英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2005年10月を表示

DVD Night

今、Mちゃんと一泊旅行の計画を立てているのですが、その目的地が彼女のこよなく愛するBBCドラマ、「North and South」のロケに使われた場所ということで、その事前学習(?)として、Mちゃんの家に行って、DVD見せてもらってきました。ドラマについてはMちゃんが詳し~く熱く語ってますのでそちらをご参照ください(手抜き)。

Mちゃんのブログより

彼女はこのドラマの主演のRichard Armitageにはまりまくっていて、DVDを見ながら5分に一回くらい「かっこいい...」とつぶやいています(ぇ 確かにこのドラマの中の彼はかっこいいですねぇ。常に小難しいしかめっつらしてるので余計にかっこいいです(笑)

楽しくドラマを見、美味しい夕飯を一緒に食べ、更に風呂まで借りて余は満足じゃ(゜▽゜*)ぇ ちなみに今日の夕飯メニューは、Mちゃん得意のイタリアンなパスタをメインに、私も一応合わせてイタリアンもどきなサラダを作ってみました(・_・)ノ 具は白菜ですけどね(マテ 白菜とスモークドベーコン、フレッシュバジルとガーリック、そしてワインヴィネガーとレモン汁で作ったドレッシングによくあっておりました。ふふふ。適当に作って美味しいといい気分です(笑)



10月8日(土)01:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

マイケル・オーウェン

先日の試合を怪我で休場してしまったものの、わがニューカッスル・ユナイテッドに参加して以来、まずまず順調な滑り出しのオーウェンですが、こんな記事が...


I won't play abroad again - Owen


"I had a good time in Madrid, both on and off the pitch but I missed the UK weather, I missed the food, the Premiership and being around English people. "

うひゃー...えげれす人は言うことが違うね。イギリスの気候と食べ物が恋しかったって(笑) 気候については私もagreeするところですが、食べ物はねぇ... やっぱりチップスが恋しかったのかな?(笑)



10月6日(木)09:54 | トラックバック(0) | コメント(2) | イギリスのサッカーシーン | 管理

お肌の曲がり角のはるか向こう

最近、肌の調子がよろしくないです。生まれた時からアトピーと一緒に生きてるし、もうお肌の曲がり角なお年頃はとうに通り越したので、それまた当然なんですが、それにしても最近不調...ぶつぶつはできるわ、乾ききってがさがさだわーー;

更に言えば髪の毛のあんばいも非常によろしくないです。ごわごわだし抜け毛も多いし・゜・(ノД`)・゜・ こうなってくると原因は明らか...ストレスのせいだ_| ̄|○ 世の中にはストレスが胃に来る方は多いのではないかと思うのですが、私は鉄の胃の持ち主でして、何をしても胃が負けたりしないのです(だからちっとも痩せない)。その代わり、ストレスはみ~んな髪の毛に...(汗 

昔、仕事が大変でへろへろな上に家族の手術とか重なった時、きっちり円形脱毛したしd(・_・) 女の場合、円形脱毛ってその時はあんまりわからないんですよね。重症だったらわかるでしょうけど。治って新しい髪の毛が生えてきた時が悲劇です。妙なところにぴよぴよ立ってくるんで( ゜┓゜) 当時、馴染みの美容師の兄ちゃんに笑われた恨み、一生忘れないと思います(何 

なんか今回どっかハゲてそうな気がするんだよねーー; わたしゃハゲ愛好家ですが、自分はハゲなくていいです(わがまま)。ストレス負けしてごわごわな髪の毛には何をしてあげるといいんだろう...海藻も食べまくりだしトリートメントもしっかりしてるんだけどなぁ(´・ω・`) なんかいい方法ないかしら?



