英国生活日記
 
帰国後日記はhttp://astor.blog7.fc2.com/で書いてます。ヨロシクです♪
 



2006年6月を表示

おみやげ

ワーイ。(⌒∇⌒。) 三(。⌒∇⌒)。ワーイ

昨日、おでかけから帰ってきたら部屋のドアにお届けものがかけてありました。 中身はMちゃんに貸していた本ですが、そこに、先日スコットランド旅行に出かけていた彼女からのおみやげが入ってました。 見た瞬間、手に持っていた荷物を全部床に投げ捨てて黄色い声上げながら(周りに誰もいなくてよかった...)電話に飛びついて、お礼のコールをしたという。

そのくらい大興奮だったんですヽ(`Д´)ノ だって、だって...

いただいたものは私が熱愛してる海鳥パフィン(Puffin)の来年のカレンダーと小さな本なんですもん。 しかも、しかもっ! カレンダー、12ヶ月全部パフィンなのヽ(`Д´;)ノ これまでどんなに探しても、海鳥のカレンダーに一ヶ月だけ入ってるとか、野生動物のカレンダーに一ヶ月(略...と、とにかく、ぜ~~~んぶパフィンなんてなかったのにっヽ(`Д´;)ノ

うれしすぎです・゜・(ノД`)・゜・ ありがと...Mちゃん...

本の写真もみんなかわいくて、中でも巣作り中にくちばしいっぱい草をほおばって頑張ってる子が素敵でした(*ノノ) ←もうただの鳥バカなのでそっとしておいてください...


英国に来て以来、何度かは海まで営巣中のパフィンを見にでかけたりもしたし、グッズを見かけるたびにせっせとコレクションし続けて来た私ですが、ここ何年かなまもの見てないんですよね。 日本では見られない鳥なので、ちょっと気合入れなおしてまた見に行こうかなと思います(・_・)ノ 今ちょうど営巣シーズンだし(パフィンは渡り鳥なので5月~7月だけ崖に営巣するのです。その他の季節は海の上で暮らすので陸からは見られません)。

今年はぜひともFarne Islandに行こうと誓っておりますヽ(`Д´)ノ だって7万羽のパフィン...(ノ_ _)ノ(気絶  そんなの見たら幸せで死ぬかも(マテ



6月2日(金)23:13 | トラックバック(0) | コメント(3) | 日々のたわごと | 管理

Alkborough turf maze

というわけでAlkborough turf mazeです。 別名Julian's Bowerとも呼ばれるこの迷路、直径13mくらいです。起源については諸説あるのですが、12世紀くらいに修道僧によって作られたという説が有望なようです。 でも、その前にもともとローマ時代にゲームのために作られたものが土台になっているという噂なのですが。 いずれにせよ、非常~に古いものです。 昔は北ヨーロッパあちこちにあったそうなのですが、現代まで残っているものはたった11個なのだそうです。 そのうちの8個がイングランドなんだそうで(笑) その中でもここの迷路はもっとも保存状態のよいもののようですd(・_・)

確かに実際見てみたら、実にいい状態でした。 きっと手入れしてる人がいるんでしょうね。 写真手前が迷路入り口で、そこから芝の道をたどって歩くと、一筆書きになっているのがよくわかります。くねくねとあっち行ったりこっち行ったりを繰り返して最後に中心にたどり着くようになってるのですヽ(´ー`)ノ

本来の使用目的は古来は競技、中世には瞑想などだったと思います。 現在は、といえば、この迷路一周する間願い事を唱えながら一心に回ると望みがかなうんだそうです(笑) うーん、ありがち。 ぇ? 私? もちろんきっちり回りましたヽ(`Д´)ノ 願いかなってくれないと困りますがどうだろう(ぇ

あぁ、しかし、私、本当にこういう変なもの(とか言ったら失礼だけど)見に行くの好きだなぁ( ゜┓゜) なんか萌えるんですよね。 スタンディングストーンとか、ストーンサークルとか、わけのわからない遺跡とか。 メジャーなものもいいけれど、こういうめだたないマニアックなものもいいものです、うん  ←終わってる



