英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



イギリスのお天気

厳冬との噂だったこの冬ですが、なんか12月になってから妙にマイルドです。最低気温が5℃とかある日も多くて、なんか例年より暖かいような…

そんななので、最近よく霧が出ます。こちらへ来る前はイギリスといえば霧、ほとんど枕詞のように思ってました。実際暮らしてみると、それほど霧に包まれる日が多いってわけではないんだけど、でも出るとなるととぷーんと深い霧が出ます。 しかも、日本だったら霧が出るのってたいてい山間部だと思うけど、ここの場合、まったいらなところでも普通に出るんですよね。 しかも昼夜関係なく… 今日も夜、図書館閉館で追い出されてGRIに移動するころ(夜10時くらい)、一面の霧でしたです。

この時期の夜間の霧は結構好きかもです。全国どこにいってもクリスマスの電飾があるので霧の中、ほんのりすけて見える電飾はなかなか乙なものが… 去年だかおととしだか、12月にリーズから列車が欠便で、代替バスで帰ってきた時、道すがら深い霧が出ていて、途中の村々の電飾が幻想的で印象的だったのを思い出します。

イギリスの天気の名物といえばもうひとつ、やたらめったら雹が降ることでしょうか? なんか夏冬問わず気前よく降るんですよねぇ。 雪はほとんど降らないのに。 日本ではほとんど雹なんかお目にかからなかったので、最初のころは楽しかったです(ぇ

しかし、いまだに「雹」と「霰」の違いがよくわからない私… こいつらしっかりした定義があるんでしょうか? 英語だとどっちもhailなのよね…     と書いたところで気になって調べてみました。粒の大きさで呼び分けてるんですね、これ¢(. .。) 直径5ミリ以下があられ、以上だとひょうなんだそうな。なーるほど。英語には大きなhailと小さなhailという認識しかないんですな。

イギリスでは天気の話題は他人との会話における最重要話題なのでやたらめったら話題に上ります。っていうかとりあえずまずは天気の話から…みたいな感じ(笑 なのでTVの天気予報もすごく気合が入ってます。 とにかく語彙が豊富… 天気予報を見ているといまだに聞きなれない表現がぼんぼん飛び出してくるので面白いです。形容詞とか、こんな風に使うんだ? みたいなのも多いし(笑 イギリス英語を勉強したい人はとりあえず天気予報見続けてみるってのはどうでしょうね?(ぇ 天気の話できれば、もう誰とでも会話成立するし。 いいと思うんだけど(笑



Dec.21(Wed)11:32 | Trackback(0) | Comment(0) | 英国ってこんな国 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)