英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年7月4日を表示

友達の輪

7年もイギリスにいると聞けばさぞやたくさんのイギリス人の友人がいるでしょうとお思いになる方は多いかもしれませんが、実はそんなこたーないのでした。イギリス人の知人は多いけど友人となると...??片手で足りる分くらいしかおりません。まぁ、私の場合は年も年なので若者とそりが合わないってのもあるかもですが(笑) でもそれ以前に、いきなりリサーチで始めた私にはそもそもクラスメイトなんて便利なものもいないので、あまり知り合う機会もないんですね。仲良くなるイギリス人はといえば以前住んでいた村(年金生活者ばかり住んでる)では正しくお年寄りばかりだったし、大学の近くに移った今では大学関係者以外のイギリス人なんぞほぼ絶滅状態です。

他の国の留学生達はといえば、やはり基本的に留学生は留学生で固まるもののようです。同じ国出身者はもちろん緊密な付き合いをしてるし、違う国同士であってもある程度の共通点の多い集団を形成する場合が多いです。うちの大学の場合、中国人が非常に多いので(近年イギリスの大学はどこも中国人だらけですが...)中国人は完全にそのコミュニティの中で生きてます(笑) コースによっては中国人率98%なんてところもあるくらいなので^^; たぶんイギリスに来て中国人以外の友人をまったく作れずに帰国する人もいそうですーー;(そもそもそれでいいと思ってる人も多そう...) 

同じ中国人でも少数派の台湾人や香港人はそれぞれ小規模に固まっていてメインランドの人たちとはあまり混じってなかったりします。日本人も数が少ないので、結構このあたりの人たちとは仲良くなる場合が多いです。台湾人は日本人とは特になじみやすい感じですよね。メインランドの中国人では仲良くなれる場合とぜんぜんだめな場合があるんですが、台湾人はほぼ100%ものすごく仲良くなれますd(・_・)メインランドの人はね、育った環境が明暗を分けるんですよね...内陸の貧しい地域から来た人は100%無理ですヽ(`Д´)ノ 頭の中が完全に真っ赤に洗脳されてるから( ゜┓゜)海岸沿いの大都市から来た子達はだいじょぶなんだけど...

そのほかの東南アジア系も全体数がすごく少ないので、適当にアジア系で仲良くなってみてる場合が多いかな?(笑) 大学に東南アジア学科があるので、そこの学生つながりで仲間の輪ができる場合も多いです。私もそのネットワークのおかげでタイやインドネシア、マレーシアの人たちと友達になったりしました。

欧州の他の国はどうかといえば、まずギリシャ人やキプロス人も一団を作るのですぐわかる(笑) あのあたりの人たちはとにかくうるさいです(ぇ ハウスシェアしたくない国の人ランキング第3位以内には入りそうです(笑)いや、面白い人たちなんですけどね。夜中に大声で歌うのはやめてくれるとうれしいなぁ(ぇ 同様にスペイン語圏の人たちは欧州、南米問わずやはり仲良くしているのをよく見かけます。やっぱり言葉が通じるって強いですのう(´・ω・`) イタリア人も同じ国の人でまとまる傾向があるとは思うんだけど、今周囲にサンプルが0なのでなんともいえない(笑) 北欧系も最近は見ないかな...東欧系はそもそも見分けつかないので不明です(´・ω・`) ぇ フランス人は割りとさりげなくイギリス人になじんで混じってることが多い感じ(笑)

ムスリム系の人たちは国を問わず、やはりまとまりますよね。これは習慣上当然なのかもですが。夜中のGRIのコモンルーム(休憩室)ではマレーシアあたりのスパイシーなおっさんたちが毎晩宴会しています(ぇ すごく仲よさそうですーー; アラブ系の方々もたくさんいますが、彼らはアジア系のなんちゃってムスリムと違って、非常に宗教に対して真摯なので、ちょっと仲良くなるとすぐにムスリムへの改宗を勧めてくれます(爆 常に持ってるんだよね、リーフレット(笑)ある意味エホバの人と同じくらい怖いです。

アフリカ系の人たちとはあまり知り合う機会もないのでアレなのですが、基本的に皆さん熱心なクリスチャンの場合が多いので(もちろん国によってはムスリムですが)だいたい同じようなエリアから来た人同士でコミュニティを形成して毎週教会に楽しく通っているようです(^◇^)ノ

そして、これを忘れちゃいけないインド・パキスタン系の皆様ですが...(と一緒にすると双方からものすごーく怒られそうです^^;)インド人はあまりたくさん知らないんですよね...でも彼らはそもそも英語はほぼネイティブ(激しく訛ってるけどさ)な上、そもそもイギリスにはインド系住民もかなり多く、コミュニティも大きいのでほかの留学生とはちょっと立場が違う感じです。そして、パキちゃんは(ホントは蔑称ですね。でも日本語ではかわいく言わせていただいてます。別に馬鹿にしてるわけじゃなく)といえば、なんと申しますか、私のこの中途半端に長い人生の経験からして、世界中で一番よくしゃべる国民なのではないかと...--; パキちゃんは男も女もしゃべりまくりです。だまる瞬間は寝てる時だけなんじゃないかとよく思うくらい(笑)うっかり道でパキちゃんの知り合いに会ってしまったら最低15分くらいは逃げられないことを覚悟しないといけません。

と、なんかとりとめもなく語ってしまいましたが、留学生の生活なんてこんなものです、というお話でした(笑) 学内のイギリス人の知り合いはといえば、同じ学科の人たちと、後は日本語勉強してる人たちくらいでしょうか? そもそもイギリス人はほとんど博士なんぞやりませんので、イギリス人の友達をたくさん作りたい人はぜひとも学部をこちらでやることをお勧めしておきます(ぇ 大変ですけどね(笑) 修士や博士より勉強は専門性は低いのはもちろんだけど、留学生率が下がるので英語力がより必要だったりするのですヽ(`Д´)ノ 院生は読み書きさえできればなんとでもなるけど、学部生はどんな英語でもさくっと聞き取れないと話になりませぬ。私なんぞにはとても歯が立ちませんです、はっはっは(自棄



7月4日(月)23:41 | トラックバック(1) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪
さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック