英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



Fingersmith(BBCドラマ)

先日から書こう、書こうと思っていたTVドラマの話題です。BBCで3話構成で放映されたのですが、Fingersmithというヴィクトリア時代もののピリオドドラマ(時代劇)です。原作はサラ・ウォータースという女性作家で、独特の世界を描く人なんですね。この作品邦訳もされてます。

荊[いばら]の城 上・下 サラ・ウォーターズ / 東京創元社

<第一話あらすじ>

ヴィクトリア時代のロンドン、孤児スウ・トリンダーはいかさま師とスリの仲間に育てられた。彼女の母代わりとなって世話をするミセス・サックスビーは、スウはこの因果な稼業に巻き込むにはもったいない子だと考えていたが、あるとき古い友人のいかさま師リチャード・リヴァースがやってきて、20になったスウが、もし彼の詐欺の片棒を担いだら3000ポンドの分け前をやるという話を持ちかけた。ミセス・サックスビーはこの誘惑に勝てなかったのだった。。。

リヴァースはジェントルマンの振りをして若き遺産相続人モード・リリーに近づく。彼女は結婚と同時に叔父が管理している遺産を相続できることになっていた。リヴァースはスウをモードの元にメイドとして送り込み、モードが自分と結婚する気になるようにうまくそそのかす役をさせようとしたのである。リヴァースの計画ではひとたび結婚したらモードを精神病院に放り込み、財産を自分のものにすることになっていた。

スウとモードは同じような年ごろなのにこれまでの経験はこれ以上はないというくらい大きく隔たっていた。モードは大きな屋敷の中でひっそりと暮らし、彼女の勤めは夜な夜な叔父とその友人のために本の朗読をすることだけだった。そんな二人だったが、二月もたつ頃にはすっかり友達同士となっていた。スウはモードを陥れることを躊躇したものの、リヴァースの強い要請に当初の目的通り、モードにリヴァースとの結婚を受け入れるように説得をする。果たしてこの詐欺は成功するのか? スウとモードの関係は?


というのが第一話のあらすじなわけですが。この後、2話、3話とだんだんミステリっぽくなっていきます。スウとモードの出生の秘密(!)なんかも登場しちゃったりして。モードの屋敷での生活が実は見かけのような優雅なものじゃなかったことなんかも明らかになっていきます。当時の恐ろしい精神病院の描写とか怖い怖い...

いやぁ、面白かったです。展開もいろいろ意外だったし、スウとモードのラヴラヴっぷりも見事でした。そう、このお話思いっきり百合モノなんですね(^-^;  ヴィクトリア時代というのは性文化的にもいろいろあった時代で、バイセクシュアルが多かったらしいです。だからこの話のスウとモードも別にレズというよりは男だろうが女だろうが好きなものは好き、みたいな世界のお話なわけです。そういう設定好きなんですよねー(笑) 別にレズ自体はそんなに好きではないですが...しょせん私も女なので女同士よりは男×女か男同士がいいです(ぇ とは言うものの、このお話は現代の話じゃないのである意味ファンタジーな感じで非常に萌えましたヽ(´ー`)ノ

しかし、このドラマ、かなり執拗な女同士のラヴシーンがあるんですが、あんなのゴールデンタイムにBBCで堂々と放映していいものなんでしょうか...子供も見ると思うんだけど(笑) どうもこの国の放映基準はよくわかりません。そりゃヌードとか激しいベッドシーンはないんだけどさ..ないけどあんなエロチックな話を子供に...ぶつぶつ...

ちなみにこのドラマ早々とDVDになりました。百合萌えの方はご覧になるのもよろしかろうとd(・_・)ぇ
↓ こちらです(笑)
Fingersmith DVD



Apr.29(Fri)16:45 | Trackback(0) | Comment(5) | 英国ってこんな国 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

Affinity が進んでいません

この写真は、http://www.bbc.co.uk/drama/fingersmith/ のフォトギャラリーからダウンロードしてきたものですね。右端が切れているので不思議に思いました。ドラマのクリップもあるので雰囲気を味わう事ができます。サラ・ウォーターズの小説はまず、Affinity から始めようと思って、なかなか進んでいませんが、元々は私のブログの中でも書きましたけど(コメントも頂き、ありがとうございました)、Fingersmith を読もうとして読み始めたものです。いつになったらこの話を読む事ができるか分かりませんが、楽しみながら読んで行きたいと思います。

 by CUBE290 | Mail | HP | Apr.30(Sat)08:40

    

>CUBEさん
写真たくさん貼りこむのもだるかったので三人まとめて写ってるやつ...と思ってこれを拾ってきてしまいました。私が購入した原作の表紙はこの写真のヤツです(笑) ドラマ化以前の表紙のものも売っているのですが、このドラマが好きだったので記念に役者ヴァージョンで買いました。

彼女の作品はかなりクセがあるので好き嫌いが別れそうですよね。私もなかなか読む時間が取れないのですがそのうちゆっくりと読もうと思っています。


 by あすとる | Apr.30(Sat)23:14

ゴールデンウィーク

なぜ黄金週間というのか分かりませんが、昨日から10連休に突入。仕事も勉強もせず、ひたすら読書に励もうかと考えてみたりしますが・・・。こっちは暑いです。昨日は33度になった所もあって、もう夏かな?と。

5月末に出張します。この行き先がパリかロンドンか不明だったのですが、残念ながらパリになりました。今回の会議は中休みが1日あるので、ロンドンだったら田舎の方にまで足を伸ばせたのですが、残念です。


 by CUBE290 | Mail | HP | Apr.30(Sat)23:57


10連休って日本にしては大型ですよね。ご旅行とか計画されなかったんですね。こんな時期に暑いなんて、私もう日本で生きていけないかも(笑

パリいいですね。今ものすごくパリに行きたいです。お茶とジャム買出しに(ぇ でも当分行けそうになくて悲しいです;; お休みがあるんでしたらフランスの地方にふらっと行けますね。どちら方面に行かれるんでしょうか。私は去年オンフルールに数日ほど滞在してのんびりしましたけど、気持ちよかったです。フランスは食べ物おいしいのがいいですよねぇ。


 by あすとる | May.1(Sun)22:08

先立つものが・・・

休みはどこに出かけても混んでいるので、家にいるのが一番かと。特に静岡から行ける範囲の行楽地は車で移動すると、目的地の1km手前位から渋滞が始まり、その1kmを走破するのに1時間以上かかることも珍しくありません。

パリは今度で3回目であり、すべて出張のついでです。しかし、ちゃんと遊んでもこないといけないというのが上司の考えでもあり、このためスケジュールがめいっぱい詰まります。パリへの出張の様子については、私の「楽しんでマルチリンガル」のサイトの方に詳しく書いていきますので、それを見てください。いつものページからリンクしてあります。


 by CUBE290 | Mail | HP | May.1(Sun)23:58


(1/1page)