10月5日(水)02:38 | トラックバック(0) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理


私には3歳半下の弟がいて、今日は彼の誕生日だったりします(ここは読んでないと思うけどおめでとうヽ(´ー`)ノ)。 彼は妻子と共に高松に棲息中だったのですが、今度東京に戻ることになったというニュースが飛び込んできたので勇気を奮い起こして久しぶりにメールなぞしてみました。義妹から返事が来るかなと思ったら、弟本人からの返信が来て、ちょっとドキドキの私です(ぇ 

私の周囲にはたくさん弟を持つ姉の立場の友人がいるけれど、みんななんだか仲良さそうなんですよねー 私もそうありたいと常に思っているんですが、どうもうちはだめです(笑)過去に何度も絶縁されそうになったので近年はおとなしく息を潜めて遠くからラヴラブしていることにしています(´・ω・`) 私はどうもアバウトなので、神経質なうちの弟の勘に触ることばかりして怒らせてしまうようです。 まぁ、今のところ、ほとんど接触がないせいもあってそれほど関係は悪くない(と思いたい)んではないかと(汗 もう何年も会っていないので、来年には会えるといいなぁと思う私でした。

もともとの地元である東京に戻る話なので、本人もうれしいんではないかとは思いますが、同時にまた新しい部署での新しい仕事が待っているわけで、きっとしばらく神経を使う日々が待っているんだろうけど、頑張れ、弟ヽ(`Д´)ノ いつまでも帰れないふがいない姉ちゃんだけど絶縁しないでね・゜・(ノД`)・゜・



10月5日(水)01:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日々のたわごと | 管理

増殖中

お見苦しい映像失礼いたします。
今日もゴミ箱は空にしてもらえませんでした。 だんだんアートの領域に近づいてきているような(違



10月2日(日)23:48 | トラックバック(0) | コメント(2) | スチューデントハウス生活 | 管理

ドア

イギリスのドアは(特に一般家屋では)ほとんどが内開きです。 広々した家だったらいいんだけど、狭苦しいところでもみんな内開きなのは非常に扱いにくいですーー; 特にトイレとか、風呂場とか、内に開くってことは物をいろいろ置けないし、そもそも入る時はいいけど内部にいる場合、体をくねるようにしてドアのためのスペースを作らないと脱出できなかったりするのはどうしたものか(´・ω・`)

大学の建物の廊下には防火のためやたらめったらドアがついていて、まっすぐ進むのに何度もドアを開けることになるんだけどそのドアは手前に開いたり向こうに向いて開いたりいろいろなので(たぶん同じ向きに開かない方が防災上よろしいのでしょう)、この際、狭いところのドアは外開きにする習慣をつけてはどうかと思ったり...するのはやっぱり私が日本人だからで、えげれす人はなんの不便も感じてないんだろうなぁ...

そういえば以前のフラットに住んでいた頃、日本から母が来た時に出先から戻った時に靴を脱ぐ前にちょっと用事を足しに靴のまま部屋を横切ったら母に怒られました(笑) 基本的には私はもちろん家では靴脱いで過ごすけど、それはどっちかといえば自分がその方が快適だからであって、元々この国の部屋は土足で入ってもいい前提ですよね。友人来ても靴のまま入ってもらうし今更だよ、と言ったんだけどなんとなく納得できんという顔をしておりました(笑)
そんな部屋の中で平然と床に寝そべる私もだいぶん日本人的感性をどっかに置き忘れてしまったのかもしれないです(いや、もちろん掃除機はかけてありますけどね(笑))。

今日は土曜日ということで世の中的には買い物したり遊びに出たりする日なのでしょうが、なんとなくでかける気分になれなかった私は朝っぱらからシャワールームの漂白に勤しんでおりました(マテ ぁーすっきりしたヽ(`Д´)ノ クリーナーのおばちゃんに期待しても一向にやってもらえないのでもう待つのはやめて全部自分でやることにします。水垢の匂いの充満したシャワーはうんざりなのですヽ(`Д´)ノ 

そして久々に台所のゴミ箱我慢大会も(個人的に)開催中です(ぇ さて既に120%詰まっているゴミ箱が空にしてもらえるのは何日後でしょうか? ...ギリシャ人めぇ...根競べじゃヽ(`Д´)ノ



10月1日(土)23:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 英国ってこんな国 | 管理


(3/3ページ)
最初 1 2 >3< 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS