英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



本日のミーティング終了

今日は、香港帰りのうちの教授とミーティングでした。博士論文の方は先日渡した大変crapなResultsにたんまりコメントつきで返していただきました。
そして、今回書いたもの読み返してないでしょうと当然の指摘も(゜ρ゜)えぇ、時間切れで読む暇なんぞありませんでしたです...案の定山盛りのタイプミスがあったとおおせでございました。それはそうでしょうとも。
世の中のスーパーヴァイザー(担当教官)には、タイプミスや文法ミスが3つ見つかったらその時点で読むのをやめて学生につっかえすと言う方も結構いるのですが、その点、うちの先生のなんとありがたいこと・゜・(ノД`)・゜・ いつもすみません、先生m(_ _)m 
厳しい先生についている留学生はみな、先生に出す前にプルーフリーダーさん(英語チェックをする人)に出して、英語を直してもらってから出すんですよね。これ、結構毎回数千円くらいはかかるし馬鹿にならないのです。サイエンス系はそういう習慣がないので気の毒な先生方が私たちのどうしようもない英語を読んで直してくださるわけです。あぁ、理系で良かった(ぇヽ(´ー`)ノ

一応ここ3週間取り組んでいた遺伝子関係の仕事を渡して、やれやれなのですが、「場合によってはもう少し追加実験したほうがいいかもしれないけどいいかね?」とか言われました( ゜┓゜) いや、全然構わないんですが...でも1年以上実験してないのでするとなったらまた準備に時間がたくさんいるのですが(^-^; まぁ、でもデータ不足は明らかなので仕方ないです。とりあえず書き物よりは実験の方がずっと好きなので気晴らしになっていいかも?(ぇ 思ったデータが出なくてストレス倍増ってのも大有りですが_| ̄|○

実験するかどうかはまだ先の話なので目先は山のようにある課題を少しづつ片付けていかねば;; 次回のミーティングは4月15日ですヽ(`Д´)ノ 3週おきにミーティング設定しましょうと教授に言おうと思ってたら、私が何も言わないうちに手帳を出してきて次のミーティングはいつにするかを話し始めた先生。 去年、放任しすぎたと懲りてるのかな(苦笑 なんせ担当している学生のうち2人も仕事進まなくてどつぼにはまっちゃったから( ゜┓゜)ははは...しかも、途中でいつでも質問とかあればメールしてくれていいから、直接訪ねてきても構わないからね、と念まで押されてしまいました(*ノノ) 
ダイジョブです、先生(笑)私、もう完全復帰ですヽ(`Д´)ノ 年にはあらがえず、20代の頃のようなペースでは仕事できませんが・゜・(ノД`)・゜・ぇ



Mar.23(Wed)12:22 | Trackback(0) | Comment(2) | 日々のたわごと | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

留学生にとって

論文の英語、直してもらうのにお金掛かるのは
キツイですね。
うちの大学も理系は、ただで文法とか直してくれるみたいです。そうでなくても
始めの1年間語学学校でお世話になった先生に言ったら直してくれるみたいです。

僕の英語は最悪なので直してくれる先生は苦労するはず。。。


 by Kurofune-M56 | Mar.25(Fri)02:41

   

>Kurofuneさん
まぁ、理系と文系だと英語の質が全然違うので、許されるんですけどね。理系の英語は基本的に如何に簡潔に、余計な飾りを省いて書くかにかかってますが、文系の場合、如何に技巧的な表現で読み手を説得するかが重要なので、私のような英語下手には文系の人の書く文章なんぞそもそも読めませんヽ(´ー`)ノ 友達と比べても語彙が不足しまくるのもそのせいですね(笑) しかも文系の語彙は一般生活でも生きるものも多いけど、理系の必要とする英語は一般生活にいらんものばっかです。しくしく。


 by あすとる | Mar.25(Fri)06:57


(1/1page)