英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年11月を表示

チャリティ・ディナー

パキスタン人の友人が先日の地震のためのチャリティ・ディナーを主催すると聞いて、参加させてもらってきました。パキスタン人はいろんな意味で強烈な人たちなので一人で混じる勇気がなかったのでTさんにお付き合いいただいて(笑 いや、みんなすごーくいい人ばかりなんですよ、うん。でもとにかく一緒にいるとエネルギー消耗するというか(謎

友人やこのイベントを主催した人たちはみんな今回の地震のエリアの出身の人たちで、たくさんの知人を亡くしているのです。地震国に生まれた者として、助け合うのはすごく大事なことだなって痛感してる私。今日のイベントでも助け合おうという呼びかけが行われてました。

食事に先立って、プレゼンテーションがあって、今回の地震が起こった地域の紹介や、地震後の現状についてスライドショーを使ってわかりやすく解説し、その後ヒマラヤ料理(ってチケットには書いてあった)のバッフェです。

料理もおいしかったし、イベントも盛況ですごく楽しかったー^^ いっぱいいるパキスタンの子供たちが激かわいい… みんなおしゃれしちゃって。男の子も女の子もほんとかわいいです。 それにパキスタンの若い男の子はほんと私のモロ好みの顔立ちなのでいっぱい目の保養をしてきました(ぇ 年取ってもそのままならねぇ…(謎



今回のイベント、街のギルドホール(写真上下)で行われたんだけど、ここに入る機会はまずないので、そういう意味でも楽しかった(笑 この建物エドワーディアンなので古い建物ではないんだけど(100年くらいしかたってないし)、とにかく巨大だし(横幅がめちゃくちゃ長い…)、内部も重厚で見ごたえがありました♪ 写真いっぱい撮ったんだけど、現在マイPC死亡中のためアップできないんですよね;; なのでネットで拾ってきた外観だけ載せております。ほんとはかわいいパキ子供’Sの写真でも載せたいんですが(涙


11月6日(日)23:53 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

ボーンファイヤ・ナイトですが

寒い!寒ぅーいぃ;; 私は見てなかったけど、今日のHullでは日中みぞれ降ったとか(涙

朝からパンを焼こうと思って生地を発酵させてるんだけどあまりの寒さになかなか膨らみません(死 しょーがないので暖房つけてみたけど(つけてなかったんかい!)膨らむかな...

というわけで今晩はガイ・フォークスデイで、街では花火ですが、出かける気にもなれず自宅待機です...というのは建前でホントは、お楽しみのX Factor(ITVの人気オーディション番組)見たいだけだったり(ぇ 本日のお写真は今年のワタクシのごひいき、Journey Southです。Mちゃんいわく時々「狩人」なミドルスボロ出身の兄弟デュオです(笑 同じ北部ということもあるけど、いいです、この二人。決して歌がめちゃくちゃうまいとかじゃないんだけど、とにかく味がある...ちまたでは弟のカール(右側)の方がベッカム似とかいって人気あるようですが私はお兄ちゃん(アンディ:左側)の方が...(笑 今晩は何歌うのかなー♪ さっき記事を読んでいたら、この前番組前にスタジオのライトがつかなくなって、電気屋もつかまらず困っていたら、電気工事のプロのお兄ちゃんが弟と一緒に直したんだとか(笑 すごいなぁ。っていうかスタジオで電気屋の手配つかないほうもどうかしてるけど。出演者に直さすなよ...

現在夕方6時、外はもう真っ暗なのであちらでもこちらでもひっきりなしに花火の音がしています。もう今夜はずーっとこんなですな。深夜は条例だかなんだかで禁止になってるのかな? だといいけどーー; 



11月5日(土)18:08 | トラックバック(1) | コメント(4) | 日々のたわごと | 管理

長かった10日間

10月25日にPCが壊れてから今日まで、怒涛のような不運の渦の中でくるくる回ってた私です・゜・(ノД`)・゜・ PCはもう日本で直すしかないと思ったので、割とさっさと諦めがついたというか前回もう嫌というほど落ち込んだので、もう慣れちゃったというか、それは良かったんだけど、自前のPCが使えないという事は、寝るときと食事やシャワー以外の時間は常に大学で過ごさないといけないわけです。 基本的に私たちPhDにはそのためにある施設GRIが24時間オープンしてるので問題ない「はず」なんだけど...ここで問題が(爆

タイミング悪い事に10月末で大学の学籍の延長だった;; そのための書類には指導教官と学科長のサインがいるので、書類を書いて学科に持っていったら、まず学科長が不在...そしてそういう時のためのDuptyがいるはずなんだけど彼も出張(死 結局書類を学科秘書のおば様に預けることに;; そして翌日にそれを引き取りにいったら、GP(かかりつけ医)のレターを添付しないといけないのでもらってきてと言われたのでした(延長の理由が体調不良などだったので)。

そこでよろよろとGPに行って、レターを依頼したら、なんと水曜にならないと出来上がらないと言われた( ゜┓゜) ※この時ちなみに金曜の朝一番 11ポンドも取るくせになんでそんなにかかるんじゃーヽ(`Д´)ノ 私たち院生の処遇についての決済をするCommitteは隔週で行われてるんだけど、次は月曜なんだってば・゜・(ノД`)・゜・ 間に合いません;;

ということはその次のCommittieがある16日まで、GRIに入れない(カードをスロットに通さないと入館できないのです)...平日の昼間は学科のPCルームで勉強すればいいとして(学部生ばっかでうるさいけど)、夜と週末はどうしたらいいのだ...(滝汗 と思わず世をはかなんでしまいたい気分になった私でした(ちょっと誇張あり ぇ)。ちなみにこのGPの手紙、水曜朝に取りに行ったらまだ書いてなかったというオチもしっかりついてます(ぇ これだからえげれすは...

これだけでももう十二分に大変だったんだけど、実は先週後半から自室のドアの鍵が閉まらなくなってたんですね(爆 もちろん即日アコモデーション・オフィスに報告に行って、鍵の問題は深刻なので即対応してほしいと訴えたんですが...待てど暮らせど誰も来ないので金曜日の午後に聞きに言ったらToo Late、もうワークショップの人帰っちゃったわよと言われたのが午後3時過ぎ...3時に仕事終わりにするのが当たり前のこの国が嫌いだ...(涙 それと前後して教授のところにもミーティングしようと顔を出したらそっちでもToo Lateって言われたし(涙 先生既に上着着て帰り支度中でとりつく島もなかったデス...くっすん。 えげれすの馬鹿ーっ(涙

そんなわけで鍵のかからない自室で週末を過ごすに当たって、当然ハウスメイトには鍵がかからないなんて言える訳もなく、黙ったまま。 ずっと部屋にいられるわけでもないので、出かける時は貴重品全てを常に担いで歩く生活開始です;; PCはもうしまってあるのでいいけど、貴重品だけでも結構重くて肩が凝りまくりです。とにかく月曜にはなんとかなるはず...と信じて。

でもきっぱり直りませんでした(何 アコモオフィスと家の間を何往復したことやら(疲 オフィスの人も鍵の問題なので至急で、と念を押して行く度に電話してくれるのに待ってても来やしない! そして、アコモオフィスに日参するのにも疲れてきた昨日、ついに、ついに! 夕方に何度目かの駄目押しの末、ようやくやってきました、ワークショップの兄ちゃん。 

私のドア、問題は鍵じゃなくてドアそのものだったんですよね。それは自分でもわかってて、要はドアが木なので湿気でゆがんだりしたのが原因で鍵穴に合うように閉められなくなってたんです...なのでどこかを削るなり金具をずらすなりしないといけないわけで。兄ちゃんは状態を確認した後、「ちょっと見てな。ほら、こうすれば閉まるだろ?」と満身の力でドアを閉め(Slam)して見せたのでしたΣ( ̄□ ̄;) 私にそうやって閉めろっていうんかぃ!

さすがにそれはそれとして、「ちゃんと閉められるようにするけど道具がいるから明日の午前中にまた来てやるから」と言って兄ちゃんは去って行ったのです。 結局直らなかった(笑 でもここ何日かで初めてちょっとだけ希望が持てた日だったなぁ...などと思ったのが昨日のことでした。

そして今日、午前中はどこにも行かず部屋で待機していた私でしたが、当然のごとく兄ちゃん来やがりませんでした(涙 なので通いなれたアコモオフィスに昼休み明け早々に行って、またまたワークショップに電話してもらう羽目に;; 私の目の前でしている会話を聞いていたら、「...え?ドアをSlamすれば閉まるって?」 ぉい! ちょっと待て(笑 その場でまたいろいろアコモオフィスの人に追加説明をしましたさ。彼が今日の午前中に来ると約束した事など。 そんなこんなで、今やってる仕事の次に行くからという約束をもらって再度家で待機することにーー; なんでこんな疲れる事せんといかんのじゃ...

その後、ついに兄ちゃんは職人のじいちゃんを連れてやってきて、1週間近くかかってようやく私の部屋は再び鍵をかけられるようになりましたとさ。ちゃんちゃん(疲 

あぁ、なんだったんだろう...この10日間...

あ、ちなみにGRIの方も昨日とっても優しいスージーが新しいカードの発行までの間、失効したカードでもGRI利用できるように対応してくれました。スージーはずっと院生担当のアドミだけど、もうすっごくいい子で可愛くて、イギリス人にしておくのはもったいなさすぎの子なのです(笑 彼女がイギリス人だなんてきっと何かの間違いです(ぇ 

というわけでようやく一通りの問題が終わりを見た今日だったのでした。もう何も悪い事起こらないでね・゜・(ノД`)・゜・平穏な暮らしがしたいです...



11月4日(金)02:46 | トラックバック(0) | コメント(3) | 日々のたわごと | 管理

冬時間とともに

なんか寒さが戻ってきました。だんだん部屋に暖房を入れたい誘惑にかられてきた… 今のところまだ意地で入れてないのですが。今、天気予報見たら、現在の気温は8℃だそうだ。まだどうしようもないほど寒いってわけじゃないけど、でもやはりそろそろ寒いといっても差し支えない気温だよねぇ…

現在、学生証失効中なので(2週間くらい先にならないと発行してもらえない)、誰かにGRIに入れてもらうべく、寒風の中15分くらい待ってたら、凍えちゃったよ… 15分で済んでよかったけどーー; 今、ちょっとGRI人口が少ない時期なんですよね。なんせ今週でラマダーン(断食)明けなので、ムスリム人口比率の高いGRIにはあまり人がいないのでした。

まぁ、なんにせよ、いったん入ったからには寝るまでの時間、まったり勉強したいと思います。そのための準備も万端です…ふふふ。 水筒にお湯入れてティーバッグも持ってきたし、夕飯代わりに昼間買ったベーコンと玉ねぎとチーズのキッシュも担いできたし(笑 リラックス用のCDとかさまざま担いできたので重い重い(ぇ 我に返っちゃうと不自由さに泣けてくるので、あまり考えずのんびり2週間すごしたいと思いまーす(笑



11月1日(火)18:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

Halloween

長文書いたのに送信トラブルで消えたー・゜・(ノД`)・゜・
傷心の私です(何 もうやめようかと思ったけど悔しいので簡単に書き直すことにします(涙

今日はハロウインでした。英国ではもともとハロウインを祝う習慣はなかったんですよね。あれはアイルランドのイベントで、アイリッシュ移民の多かったアメリカでそれが伝わってどんどん盛んになって今のような形のお楽しみイベントになったわけですが、英国で祝われるようになったのはつい最近です。 私が来た7年前ですらこんなに盛大じゃなかったと思う。 最近はスーパーに行くとランタン用の巨大カボチャがごろんごろんと売っているわ、子供たちの仮装用のコスチュームやお道具は山盛りに置いてあるわ、それは派手でございました。

なんでも本来の英国の初冬のお楽しみイベント、ガイ・フォークス・デイを抜いて、クリスマス、イースターについで3番目のお楽しみイベントに成長したんだそうな。宗教色まるきり無視で日本のクリスマスみたいなもんですな。この国では子供のイベントにやたらお金をかけるので(誕生日会とか)、業界もさぞやほくほくしている事でしょう。

このハロウイン、子供たちがTrick or Treatと言って家々を回ってお菓子を集めるわけですが、どうもこの国ではそれと同時にいわゆるanti-social behaviourもついてまわってくるようですーー;  英国と暮らーす(改訂版)様でも触れられてましたが、子供たち、家や応対する人に生卵とかぶつけたりするんだそうです(汗 一応、この時期子供に卵や小麦粉を売らないようにというお達しが出るらしいですが、あまり意味なさげ...

ウエールズでは(イングランドもかも?)警察が花火がらみの違反に厳しく対処する旨の警告を発しているようです(Crackdown on Halloween pranksters )。 さて今夜、皆様無事に楽しく平和な一夜を楽しめたでしょうか?(笑



11月1日(火)00:41 | トラックバック(0) | コメント(6) | 英国ってこんな国 | 管理


(3/3ページ)
最初 1 2 >3< 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ
じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン