英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



Flower Remedy

先日の日記でフラワーレメディの話が出たので、今日はもうちょっと突っ込んでお話をd(・_・) 日本にいた頃はこんなもん知りませんでしたが、この国では大変ポピュラーなものでございます。

フラワーレメディはイギリス生まれの花療法で、1936年にエドワード・バッチによって完成されたものです。花から抽出したエッセンシャル・オイルを用いて精神的な弱さに対抗する力を得るといったものなのです。たとえば「自分ではどうにもできない絶望に陥っている」時には、チェリープラム、などのようにそれぞれの状況によって使用する花が違うのですね(全部で38種類ある)。

私も自分の状態に合わせていくつかを買おうと思ったんですが、Bootsに行ったら私の欲しい種類のは一個も売ってなかった( ゜┓゜) 結構いろんな種類売ってるのにー。 そんなわけで仕方なく既に混ざって売ってる中から一番自分の望みに近いやつを買ってみました(写真)。 こいつの成分は...

Hornbeam : Strong and zealous (生き生きした心で日々の生活や問題に向かえる)
Elm : Joyful (有能さと自信の復活。助けとなる揺るぎない確信が、必要なときにわいてくる)
Olive : Relentless (人生への興味と活力の回復)
Oak : Keeps fighting (ストレスへの強さとねばり強さ、柔軟性、エネルギーの回復)
Wild rose : Joy of adventure (バイタリティと人生への新たな興味。友情や健康な生活を楽しむ気持ち)
Gentian : Firm of purpose, happy and hopeful (信念と楽観主義。困難な状況・問題でも必ず克服できると感じられる)
Clematis : Stable, down to earth (現実に着地、現実と空想の世界の関係・意味を理解する)

ということですが、効果出るかな~ 出るといいな~。

ブランディと水に溶かしたエキスになってるんですが、これを一回あたり4滴、水に落として飲む、もしくは直接舌に落とすんだそうですが、直接は勇気出ないので水に入れて飲んでます(*ノノ) 一瞬ブランディ臭がするけど別に味はしないので飲みにくかったりはしないのでGoodですd(・_・)

Balancing Blooms



2月23日(木)20:45 | トラックバック(0) | コメント(2) | 日々のたわごと | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメント

フラワーレメディ

今では混ざってるのも売ってるんですね。レスキューレメディぐらいかと思ってました。
日本で買うと高いからといろんな種類を買って帰りました。必要な時にはその存在を忘れてたりして、あまり活用してないかも。でも、飲むときは面倒なので直接です。
そして後生大事に太平洋を横断させましたが、ここでは簡単に手に入ることが判明、がっくり・・・
効果出るといいですね!


 by クルジェット | 2月24日(金)22:31

      

>クルジェットさん
そうなんですよ。なんかレスキューじゃないやつもあるんです。日本だと高そうですがアメリカではこちらより安いでしょうか? さすがにこっちの方が本場だから安いのかしら。

私もできたらばらばらのを少しづつ買い揃えようかな~と思います。


 by あすとる | 2月25日(土)08:37


(1/1ページ)


楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS
パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器