくずれてるのはよく知ってますので「なんで?」とか言うのは受け付けませんので悪しからず(何 一緒に見に行ったTさんにもちょっとマッチョすぎるよとかなんとか言われてぜんぜん同意してもらえなかったし(涙 彼女はセドリックがかっこよかったと実にまっとうなコメントをくれました(笑 セドリックはハンサムボーイという設定だし、当然と言えば当然ですな。

ブルガリア組がグレイトホールに入場する時のパフォーマンスを見ていて、なんとなくマオリの「ハカ」を思い出してしまった。西洋人から見たブルガリアってああいうイメージなんでしょうかね? 日本人な私の頭の中にはブルガリア=ヨーグルトの国という図式しか浮かびませんが(マテ

復活したヴォル様もすばらしい演技で。ラスボスとしての貫禄ばっちりでこの先の映画がぐんと楽しみになりました。さすがレイフ・ファインズ。 ちょっと気になったのはダンブルドア(マイケル・ガンボン)かな…なんかすごく口調が強いというかエキサイトしてる感じがして、ダンブルドアはそうじゃないんじゃないかなと思わずにいられませんでしたです。うぅ、リチャード・ハリスが恋しい…;;



Nov.29(Tue)23:52 | Trackback(0) | Comment(0) | 日々のたわごと | Admin


(1/1page)