英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



女王公式誕生日

今日、ロンドンでは女王の公式誕生日の行事であるパレードが盛大に行われてました。たまたまTVをつけたのでしばし見てたのですが、いや、ほんとにビッグイベントですね。さまざまな近衛兵の格好を見るのも楽しいです(笑 写真は馬車上の女王様とエジンバラ公ですが、しかし、この近衛の帽子、絶対下とか向けそうにないですね^^; ってか前見えるんかい、これ… 

エリザベス女王の本当の誕生日は4月なのに、なぜ公式誕生日なんちゅーものがあったりするんだろうとかねてから不思議に思っていたのですが、今日のTVでその理由が解説されて、長年の疑問がひとつ解けました。えぇ、爆笑させてもらいました。冗談じゃなくTV前でつっぷして笑いました、私(笑 というのは、この公式誕生日行事、今回200回目の記念すべき年だそうなのです。つまり200年前に始まったということですよね(たぶん)。その当時の王様だか女王様だかが、11月生まれで、皆様ご存知と思いますが、11月のイギリスは1年でもっとも天気が悪くてなんともいやーな月でございます。そんなわけで当時の王様(もしくは女王様)がこんなしんきくさい月に誕生日を祝うのはいやじゃー!とおおせになり、気候のいい6月に祝うことになったのだそうです(実話)。あっはっは。笑うしかないでしょう、これ。

今日の中継でもニュースでも、話題の中心はコーンウォール公爵夫人(カミラ)でしたね。結婚後、全国規模のイベントへの参加が初めてということで… 式典後のバッキンガムのバルコニーにも他の王族と共に出ておりました。今日の彼女の装いもなかなか悪くなかったかも(笑 とうとう正しいスタイリストがついたんでしょうか? このままやぼったいの卒業だといいけど。

そしてもう一人、話題の中心になった人物といえば、ウイリアム王子です。まぁ、彼は人気者なのでいつでも話題の中心にいますが、今回はセントアンドリュース大を無事卒業が決まったところなのでその話題が出てました。成績もパパよりは良くて、まずまず(アッパーセカンドだったそうです)でした。…しかし、ウイリアム君、実はMA(修士)だったのね。知らんかった。道理で1万ワード書いてるわけだ(笑 大学3年、修士1年の計4年で修士取れちゃうあたり、イギリスって不思議な国ですよね。 

ウイリアム君、今日は正装でシルクハット、カミラとエドワード王子&ソフィーと共にキャリッジでパレードしてましたが、なんでもいいけど帽子取ると思い切り頭頂ハゲですね… カッパになる日も近そうです。気の毒に。いえ、私は自他ともに認めるハゲ好きなのでそっちのほうがいいけど~♪(ぇ



Jun.11(Sat)20:39 | Trackback(0) | Comment(0) | 英国ってこんな国 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)