英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年7月28日を表示

うちの洗濯機

スチューデントハウスには洗濯機がついている場合もあればない場合もあるんだけど、私が住んでいる家は2年前まで少しランクの上のアコモデーション(短期向けの)として使われていたのできっちりついてます。それは大変にありがたいんだけど、この洗濯機、めっちゃ心臓に悪いです・゜・(ノД`)・゜・

イギリスの洗濯機はいわゆるドラム型で小さくて、たいていの場合は台所にあって、オーブンとか調理台なんかに組み込まれているものなのだけど、なんかこの家、後から洗濯機を入れてみたのはいいけど、どうも台所の土台がゆるいみたいで、使用すると、最後の脱水のスピンの時に、ものすごーくゆれるんです。家全体が(ぇ もちろん、とんでもなく、そら恐ろしい音もするんですよーー; まわしている間に、しょっちゅうシンク下の収納のものが床に落下してるし、何より音と振動が怖い~(T_T) あまりの音に心配になって見に行ったりするんだけど、見てても怖いです;; そのうち分解して飛ぶんじゃないかと...(ぇぇ

そもそもイギリスでは機械はよく壊れます。特に洗濯機は壊れやすい機械(高いくせに)の筆頭でして(水質のせいもある)、家にあるのは便利だけど、こんな思いを毎回すること考えるといっそないほうがいいのかも...と思ってしまう私でした(´・ω・`)

旅立ち前に最後に洗濯しようと思い立った私、一気に消耗してしまいました。心臓壊れそうよ、まったくーー; よろよろですが、とにかくこれで旅立ち前の準備は終わったかな( ゜┓゜) 後は朝起きたらゴミを捨てて、PCを持っていけるようにしておしまいヽ(`Д´)ノ さっき大根菜(大根の首を水耕で育てた(*ノノ))で菜飯作って、おにぎりにしたし、これで朝ごはんもばっちりさヽ(´ー`)ノ 今夜寝るべきか寝ないべきかちと迷い中です(笑) まぁ、寝ちゃうかな? でも寝坊が怖い...時計かけても時々知らないうちに止めてるからなぁ(汗



7月28日(木)23:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | スチューデントハウス生活 | 管理

雨...

今日は本当はずーっと見そびれていたスターウォーズを見に行こうと思ってた(もうこっちではほぼ終わってるんだけど、一箇所だけ1日1回だけやってるので)んだけど、朝からどーんと雨が降っていて、なんか行く気になれず。買い物も行かないといけないんだけど、だらだら部屋にこもって過ごしてます。どうしても家賃払いに行かないといけないので、もう少ししたらその勢いでどうしてもしなくてはいけない買い物だけしてこようと思います( ゜┓゜)

もう明日の早朝にでかけるので、食事とかも残り物で簡単に済ませようと思っていたのに、なんか気づいたら昼にかき揚げ丼なんぞ作ってました、私( ̄▽ ̄;) なんでなんだろう?(笑) にんじんとひじきと桜えびのかき揚げ、そして玉ねぎが残ってたので玉ねぎのかき揚げと...つゆもちゃちゃっと作って、冷ご飯あっためて、立派なかき揚げ丼になりました(*ノノ) 後残ってるものはなんだろう? ...アボカドが一個(汗 何して食べようかな~ もう卵なくなっちゃったし;; きっとサラダか何か作るんでしょう、今日の夕飯。

さて、家賃払いに行くかー ...ぁーめんど( ゜┓゜)



7月28日(木)14:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

ついにこの日が

IRAから、公式にもう武力による戦いは行わないという声明が出ました。

IRA says armed campaign is over

英国、そしてアイルランドにとって、一つの大きな歴史の節目です。もちろん、北アイルランドの問題はまだ片付いたわけでもなく、凝った憎しみはそう簡単に解けるわけでもありません。でも、今、世界がこんな事になっている時に、彼らが時間はかかったけど、ここまでたどり着いた事に希望を感じる人は多いのではないでしょうか。

宗教は生活の規範になるものなので、異なる宗教同士の確執は非常に根の深い問題だと思います。ごく普通になんの問題もなく日常的に行われる行動や、発言が、別の宗教に属する人にはイライラの元だったり、個人的な生理的嫌悪に通じることも多いでしょう。無宗教な日本人の私ですら、彼らはムスリムだから...と心の底でため息をついてしまうことがないとは言えないです。別に他人の宗教はどうでもいいんだけど、生活習慣の違いがストレスを呼ぶんですよね。そしてそういう生活習慣は同じ宗教を信じる人達の間にあるものだったりとか(宗教的行動というんではなく)。

自分では宗教に対して偏見はないと思うけど、でも生活習慣、文化背景、そしてその人のパーソナリティですら、どうしても宗教と切り離せない場合が多いので時々自分が何に嫌悪感を感じたり、ストレスを感じたりするのかわからなくなったりします。

そんな中での小さな、でもすごく輝いた希望の光を見せてもらったような気がしました。現在対ムスリムのような感じになっているテロ戦争もいつか光を見出せる日が来るといいのだけど...



7月28日(木)13:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | 英国ってこんな国 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | 楽天市場