6月2日(金)08:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | 英国ってこんな国 | 管理

ハンバー対岸へ

長々とこの地に住んで、近郷の町や見どころはかなり網羅した感じがある私ですが、それでもまだいくつか懸案となっている未踏の地があったりします。そのうちの二つを一念発起して今日、早起きして消化してきました(・_・)ノ

行き先は、ハンバー河を越えた対岸、ノースリンカーンシャーのGrimsbyという漁港の町、そして、Scunthorpeからバスで北上したところにある村Alkboroughにある、Turf Mazeの二箇所です。Hullとは河をはさんだだけなので、直線距離はどちらもそんなにないんですが、なんせ河向こうは筋金入りの田舎なので(いや、Hullだってたいがい田舎だけどさ...) 公共交通機関で移動するとなると、もう半端じゃなくスケジュール立てるのが難しいのですヽ(`Д´)ノ 今回は特に、Scunthorpe⇔Alkboroughが一日に3,4便しかバスが走ってないという過疎路線なもんで、そこを一番スムースにクリアすることを念頭にああでもないこうでもないと計画を立てた結果、午前中にGrimsbyに行き、午後にMazeにすれば両方を同日にこなせるという結論に達し、敢行いたした次第ですヽ(`Д´)ノ

ちなみに本日のルーティングはこんな感じ...

<バス移動>
自宅     dep 6:50
Hull      arr 7:05
         dep 7:25
Grimsby   arr 9:47

(観光&昼食)
          dep 13:35
<列車移動>
Scunthorpe   arr 14:10

<以下全てバス移動>
Scunthorpe   dep 14:45
Alkborough    arr 15:14

(Maze見学)

           dep 16:50
Scunthorpe   arr 17:26
            dep 18:10
Hull         arr 19:18

いやぁ、よく頑張りました、私たち( ゜┓゜) 

GrimsbyはHullより小さな町なんですが、でもHullよりずっと町並みは綺麗だった・゜・(ノД`)・゜・
ショッピングモールもずっと充実してた・゜・(ノД`)・゜・
パブもお店もみんなおしゃれで・゜・(ノД`)・゜・
博物館に行ったら、The Deep(Hullの誇る?水族館)よりよく出来てた・゜・(ノД`)・゜・
昼食に入ったシーフードレストランもフィッシュ&チップスなんぞ出さないような正統派だった・゜・(ノД`)・゜・

Hullったら完敗ですよ_| ̄|○    ←心ひそかにライバル心燃やしてたらしい

いや、いいところでした、くすん。

写真はお昼を食べたシーフードレストランです(ノ_・。 雰囲気もいいの...(まだ悔しいらしい)



メニューも非常にまっとうな魚料理でした。初め、ハドックを頼んだら、しばらくしてお店の人がやってきて、

「ごめんなさい、ハドックなんですけど、ドックには揚がってるんだけど、まだお店に届いてないのよ。来るまで待つか、ハリバットを同じ方法で料理するかどちらがいいかしら?」

だそうです(笑) さすが漁港の正しい魚料理屋だ...(感動) ちょっと先の予定のこともあって悠長に待っていられないので、ハリバットをいただきました。 私がいただいたのは写真のものですが、これは"baked with crayfish & cheese"でございます。 すごくあっさりな味付けで、もうひたすら素材で勝負!という、日本人的に非常に好感がもてる感じ(*ノノ) 一緒にいた友人はサーモンにトマトときゅうりの刻んだソースのかかったものを食べてましたが、こちらもきゅうりのさわやかさがいい味を出してましたです。

Hullも誰もが、「あぁ、魚の街ね」と言うくらいの街なんだから、まっとうなシーフード料理の店の一つや二つあってもいいのに・゜・(ノД`)・゜・ なじぇフィッシュ&チップスしかないのじゃ... (正確に言うと、超高級なシーフードレストラン1軒あるんですが、そんなのご縁もなければ行く気にもなれん...)



6月1日(木)23:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | 英国ってこんな国 | 管理


(4/4ページ)
最初 1 2 3 >4< 

恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン
地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