英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年2月20日を表示

マーティン君大興奮の巻

というわけで一面銀世界の日曜の朝、台所にトーストを焼こうと降りたときの事、マーティンがシャワー浴びるべく、ガウン姿でやってきました。普段だったら寒い寒いと文句をタレまくりの彼ですが今日は違ったヽ(´ー`)ノ  

「おぉ、外見たかい?なんて美しい朝なんだ(*^▽^*)素晴らしい...(エンドレス)」

そう、今年雪がぜんぜん積もらなかったので、これが初めての雪景色なわけです。雪と無縁な国から来た人はもれなくはしゃぐもんなんですね(笑)これまでも数々の人が毎冬おおはしゃぎするのを見てきたけど、マーティンも目が輝いてました(゚▽゚*) その後、うきうきと教会に向かった模様です。雪でも行くのねと聞いたら、当然だヽ(`Д´)ノと言われてしまいました。愚問でした(^-^;

そして午後に再び台所に降りた時、今度は携帯で楽しそうに話をしながら料理するマーティンが(笑) 彼は今度はウガンダにいる奥さんと2歳半の息子に電話してたんですねー。もう大変ですよ...「でな、こっちは今日雪なんだよ、雪! 雪だよ。今からメールチェックできる?うん、できるな?じゃあ1時間以内に写真メールするから。わかった?」とか言ってます(^-^;

と、そこでふと不思議に思ってマーティンに、家庭内では何語でしゃべってるの?と聞いてみました。もちろんウガンダでは英語は公用語のひとつだけど、さすがに家庭内はローカル言語なんじゃないかと...(電話は英語だったからね) そうしたら、奥さんがタンザニアとウガンダのハーフでしかもケニア育ちなのだそうで、彼女はウガンダの言葉、タンザニアの言葉、そしてスワヒリ、英語がしゃべれるんだそうです。そして家庭にはどうも親戚の人が同居しているようで、そちらの人はウガンダの別の地方の人なので、家庭内の共通言語は基本的に英語になるらしい。だから息子とも英語でしゃべってるのだそうです。やっぱ大陸の人はいろいろ大変だねぇヽ(´ー`)ノ

今日は結局日中は晴れたり雨が降ったりで雪は半分以上解けてしまいました(笑) でも今週はまだまだ降るのかも? 



2月20日(日)19:46 | トラックバック(0) | コメント(6) | スチューデントハウス生活 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | 楽天市場