英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2006年4月16日を表示

Farndale

今年もいよいよMoorbusの季節がやってきました。 Moorbusはイースター時期から夏の終わりまで運行するバスで、ヨークシャーの各都市からノースヨークシャームーアへのバス、そしてムーア内でのバスのネットワークとで成っているシステムで、一日乗り放題6ポンドという素晴らしいシステムなのですヽ(´ー`)ノ

7,8月は毎日運行、それ以外の時期は毎日曜日の運行です(この週末はイースターなので金~月続けて運行ですが)。 普段こういった田舎は公共交通機関の便が悪いので、車がないとなかなか行きづらいのですが、このムーアバスのおかげでいろいろなところに行けます。ウォーキングに行くも良し、ムーア内の雰囲気のいい町や村を散策するも良し。 ウォーキングコースもそれこそ車椅子でも行けるような整備されたコースもあれば、本格的な装備で行かないと遭難するようなコースまで様々、よりどりみどりです。

そんな中、このシーズン初めのウォーキングとして、今日はムーアの北西部(なのかな?)にあるFarndaleに行ってきました(・_・)ノ Farndaleには野生の水仙が群生していて、そのあたりが整備されて自然公園になっていて、この時期、花見客で非常ににぎわってます。 今年は気候が変なので、なかなか見ごろを推測するのが難しかったんですが、もうばっちり、今日が今年ではたぶん一番いいタイミングとムーアバスの人にもお墨付きをいただきました。ラッキー(*ノノ)



このあたりに咲いている水仙は、野生種なので町中で見るやつより小ぶりで色も薄いです。 なんかこじんまり咲いていてかわいらしかったです。


丘の上に咲いたり、道端に咲いたり、こんな風に清流沿いに咲いていたり...(基本的にこの公園は小川に沿って続いてるのです)。


たくさんの人が楽しく花を愛でつつ歩いておりました。 しっかり整備された道なのでお年寄りや幼児も多かったです。 そして愛犬連れがものすごくたくさんいて、ワンコ達はしっぽぶんぶん振り回しておりました。

公園はゆっくり歩いて1時間くらいの行程でしょうか? 基点と終点と両方にムーアバスが来るので、往復歩かないでも大丈夫。 私たちはそのまま公園を後にして、更にいつものごとくフットパスに突入し、フィールドウォーキングをしてぐるっと回って起点へと向かいました。 出発点まで2時間のウォーキング、シーズン初めの慣らしとしては快適なウォーキングでした。途中の景色も息をのむような見事な風景でしたです。 写真にああいう雄大な風景は写せないのよね...やはり実際に行って見るしかないというか。

その後、Hull行きのバスへの乗り継ぎ地点(2本乗り継ぐことになるんですが、その一つ目にあたる村)のHutton Le Holeでパブになだれ込み、午後をエールと食事でのんびり過ごしましたヽ(´ー`)ノ 



4月16日(日)22:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 英国ってこんな国 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン